日建ホーム

資料請求はこちら

我孫子市で注文住宅をつくる工務店スタッフがつづる家づくりブログです

スタッフブログ

家づくりエッセンス

LINEで送る

住宅と音

こんにちは!TAKANAKAです。

 

以前は趣味でギターを弾いていたこともあって、実は結構音楽が好きなんです。どんな音楽かっていうと、時期によってだいぶ偏りはあるのですが、60年代からの洋楽・邦楽ロック、ブルース、ニューウェイブ、JAZZなどをよく好んで聴いてました。ただ今マイブームなのはボカロ曲です。

 

個人的な趣味の話はこの辺にしておいて、建築(戸建住宅)と音について思ったことを書いてみます。

建物の中には、さまざまな音があります。

ポジティブにとらえれば、音楽ホールにように積極的に音響計画していくものもあるし、逆に騒音を外部から内部(又はその逆)に侵入させたくない音もあります。

 

建築と音環境について考える場合、なにを目的としているかでその建物や音の特性の反射、透過、吸音、遮音を考えることになります。

 

そのなかでも一番多く考えるのは遮音になると考えます。何故かというと積極的な音響計画をするにしても、騒音の悩み・トラブル解決にしても音を遮ることはどちらにも必要になるからです。(騒音の場合は、騒音源を無くすか小さくすることが可能なら、そちらが先決になりますが)

 

私の家は壁越しによく音が通る家で、昔はギターを弾いていると家族からクレームが来ることはしょっちゅうでした。

ギターが弾けないストレスで親と喧嘩することもありました。(今思うとたしかに騒音以外の何物でもないような気もしないでもない。。)

 

今では、いろんな建材が日進月歩で開発され、住宅品質も向上し、耐震性、温熱環境、空気環境、バリアフリーなど安心して快適に過ごせる家が増えています。

 

そして、気密性の高い複層サッシなどで遮音性もあがり、外部からの騒音の侵入は軽減されてきています。

 

公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センターが集計した「住宅相談統計年報
2019」でも、戸建住宅の遮音不良の相談は1%にも満たないので、あまり問題にはならないように見受けられますが、それではこの話も終わってしまうので、また次回、住宅と音に対して思うことを書いていきたいと思います。

(つづく)

LINEで送る

日建ホームではなかった

専属大工の増田棟梁と世間話をしてたところ

増田棟梁の奥様が現場に行かれた時

道を間違えて近所の某大手メーカーの現場に行ってしまったそうです。

 

その時

「でも、なんか違う?」

「日建ホームの現場はこんなに汚くない」

「雰囲気が違う」

とすぐに気づかれたそうです。

 

日建ホームでは品質の良いものを造るため

常に現場をきれいにしています。

 

 

ご検討中のお客様は完成した建物だけでなく

必ず工事中の現場を見て下さい。

その時は事前に申し込まれるのではなく

「抜き打ち」で見に行かれることをお勧めします。

 

工事中の現場こそ、本当の会社、社員、職人の本質が見えます。

作られた現場ではなく、造った現場をお選び下さい。

by KOBA

 

LINEで送る

クリスマスローズ

毎年クリスマスローズが咲き誇ってくれます。

ダブル咲の花が本当に可愛いのですが弱さに負けてしまいます

今年はきれいに咲いてくれましたので見てほしくUPしました(^^)

(会社の玄関の花は今年は咲きませんでした)

     

下を向いて咲くので写真が思うように撮れませんが可愛いでしょう♪♪

LINEで送る

なぜ工事中現場の見学が大事?

なぜ、工事中現場の見学が大切かと言うと

住まいづくりの中で、施工品質や施工監理は最も重要なポイントだからです。

工事現場には、施工品質、材料のこだわり、品質監理、協力業者のマナー、現場キレイなど、日建ホームの考え方や取り組みが鏡のように映し出されます。

資金計画やプラン、デザイン、標準仕様などに興味を抱く方は多いのですが、工事中の現場にはあまり関心が無い??という方もいらっしゃるようです。なぜでしょう?それは見ても良くわからないからでしょうか?実は簡単な誰でもわかる正しい見方やコツがあるんです。

生涯の大事業でもある、絶対に失敗できない住まいづくりですから、検討される建築会社全ての現場をご見学されることをお勧め致します。

弊社のモデルハウスや見学会に来られた際には、その上手な工事中現場の見方等をご案内させて頂きます。

yu

LINEで送る

ハンモック

本日、現場でお施主様とお打合せに行ってまいりました。

木工事が終わり、お施主様と部屋ごとに確認をいたします。

平屋にゆったりロフトがある贅沢なお住まいです。

LDKに大きな吹き抜け部分とお子様の部屋にハンモックをつけたいとのご要望。

ハンモックは揺れるので安全に配慮し、しっかりとつけなくてはなりません。

「今からでもつけられますか??」と

ご主人様は心配そうでしたが、そこは大林棟梁、

「大丈夫です^^せっかく建てる大切な家ですから!」

と心強い一言!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

取付位置も無事決まり、ご主人様も一安心。

とても出来上がりを楽しみになさっていらっしゃいました。

私どももとても楽しみです。

by.nao

LINEで送る

SAKURA

現在施工中のM様はご実家のお庭にお家を新築しております。

お庭に大きな桜の木がありましたが、残念ながら今回の工事で・・・

しかしながらご実家のお庭と反対側にある桜がきれいに咲きました!

とても大きくご立派です!

基礎工事も順調に進み4月初旬に上棟予定です。

そのころにはには桜はどうかな・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(3/21撮影)

dan

LINEで送る

コロナウィルスの悩み

毎日のように新型コロナウィルス拡大のニュースが流れており、皆様の生活にも影響が出てきている中、ここ建築業界にも物資が入らなくなる事態が起きてきています。

 

可能な限りご対応させて頂く所存ではございますが、早期の事態収束を願うばかりであります。

 

免疫力を高めるためにも、睡眠をしっかりとって明日に備えましょう。

 

TAKANAKA

 

 

 

LINEで送る

木の家を五感で感じるイベント参加申込み
自然素材の心地良さを体感できる展示場見学申込み
自然素材を活かした家づくりの資料請求
リフォームお問い合わせ
耐震診断お申込み
おすすめ土地情報
木の家を五感で感じるイベント参加申込み 自然素材の心地良さを体感できる展示場見学申込み 自然素材を活かした家づくりの資料請求
木の家を五感で感じるイベント参加申込み 自然素材の心地良さを体感できる展示場見学申込み 自然素材を活かした家づくりの資料請求 電話でのお問い合わせ