日建ホーム

資料請求はこちら

我孫子市で注文住宅をつくる工務店スタッフがつづる家づくりブログです

スタッフブログ

花と緑とガーデニング

LINEで送る

椿の魅力

天気予報で桜の開花予想が話題になる季節になりましたが、今の時期は椿の花が見頃ですね。「椿」は春を代表する木ということから日本で作られた漢字で、俳句では椿は春の季語として使われています。我が家の庭先でも、昨年思い切って強剪定して切り詰めた二本の椿が、きれいに花を咲かせています。(写真)そこで、昔から日本人に愛されてきたツバキ(椿)について調べてみました。

ツバキ(椿)は日本原産で学名もCamellia japonica(別名:ヤブツバキ)、常緑高木で光沢のある濃い緑の葉をもち、暑さ寒さに強く日陰でも育つ強健な花樹です。ツバキの園芸品種は数が非常に多く、国内で2,200以上、海外で作り出された椿は5,000以上の品種があるそうです。ツバキは世界中で愛されているようです。

ツバキの名前の由来には諸説あり、厚みのある葉の意味で「あつば木」、つややかな葉の「つやば木」光沢のある葉の「つや木」など、花より葉の美しさに名前の由来があるのは面白いですね。ツバキに似た花で初冬に咲くサザンカ(山茶花)がありますが、サザンカ、寒椿、侘助、茶の木は全てツバキの仲間です。

古くは日本書紀や古事記にも椿のことが記されており、椿油でも知られるように椿は元々は油料として栽培されていました。奈良時代に入ると花樹として鑑賞するようになり、戦国時代の茶人で有名な千利休は茶花として椿(侘助)を好んでいたそうです。江戸時代はじめには上流武士に人気が広まり、その後の園芸家の品種改良などによって民衆にも花開しツバキブームが起きました。椿の花は奥が深いですね。

最後に、ツバキ、サザンカの木の手入れをする際には、チャドクガの幼虫(毛虫)に注意しましょう。幼虫は4月から10月にかけて年二回発生し、葉を食害するだけでなく人間にも害を及ぼします。毛虫の毒針毛は直接触らなくても木の下を通っただけでも刺され、激しい痛みとその後の痒みで痛い目にあいます。 

By Hira

  

 

LINEで送る

桃の花

我が家の隣のももの花ですが(ももだと思うのですが)1月の終わりごろから咲き始めます。

青い葉の中から赤い花が咲き本当に春を感じます。

寒がりのkajiですがこの花をみると心が温まります(^^)

何と言うももなのかはわかりません(隣の持ち主様も名前はわからないそうです)

誰かご存知の方がおられたらたら教えてください~

by kaji

LINEで送る

日建ホームの事務所に咲く冬のブーゲンビリア

初夏から秋まで咲く「ブーゲンビリア」は誰でもご存じですよね~

日建ホームの「ブーゲンビリア」は今が満開です

この花はo様棟梁から頂いた物ですが真冬に満開なんてビックリです

苗を買う時には葉の色が鮮やかでつやがあるものを選ぶとの事です。

水やりは土が完全に乾燥したらたっぷりと水をやるのが良いそうです。

すごいでしょう?

by kaji

LINEで送る

日建ホームのビオラ

ビオラのお花が大好きです。

葉っぱがイキイキしていてつぼみがたくさんついているビオラ

パンジーとビオラの差は花のサイズだとか?ですが小さ目な花が好きです。

風通しが良く陽当たりが良い場所に置くと良いそうです。

花期が長いので花用の追肥が必要のようです。

これから6月頃まで咲いてくれます(^^)

by kaji

LINEで送る

我が家のスイセン

我が家の八重咲きスイセンは地植えにしております。

そして今が見ごろです。

スイセンは水はけの良い場所に植えると良くて水はけが悪いと軟腐病が発生

しやすいようです。

我が家のスイセンは陽当たりが良いだけで何もしてあげませんが良く咲いてくれます。

まわりが汚いですね~(^^)

by kaji

LINEで送る

冬の庭木剪定

今年は元旦から穏やかな天気が続き、お正月の行事も一段落して余裕ができたので、ちょっと早めですが先日の温かい午前中に庭木の剪定作業に取り掛かりました。

今回の剪定は、大きくなりすぎたプラムの木2本と梅の木を、春先の開花を諦めて手が届く高さまで切り詰めることでした。落葉した庭木は樹形全体がハッキリと見えるので、切り落とす枝を予め選んでおいてノコギリを使ってバッサリ、全体をサッパリと強剪定することが出来ました。

添付の写真は剪定の前後です。元の樹高の1/3位までに切り詰めています。足元にも日差しが十分に射し込み、春先に咲くフクジュソウの開花が楽しみです。

 

ちなみに、柑橘系の樹木は果実の収穫が終わった3月頃、バラの剪定は新芽が動き出す2月頃が剪定の適期です。我が家の庭は春前まで剪定作業が続きます。

By Hira

LINEで送る

ブーゲンビリア

ブーゲンビリアって花色が非常に鮮やかだと思いますが花びらに見える部分は苞というらしです。

花びらは苞の中にある小さな白い部分が花の様です。

が私は苞の部分も鮮やかな花びらと思ってながめています。

ブーゲンビリアって初夏から秋まで咲くと言われていますが日建ホームでは今も満開です。

陽当たりや水やりに注意が必要らしいですがこんなに元気です。

来年も咲いてくれるかな~

年末は今日までです(28日)

今年は大変お世話になりました。

新年も宜しくお願い申しあげます

 

LINEで送る

木の家を五感で感じるイベント参加申込み
自然素材の心地良さを体感できる展示場見学申込み
自然素材を活かした家づくりの資料請求
リフォームお問い合わせ
耐震診断お申込み
おすすめ土地情報
木の家を五感で感じるイベント参加申込み 自然素材の心地良さを体感できる展示場見学申込み 自然素材を活かした家づくりの資料請求
木の家を五感で感じるイベント参加申込み 自然素材の心地良さを体感できる展示場見学申込み 自然素材を活かした家づくりの資料請求 電話でのお問い合わせ