現在工事中の約築30年のお住まいのリノベーション現場に行ってまいりました。

2階の小屋組みの軒桁継手に、今となっては大工の学校でしか

製作することのない継手がみられました。追掛大栓継です。

込栓も2本しっかり残っており見事なものです。

機械加工された仕口を金物で補強するのではなく、

仕口同士を複雑に組み合わせ、木を継ぐ本来の木造建築技術は、

次世代へ継承して行きたいと感じました。

 

小屋組にも立派な地松の丸太が用いられ、

丸太同士が太い堅木のダホで継がれていました。

また長い年月を見えないところで、支えてくれることでしょう。

 

by Taka

 

LINEで送る