時間を経て無垢材は、その材の特性で色合いや風合いが変化していきます。

私は、外部に使う無垢材を含め、無塗装で使用することをおススメします。

但し、耐候性のある樹種を使うこと、無垢材の特性を考慮した施工がポイントとなります。

塗装しない理由は、メンテナンス塗装が数年に一度のサイクルでやってくるということです。

そして、せっかく無垢材を使っていながら、時間経過とともに変化する、

経年美を楽しめないというのが大きな理由です。

 

Taka

 

LINEで送る