外構のプランなど図面では理解しづらい場合、

このように模型で表現することによって一目でイメージが伝わりますよね。

建築模型はあるだけでなんだかわくわくします。

それは私だけではないようで社内でもスタッフは

模型を見ると笑顔になっています。女性設計士神山の力作です。

建築模型で表現することによって

お施主様と設計者側、双方の理解が深まります。

立体になることによって全体的なバランス、

窓の高さや室内の動線などもとてもイメージしやすくなります。

(屋根が外れて中が見れるんです)

また、風の流れや光の入り方なども確認しやすいです。

by.nao

LINEで送る