日建ホーム

資料請求はこちら

我孫子市で注文住宅をつくる工務店スタッフがつづる家づくりブログです

スタッフブログ

家づくりエッセンス

LINEで送る

空き家を考える

私が住む戸建ての団地は現役を引退した高齢世帯が多く、人が住まくなった古家を解体して更地にする光景を良く見かけます。手を入れればまだ住めそうな家もありますが、住宅を空き家のままで放置して良いことは一つもありません。

築浅であれば借家として人に貸す方法もありますが、古家を空き家のままで放置していると税金の優遇措置を受けられなくなるからです。

空き家の持ち主は、本人が高齢などのために住めなくなって老人ホーム等に入居する、または、両親が亡くなり家を相続する場合のいずれかですが、以下に私の父の例で前者のケースを紹介します。

数年前の話です。事情があって宮崎県の娘の家に同居することになった両親でしたが、思い出と未練が残る鹿児島市内の自宅を空き家になった後もそのままに放置していました。

ようやく家の処分を考えたときには退去して2年半近くが経っており、マイホームを売った時の譲渡税の特例措置(譲渡所得から最大3,000万円を控除)の条件の一つである「住まなくなった日から3年目の12月31日までに売却を行う」の期限が間近でした。

急いで不動産業者に売却をお願いしたのですが、古家有りの条件ではなかなか売れず、急遽家財を整理して古家を解体し、更地にしてようやく期限内に売却することが出来ました。

もしも父が空き家を3年以上放置したままで、後に相続した子供たちが家を売却した場合には相応の譲渡税がかかるところでした。

相続の場合でも、他にもいくつか条件はありますが、相続人が居住しなくなって3年以内であれば同様の特例措置があるようですので該当する方は調べてみて下さい。

空き家のままで手入れを怠ると、近隣に迷惑がかかるばかりでなく荒廃までいくと危険な空き家(特定空き家)と見なされて行政指導される事もあるので空き家の持ち主で該当する方は参考にして下さい。(写真は空き家のイメージ写真です)  

(By Hira)

 

LINEで送る

MIRAIE

今建築中のH様邸で地震時の揺れを低減する

木造住宅用制震ダンパーを設置しました。

地震対策の技術としては3つあります。

制震構造・耐震構造・免震構造です。

制震構造とは建物に伝わった揺れを制震装置により

吸収するという考え方です。

今回は住友ゴム工業による独自開発されたMIRAIEを採用しました。

高低減ゴムを採用した振動エネルギーを熱エネルギーに変換することで

地震の揺れを効率よく吸収する装置です。

これにより最大95%という高いエネルギー吸収性能を実現するそうです。

Dan

 

LINEで送る

木部のお手入れはお早めに!!

弊社の家づくりに時折採用する木部の外壁や布団掛け・・・

ナチュラルな木の素材はとても優しい印象になります。

しかしどうしても風雨にさらされて劣化しがちです。

ですから必ず定期的にお手入れしましょう!!

さて外部木部のお手入れの仕方を協力業者の平木塗装店の平木社長にワンポイントアドバイスして

頂きました。

まずお引渡し時はキシラデコールを油性で2度塗りしています。

表面の防水効果は年々減少しますので3~5年で一度塗った方が良いとのこと。

自分で塗る場合は水性キシラデコールを塗りますが、塗る前に雑巾やウェスなどで汚れをきれいに

ふき取り、できればサンドペーパーをかけてください。

サンドペーパーは120番~240番位までが良いとのことです。

こうすることで均一にきれいに塗れるそうです。

塗装をする際は周囲などが汚れぬようしっかり養生をしてくださいね!

「3年くらいでまず塗装しておくと劣化が少なくその後のお手入れが楽です」

と教えていただきました。

何事も早めのお手入れが重要ですね(^_-)

木部を取り入れた外観例

お手入れも家族で楽しんでしましょうね!家族の行事にするといいですよね♪

もちろん外壁塗装のご相談も承っております♪

地域密着でお客様を大切にする工務店<日建ホーム>で~~す(^_-)

by coyuka

 

LINEで送る

きれいな空気の家が大切です♪

ご家族にとって安心安全な住まいとは健康快適に暮らせる家ではないでしょうか。

そして、健康な住まいにはきれいな空気環境を整えることが必要不可欠です。

ただ現実、室内の空気汚染は深刻な問題であり、化学物質、ダニ、カビの胞子、花粉、電磁波などの

影響でシックハウス、アレルギー、アトピーの原因にもなるんです。

日建ホームの家は無垢材や珪藻土など自然素材を使用すること、また独自の抗酸化技術によって

お家の中の空気が美味しいんです♪

また完成後には室内の空気環境測定をすることによって、化学物質6品目が基準値内に

おさまっているかどうかを検証します。

これはお客様に安心安全なお家をご提供するために取り組んでいることです。

 

図は室内VOC(化学物質)6種類の測定結果を表したものです。全て厚生労働省の基準値を下回っております。

日建ホームはご家族の健康快適な暮らしをお手伝いいたします♪

 

by Naga

LINEで送る

現場品質と品質管理

今回は私の担当業務に関するお話です。

私は週3日、施工中の現場を廻って工事が設計図書通りに施工されているかを品質チェックリストを使って確認し写真に記録しています。

日建ホーム㈱では、当社を信頼してご契約頂いたお客様への施工品質の証として、今年着工した工事から、施工中に確認した品質記録を「品質検査報告書」として建物引渡し時にお客様に提出することになりました。

そこで、以下に当社の現場品質の管理の仕組みと「品質検査報告書」がどのような内容の報告書なのかをお伝えします。

現場の施工品質は、「協力業者さんの自主管理」「自社の品質管理」「第三者機関による公的検査」により二重、三重に品質チェックがされています。

自社で行う品質管理は、基礎工事、木工事、設備工事、外壁工事、内装工事、及び社内完了検査の項目に分かれていて、具体的にはお客様と約束した設計図の通りに施工されているか、また、建材・機器類・仕上げ等が仕様書の通りかどうかを各工事のチェック項目毎に確認します。特に、建物完成後に隠れてしまう重要な箇所(主に構造や防水に関係する箇所)については重点的に確認して写真に記録しています。

「品質検査報告書」は自社の品質管理活動の記録を整理してお客様に提出するものです。下の写真は最近竣工したT様邸の品質検査報告書からの抜粋で、基礎工事の配筋確認、屋根工事の防水、木工事の構造 に関する頁です。

By Hira

  

 

LINEで送る

大工さんの道具

先日増田棟梁から父親から引き継いだという

大切な大工道具を見せてもらいました。

写真で見るよりかなり実物は大きかっつたです。

今ではなかなか使うわないそうですが、

キレイに保管されており、道具や技が引き継がれて

行く日本の文化を感じました。

 

今頃は道具を磨きながらお酒でも飲んでいるのかな~!!

dan

 

LINEで送る

手造りサンプル

工事中のS様邸では

新築をお考えのお客様がよくお見えになります。

そこで増田棟梁はお客様に説明しやすいように

壁断熱材や屋根断熱材の自らサンプルを作り

準備していました。

 

新築をお考えのお客様は是非お越し下さい。

7月末までS様邸でお待ちしています。

by KOBA

 

LINEで送る

木の家を五感で感じるイベント参加申込み
自然素材の心地良さを体感できる展示場見学申込み
自然素材を活かした家づくりの資料請求
リフォームお問い合わせ
耐震診断お申込み
おすすめ土地情報
木の家を五感で感じるイベント参加申込み 自然素材の心地良さを体感できる展示場見学申込み 自然素材を活かした家づくりの資料請求
木の家を五感で感じるイベント参加申込み 自然素材の心地良さを体感できる展示場見学申込み 自然素材を活かした家づくりの資料請求 電話でのお問い合わせ