日建ホーム

資料請求はこちら

スタッフブログ

家づくりエッセンス

LINEで送る

『土壌からこだわる独自の工夫』

今年のお正月は数年ぶりにゆっくりと休みをいただく事ができました。

そもそも休日はじっとできないタイプなので

お正月に家族を巻き込み、色んな場所に遊びに行った際に発見したことをアップします。

以前にも妻と娘とで行った、山間の小高い丘にある

小学校跡地を活かし『食べて・学んで・育んで…自然を満喫出来るスポット』

茨城県の体験型農業テーマパーク『なめがたファーマーズヴィレッジ』でのこと。

http://www.namegata-fv.jp/

 

まずは、ヴィレッジ内の農園で採れた、こだわり新鮮野菜をふんだんに使ったイタリアンレストラン。

野菜の栄養をかしこく摂る調理法などなど、野菜嫌いの私が

唯一美味しいと感じるレストランで食事を満喫した後

校舎側の体験教室エリアに向かう途中に、備長炭を埋炭してあるのを発見

その説明ボードに書かれてある内容は・・・

『・・備長炭を詰め込んだ支柱を敷地内に埋めています。

炭は空気の浄化、水を美味しくする、湿気を吸収するだけではなく、

地中の電磁極となって空気中のマイナスイオンを集め、抗酸化作用により物が腐りにくく

生き物にとって最高の環境になると言われています。土壌からこだわる独自の工夫です・・』

※一部省略

実は弊社でも、健康快適な暮らしの実現のために、土地から良質環境にするべく

先人の知恵から学ぶ「埋炭」を進化させた『特殊炭素埋設工法』を採用しております。

プライベート先で仕事のこだわりと同じような情報を知れる事はとても感動します。

沢山の方が集う場所、モノづくりの場所、家族を育む住環境も空気がキレイで気持ちよく

癒される場所が大切・・と言う事には全く変わりがありませんよね。

『見るもの、聞くこと等に日々気づきを感じとれる』ようにしていたいと思っています。

 

yu

LINEで送る

住育について♪

”住育”という言葉を聞いたことはありますか?

文字通り住みながら育むという意味ですが

その住育のポイントは間取りです。

キッチンを対面式にしてコミュニケーションをとったり、

廊下をできるだけなくし、吹抜けやリビングイン階段にするのもポイントのひとつです。

このような間取りにすると、家族の気配がどこにいても感じられるようになりますよね。

お子様が小さい時は勉強スペースはリビング近くに設けて、親が勉強をみる。

家族が揃う時間が増えるなど、家族の間での会話が広がります。

家族の繋がりを重視する住育は、家族間の関係が気薄になりつつある今だからこそ、

あらためて見直す必要があるのです。

以下勉強スペースの実例です♪

 

by  Naga

 

LINEで送る

日建ホームの家づくりは抗酸化基礎工法で健康快適住宅!!きれいな空気の家なのです。

日建ホームの家づくりは「きれいな空気」にこだわっています。

建物の基礎に抗酸化処理をほどこし、これは土台の腐朽菌対策やしろありの浸食防止にも役立ちます。

基礎から化学物質対策をし「健康・快適。省エネ」の安心な住まいづくりを実践しています。

 

抗酸化処理をする前の基礎↑

抗酸化処理をした後の基礎↑

実は私は軽度ではありますが化学物質過敏症です。

先日ある総合住宅展示場に行く機会があり、内部に入り少し時間が経過した際に、

何とも言えない匂いで不快感を感じ、早く外に出たくなってしまいました。

化学物質過敏症は頭が痛くなったり、目がチカチカしたりするのですが、

その症状はとても辛いものです。

他にも私の場合は化粧品アレルギーで、合わない化粧品を使用すると肌が赤くなったり、

ノートパソコンで顔が熱くなったり、シイラ(ハワイではマヒマヒといいます)の食物アレルギーだったり・・・

またこの症状が何によるものか判るまでに何年もかかり苦しんでしまったのです。

それと同じように化学物質過敏症やアトピー症状が「家」が原因である場合があり、そのことが判明せず、

「なんだか体調が悪い」と感じるということがあります。

それ故、家づくりと健康が密接にかかわっていることをきちんと知っていただき、しっかりした対策をした

施工がいかに重要かを認識していただきたいと感じます。

それほど家づくりは神経を使い、心を込めて造っていかなければなりません。

家は生きています。家は呼吸し良い気を生み人間の暮らしを守るものでなければなりません。

そんな観点からも「家づくり」を単なる<仕事>ではなく<志事>ととらえ、

お施主様に喜んでいただける最高の家づくりを提供することを使命としたいと考えています。

by coyuka

・・・どーも文章が硬くなってしまう私なのです(^_^)

 

 

 

 

LINEで送る

土間仕上げ

意外と家の印象で目につきやすいのが土間の仕上げです。

土間の仕上げにはタイルや石張り、モルタルや洗い出し仕上げが

主に使われています。

玄関の土間を広く取り、収納スペースとして活用することも多くなってきています。

そこで仕上げによって印象が随分と違ってきます。

     

これは洗い出し仕上げです。

落ち着いた印象でやさしい雰囲気に仕上がります。

 

・・・dan

 

 

LINEで送る

強くてキレイ

強くてキレイな建材の一つ、タイル。

昔のタイルで私が思い浮かべるのは、田舎のお風呂場だったりするのですが、今は違いますね。

大型ショッピングモールの店舗にもそれは贅沢に使われていて、ラグジュアリーな雰囲気づくりに一役買っています。

耐水性・耐火性・耐汚性・耐久性に優れているので

水回りやキッチン回りによく使われています。壁紙は時間とともに汚れや色あせが徐々に目立って来たら張替える必要が出てきますが、タイルの場合は、色あせなどもほとんどないので、初期費用はかかっても長期的に見るとメンテナンス費用が抑えられるランニングコストのよい素材とも言えます。

なんといってもタイルの魅力は豊富なデザイン。数え切れない程の色や柄の多さに加え、違うデザインのものを組み合わせるとそのバリエーションは無限です。

最近では、自然素材のような消臭機能や調湿効果のあるタイルなどもあります。

いろんな場所で楽しめるタイル。家づくりのアクセントに加えてみてはいかがでしょうか?

by.nao

LINEで送る

最高品質の珪藻土

珪藻土とは、植物性プランクトンが長い年月をかけて化石になったものです。

多孔質な為、特に調湿効果、保温性、消臭効果に優れているのが特徴です。

最近では吸水性が高いことからお風呂のバスマットとしても大人気ですよね。

珪藻土には自ら固まる性質(自硬性)がありません。

固めるためにバインダー(凝固剤)を混ぜる必要があります。

そのバインダーにもさまざまありますが、弊社の場合、珪藻土に

ゼオライト(火山灰が結晶化した物)、卵の殻、千葉産のつのまた(海藻)糊など

バインダーにも天然素材にこだわった材料を使用しています。

珪藻土の中には合成樹脂などの化学物質をバインダーとしている製品も少なくない為、

ご注意下さい。

 

yu

 

LINEで送る

進化するLED電球

日々、いろいろ進化ですがLEDも進化しています!

ついこの前まで考えもしなかったような!びっくり電球をご紹介します!

こちらの電球、な なんと !!!

「消臭してくれる電球」です!!

まさかこんなものが登場するなんて!!

すでに市販しているのでどなたか試してみてください!!

そしてこんなものも・・・

こちらは色で情報を伝えるLED電球!

例えば降水確率が70%以上で青く光るように設定しておくと・・・

天気予報をチェックしなくても玄関を出るときに電球が青くなっていれば

すぐに傘に手をのばせるというわけです!

時代についていくのが大変になってきました!

snow

LINEで送る

木の家を五感で感じるイベント参加申込み
自然素材の心地良さを体感できる展示場見学申込み
自然素材を活かした家づくりの資料請求
リフォームお問い合わせ
耐震診断お申込み
おすすめ土地情報
木の家を五感で感じるイベント参加申込み 自然素材の心地良さを体感できる展示場見学申込み 自然素材を活かした家づくりの資料請求
木の家を五感で感じるイベント参加申込み 自然素材の心地良さを体感できる展示場見学申込み 自然素材を活かした家づくりの資料請求 電話でのお問い合わせ