日建ホーム

資料請求はこちら

我孫子市で注文住宅をつくる工務店スタッフがつづる家づくりブログです

スタッフブログ

家づくりエッセンス

LINEで送る

シロアリ発見の貴重な5月

…虫類が苦手な方もいらっしゃると思いますが

大事な家を守るため!と思いアップします。(※以下画像もあります)

 

先日、知人の家に宿泊した際、外に呼び出されて出てみると

なんと外壁の土台水切りの下からおびただしい数の羽蟻が宙を舞っているのです!!!

あまりの数にしばし二人で呆然としていたのですが、

すかさず携帯で証拠写真を撮り、検証。

(近くにあったゴミ袋の静電気に吸い寄せられてくっいてます↓)

どうやらヤマトシロアリでした。

4月下旬から5月にかけて最も繁殖が盛んになり、この時期に羽蟻として地上に数多く飛び出していくそう。しかも気温や午前中、晴れた日などと条件があるらしい。私たちが発見したのもほんの数分の出来事で、あっという間にいなくなってしまいました。

ヤマトシロアリは繁殖力が高く、短い期間で大きな巣をつくるらしいです。ぞっとしますね。

後の検証の重要な手掛かりとなるので、写真を撮っておくこと。

1匹でも捕まえて保管しておくこと。

また、絶対に殺虫剤は使用しないこと。

表面に出てきた羽蟻は殺虫できますが、巣自体はもっと深いところにあるので、むしろ殺虫剤に当たらなかったシロアリが分散して活動域を広げてしまう恐れがあるそうです。

羽アリが出たらまずはお問合せいただくことをお勧めいたしますが

シロアリとクロアリの簡単な見分け方が以下の通りです↓

【羽の大きさ】
シロアリは、4枚の羽がほぼ同じ大きさ
クロアリは、前羽が大きい

【胴体】
シロアリは、胴体にくびれがない
クロアリは、胴体の真ん中辺りがくびれている 

 

人間にとっては害虫のシロアリですが

地球上でもっとも数の多い昆虫と言われ、自然界ではシロアリがいなければ

生態系が成り立たないほど重要な役割を担っていると耳にしたことがあります。

とはいうものの、見つけたときは早急に専門業者にご連絡を!

nao.

 

LINEで送る

現場キレイとは??

現場キレイが大切だと言うことについて、本当に深く良く

理解されている方は意外に少ないと感じます。

同業の方でも現場をキレイにする本当の深い意味がわからない方々もいるのでは??

 

製造業やサービス業などで用いられる5Sというものがあります。

職場環境の維持・改善のためのスローガンです。

職場環境にまつわる5つの言葉の頭文字Sをとって5Sと呼ばれています。

その5つの言葉とは、整理、整頓、清掃、清潔、躾(しつけ)のことを指します。

今や6Sや8Sもあるくらいです。

製造業やサービス業では、当たり前すぎる取り組みですが、

住宅業界に至ってはまだまだ他の業界に後れをとっているのが現状のようですね。

住宅の現場キレイとは、単に作業効率や安全性が上がるだくではなく、

その建築会社の考え方がわかってしまうという見方もあります。

現場キレイとは、その会社の経営者、担当の営業、設計、監督、職方さんの

『心の中が鏡に映しだされる場所』なのです。

汚い現場とは、販売までは力を入れていても工事にはあまり力が

入っていない会社(経営者)だという見方もできます。

そして担当者や職人さんは大切なお施主様宅がゴミだらけで散々な現場でも

なにも気にもならずに放置できるレベルと言う事が露呈します。

やはりプロであるならばお施主様からお任せ頂いた大切なお住まいに

真心を込めベストを尽くし取り組む事が、私自身大切だと思っています。

『ご近隣様より差し入れ!!』あるエピソードをお伝えします。

大工さんが休日を割いて集まる現場クリーンデー(向上委員会)で、道路清掃の最中、

ご近隣の方から『いつもきれいにして頂いてありがとうございます・・・』と缶コーヒーなど差し入れを頂きました。

日頃現場キレイを実践している監督と棟梁を始めとする職人さんの努力の賜物です。

営業としてご近隣評判が良いのは最高に嬉しいです。

清掃

■大切な住まいづくりをお任せ頂いているお施主様がいつでも

気持ちよく現場をご覧頂けるように感謝の気持ちを込めて。

■完成後お施主様が気持よくお住まい頂けるように、工事中ご近隣の方に

感謝の気持ちを込めて。

■良品質は、良環境から生まれます。現場キレイは品質に直結するのです。

これは工場などで物づくりをされる方なら当然の事。

建築の現場だからと言って例外ではありません。

 

yu

LINEで送る

見える化とLED

最近の若者は車ばなれ・・・・(泣・・)と、車屋さんが嘆いていましたが

オートマ車によって運転が「楽」になり

様々なセンサーがついて「安全」になり

・・それでも若者の車ばなれは加速しているそうですね。

高速道路のPA・SAでこんなものが導入され始めたそうです!

そう、空いているところが一目でわかる「見える化」です。

「楽」になり、「安全」になり、「使いやすく」なってきてますね!

・・・LEDネタで書こうと思ったのですが車ネタになってしまいました。

車から離れられない私としてはこの「見える化」はとってもうれしいです^^

snow

LINEで送る

ウッドデッキでアウトドアリビングを楽しもう!

GWも終わり、とっても気持ち良い季節がやってきましたね♪

このような季節はウッドデッキでくつろぐことが何より至福の時でしょう。

日建ホームのつくる家は暮らしを楽しむ家♪ 

そんな家づくりにウッドデッキは必要アイテムでもあります。

休日のブランチを楽しむ、家族でBBQ、お子様たちの遊び場、物干しスペースなどなど

使い道は多種多様です! 

アウトドアリビングとして家の中と外をさりげなく繋げてくれる・・・そんな存在でもあります。

今回はウッドデッキの実例をご紹介します!

全開口サッシに面したウッドデッキ♪夜の雰囲気も素敵です!

 

借景を取込むアウトドアリビング♪

 

人目が気になる場所には目隠しフェンスで対応♪

 

屋根の下は雨の日でも濡れることなく楽しめます♪

 

ほんの一例ですが、用途やお好みに応じて形や大きさもオーダーメイドで

製作が可能です!

皆さまもウッドデッキライフを楽しんでみませんか♪

 

by Naga

 

LINEで送る

試住(体感宿泊)してみませんか!?

食べ物は試食で味見をし、洋服は試着でサイズを確かめ、

車は試乗で乗り心地を確認します。

お家も同じように、建てる前に暮らし心地・住み心地を確認して頂けるよう、

弊社では展示場で試住(体感宿泊)をして頂けます。

ご興味の方は、下記まで是非お問合せ下さいませ♪

TEL:04-7188-5222

展示場のダイニングキッチン

by yoshi

LINEで送る

大工さんの工夫

工事中のU様邸

対面キッチンの水道パイプが床から出ているので

お客様がつまづかないよう

金子棟梁がパイプカバーを端材で作ってくれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それに今日トラテープを張り

目立つようにバージョンアップ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

何も言わないのに

大工さんが気使いしてくれるのに感謝です!

by KOBA

LINEで送る

新緑の季節

枯れ枝に咲いていた早春の花々はすっかり散り、代りに枝に茂った若葉が目に眩しく風が肌に心地よい季節になりました。

この連休中、3家族の4人の孫たちが足立区の長女の家に集まって近くの舎人公園で遊ぶことになり、行く途中夫婦で関東三大厄除大師として知られる「西新井大師」に立ち寄ってお参りし、参拝の証として令和元年で最初の御朱印を頂いてきました。

境内は新緑に溢れており、幸い天気が良かったこともあって、新緑のフィルターを通過した柔らかな木漏れ日が神秘的で爽やかな空間を演出していて気持ち良く散策しました。

境内の若葉は浅い緑や赤見を帯びた緑など様々な色をしていたので、そこで新緑の色を表す「和の色」をネットで調べてみました。

緑系の沢山の色の中から若葉に関係しそうな色を選別すると、若葉色、若菜色、鮮緑、若緑、若芽色、若苗色、浅緑、萌木色、萌黄色、新橋色、若竹色と11色ほどありました。日本人の美の心は色に対しても繊細ですね。

(それぞれの色見本と色の説明は、「伝統色」「和色名」などをキーワードに調べてみると面白いですよ。)

ちなみに、日建ホーム株式会社のロゴには健康住宅をイメージする新緑のカラーが使われています。

添付の写真は、境内の新緑(左)と受領した西新井大師の御朱印(右)です。5年前から集め始めた我が家の御朱印帳は二冊目がもうすぐ終わろうとしています。

By Hira

 

LINEで送る

木の家を五感で感じるイベント参加申込み
自然素材の心地良さを体感できる展示場見学申込み
自然素材を活かした家づくりの資料請求
リフォームお問い合わせ
耐震診断お申込み
おすすめ土地情報
木の家を五感で感じるイベント参加申込み 自然素材の心地良さを体感できる展示場見学申込み 自然素材を活かした家づくりの資料請求
木の家を五感で感じるイベント参加申込み 自然素材の心地良さを体感できる展示場見学申込み 自然素材を活かした家づくりの資料請求 電話でのお問い合わせ