日建ホーム

資料請求はこちら

我孫子市で注文住宅をつくる工務店スタッフがつづる家づくりブログです

スタッフブログ

施工例

LINEで送る

骨董建具×自然素材 時代物の奥深さと新築の心地よさが調和するM様邸

今日ご紹介するのはつくばみらい市のM様邸・・・2013年4月にお引き渡しさせていただいた当時の<千葉の注文住宅>に掲載されたM様邸です。

「古い家具や建具が好きで、新しくつくる我が家にも取り入れたかった」と話すM様。「骨董建具を住まいに勝手よく組み込むのは難しく、普通は敬遠されますが、<日建ホーム>の技術力の高さゆえに、憧れのマイホームが手に入りました」。玄関に入ってひときわ目を引く一枚板の蔵戸、細工の美しい欄間や重厚感のある時代物の家具…。存在感のあるアイテムをうまく取り入れて、説得力のある空間に仕上がりました。「設計士の方や現場監督の方から、いろいろな提案や工夫をしてもらえました。一緒にいい家をつくりたいという姿勢を感じましたね」。珪藻土や無垢材などの自然素材、さらに、高気密・高断熱・24時間換気システムなどの性能も加わって、一年中心地よく暮らせているそう。「子どもが、幼いころから自然素材や本物に触れられるのもいいことかなと思います。心豊かに成長してくれたら嬉しいです」。まさに「住育」を実践しているM様ならではのお住まいです。
 

吹き抜けの高窓から自然光が差し込むリビングは、時代物の格子引き戸や欄間がアクセント。「骨董家具専門店で購入した、こだわりの建具を使いたいというわがままを快く叶えてくれました」とM様。壁は珪藻土、床は無垢アカマツ材を自然塗料で仕上げている

庭を眺めながら家事ができるゆとりのキッチン。L字につながっているリビング側には、オリジナルの棚を造作。総タイル貼りの贅沢な品で、お気に入りの物を飾っている

年代物の建具と楽器、意外な組み合わせも和モダンの空間の中で調和する。ひとつひとつの物に存在感があるので、あれこれとインテリアを考えなくても、これだけでも存在感がある

季節の花が彩りを添える、土間の玄関ホール。細工が美しい一枚板の蔵戸を開けると、その先にリビングが。シューズクロークが備えてあるので、玄関まわりはいつもすっきり

ウッドデッキで室内ともつながりのある庭。室内に光をもたらし、揺れる植栽には癒しの効果も。子どもが小さいうちは、安全な遊び場としても活躍する

Mさんのこだわりの骨董家具を室内の随所に散りばめた、落ち着いた雰囲気の和モダンな住まい。長手に貼られた無垢のアカマツ材が美しいリビングダイニング。一枚板のダイニングテーブルや、骨董品を組み込んだ建具など、心地よい重みのあるくつろぎ空間だ。キッチン脇の飾り棚やモザイクタイルをあしらった手洗いコーナーなど、統一感を大切にしたデザインを用い、オリジナリティーにあふれている

広々とした2階ホール。吹き抜けに面するところにカウンターが据えられており、2階にいながら階下の家族と顔を合わせて会話することができる

リビングに隣接する6畳の和室は、お月さまのようなライトと壁上に組み込んだ間接照明がポイント。左手の窓外には坪庭がのぞき、ここから柔らかな光が射してくる

テレビボードの上部には棚板を渡して、時代物の和棚を設置。ごちゃっとした印象になりがちなAV機器などがすべてここに収まるようになっている

白の塗り壁と繊細な木格子の組み合わせで、端正な印象の外観。木格子は、見た目の美しさのみならず、角度が付くと奥が見えなくなるので、家のプライバシーを守ってくれるという役割も

注文住宅ならではの、そして工務店(アーキテクトビルダー)ならではの細かいご要望をひとつひとつ取り入れたM様邸です。もちろん冬は暖かく夏は涼しい健康快適住宅でもあります。

by coyuka

LINEで送る

高断熱高気密の日建ホーム新モデルハウスNEXは健康住宅の実例

コロナウイルス感染拡大も少し収まり、自粛解禁ムードですがまだ油断は禁物です。この自粛の間に「家」がいかに大切なものなのかを実感した方も多いのではないでしょうか?「家」が快適なら出かけなくてもストレスなど溜まりにくいものです。

日建ホームは創業以来、健康快適住宅(健康住宅)に取り組んできました。長持ちする家・人が健康に暮らせる家・環境にも優しい家・・であれば心地よい空間が暮らしの礎になり家族が健康に仲良く楽しく暮らせる日々が実現するからです。

<夏は川辺にいるような涼やかさ、冬は小春日和の陽だまりにいるような暖かさ>で換気計画もきちんと整い、一年中空気がきれいな環境の中で日々暮らせるのであれば自ずと健康寿命も延び老若男女みな健やかに暮らせるのです。健康であれば医療費もかからず煩わしい薬の管理や通院も少なくて済みます。つまり、お金も時間も無駄を減らせることになります。2017年の調査報告では国民の医療費総額は約43兆円で、日本人の生涯医療費は1人2500万にもになると言われており、まさにそれは家一軒分の金額に相当し、しかも70歳以降にそのうちの約半分を使っているのだそうです。

【健康に悪影響を及ぼす住宅の環境】

①暑い室内:熱中症

②寒い室内:風邪・肺炎・気管支炎・血圧上昇・ヒートショック

③湿度による影響:熱中症・風邪・気管支炎など

       👇

これらを家の断熱対策することで健康な暮らしを実現する。→暑さ寒さによる疾患にならない。→結果医療費が削減でき家計の出費も抑えられ健康寿命も長くなる・・・というわけです。だから高断熱高気密の高性能超高断熱住宅をおすすめしたいのです。断熱性能アップにイニシャルコストはきちんとかけてもランニングコストは抑えられるのでとても家計に優しい住まいになり、何よりも暮らしが激変するほど身体が楽です!

2020年春にオープンした日建ホームの新モデルハウス「nex」はまさにこの高性能超高断熱住宅の実例です。冬の寒さの中作業を続けてくれた恩田棟梁も「暖かくて体が楽です」と言っていただいたほどです。またこのところの暑さでも玄関に入った途端、季節が別世界!高原の爽やかさが体感できます。暮らしが激変する心地よさです!!

↑日建ホーム独自の全館空調システムの解説図の一部

日建ホーム新モデルハウス「nex」は全館空調で上記のように夏は涼しい空気が天井から、冬は暖かい空気が床下から室内に・・しかも北海道基準の超高性能断熱トリプルガラス使用なので抜群の断熱性能です。

他にもいろいろな工夫が随所にあり、家具や照明も「フリッツハンセン」「カールハンセン&サン」「ルイスポールセン」など一流北欧家具をしつらえスタイリッシュな雰囲気です。照明計画・IOT計画・里山風にアレンジしたお庭の風景もぜひ暮らしに織り込んでいただきたい理想の家づくりの凝縮実例です。

↑日建ホームの新モデルハウス「nex」の夜景

注文住宅でお考えの皆様、ぜひ一度お越しくださいませ。現在予約制でご案内しております。

https://www.n-home.co.jp/nexmodel/index.html

↑日建ホームの新モデルハウス「nex」の詳細はこちらをクリックしてください!

皆様の理想の家づくりのお手伝いができることを願って!

<自分の家が大好き>という幸せをあなたに!

by coyuka

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る

美しい庭に似合う自然素材の家我孫子市O様邸♪

美しい庭に似合う自然素材の家・・・それが我孫子市のO様邸です。

敷地環境調査からはじまるのが<日建ホーム>の家づくり。立地や周辺環境、日当たり、風向き等を調べ、景観まで考慮してプランを提案します。「立地には豊かな庭があって。森の中にある別荘のような家にしたいなと思いました」とO様。家族が最も長い時間を過ごすリビングには庭を望む大きな窓とデザイン性の高い薪ストーブ、そしてさらにその先にはウッドデッキ。気候のいい季節には室内とウッドデッキを一体化させて、のびのびと過ごすことができます。庭で家庭菜園が楽しめるようにと、玄関に土間を設けて、リビングからも出入りできるようにしたり、吹き抜けを設けることで室内全体の開放感も演出。

「視界も広いし、風が気持ちよく通り抜けるので、暑い夏も冷房なしで過ごせました。高気密・高断熱のつくりのおかげで、冬は薪ストーブ1台で家中が暖まります」。このような健やかな暮らしがプランニングできるのも、性能・デザインの両面から快適な暮らしづくりを目指しているからなのです。

無垢材の床が肌に優しく、光あふれるリビング。ウッドデッキに面しており、大開口のサッシのおかげで、室内と庭の緑が調和する開放的な空間。薪ストーブを設置することで空間のアクセントに

高気密・高断熱の設計で、冬はリビングにある薪ストーブ1台で家中が暖まる。太陽光発電も搭載しているので、エコで快適

庭とつながるインナーテラスが、土に触れ、緑を楽しむ暮らしを実現。家庭菜園があるので、収穫した野菜をそのままキッチンに運んで、料理に使うこともできる

木のぬくもりあふれるダイニングキッチン。カウンターになっているので、料理の配膳や後片付けもらくらく。背面の収納は、<日建ホーム>のオリジナル

リビング裏に配した書斎は、子どもの宿題スペースとして。天井までの本棚は、間仕切りでもあり、収納力も抜群。LDKとつながる空間でありながら、適度な個室感があるので、勉強にもよく集中できるのだとか。O様が家事の合間に宿題を見てあげることも。リモートワークにも最適な空間。

吹き抜けに面した2階のファミリールーム。音楽など趣味を楽しむ家族の自由な空間だ。薪ストーブの煙突が吹き抜けを貫く光景は、家の個性ともいえるもの

オープン階段にしたことで、空間の明るさを充分に確保。またデザイン性もアップした

ロフトは、シーズンオフのものなど様々なものをしまっておくのに便利。子どもの遊び場としても使用でき、空間を有効活用している

かわいらしい手洗いボウルがポイントのトイレ。造作家具のおかげで、掃除道具やトイレットペーパーのストックなどもすっきり収納することができる

「樹木が豊かに茂る既存の庭を活かして、森の中に佇んでいるような雰囲気の家にしたいと思いました」とO様。木々と調和する三角屋根の外観は、高台の立地とも相まって、さながら別荘の佇まい。バルコニーには黄土色のタイルを贅沢に使い、印象的なアーチラインは来客時にも目印に。庭とつながるインナーテラスを設けて土に触れ、緑を楽しむ暮らしを実現

早いものでO様邸お引き渡しからもう4年近く経過しました。新型コロナウイルス感染でリモートワークも日常のあたりまえのシーンになってきた昨今、プライベートスペース、ワークスペースも大切な家づくりの要素のひとつとなってきています。O様邸には落ち着くスタディースペース・ワークスペースがあり、「こんな空間があったらいいなー」と思える実例でもあります。

皆様、このパンデミックという100年に一度と言われる出来事にどのように向き合っていったらいいのか模索は続きますがせめて気持ちは前向きに進んでいきたいものです。

皆様のご健康を心から祈ります!

by coyuka

LINEで送る

広い敷地に約80種の植栽。 吹き抜け空間を贅沢に使ったスタイリッシュなK様邸

大きな空間も高気密・高断熱で快適に!美しさと暮らしやすさを兼ね備えたハイグレード住宅

広い敷地を活かして、庭には1年通して楽しめるよう約80種の植栽を植えインナーテラスを設けて室内にも緑の景色を取り入れました。「大きな吹き抜けがあるので、風がよく通ります。高気密・高断熱のつくりなので、広々とした空間とはいえ冬でも暖かく、暮らしやすいですね」と語ってくださったK様ご夫妻。リビングのフロアにはブラックチェリーを、家の顔ともいえるエントランスには、壁一面にタイルを使うなどデザイン性のみならず、その素材にもこだわりが。オリジナルで仕上げた浴室は高級感にあふれ、まるでホテルのような仕上がりになりました。

上質な自然素材&光と風を招く工夫で、健康的な暮らしと美しいデザインにこだわる家づくりを実現。色合いが美しいブラックチェリーのフロアに、ワインレッドのソファが映えるリビング。大きな吹き抜けの大空間だが、高気密・高断熱の設計のおかげで、冬は暖かく、夏は涼しく快適に過ごすことができ、また、大きな窓やインナーテラスから四季折々の情景を眺めることもできる

庭を眺めてくつろぐことができるガラス張りのインナーテラス。大きなタイルとゆったり配されたインテリアが上質感を演出する

ここに座って庭の景色を眺めるのが至福のひととき。来客対応などにも使えるので、ホテルロビーのような用途も。光がたっぷり入るので、室内のグリーンもよく育つ

こだわりのピンクを基調としたキッチンは、家事効率を考えてコの字型に配置。カウンターは広めにとってあるので、スツールに腰かけてコーヒーを飲んだり、軽食をとったりすることもできる

階段も視線を遮らないようなデザインに。抜け感があるので空間を圧迫せず、端正なラインが上質な雰囲気を演出してくれる

広々としたバスルームは、清潔感のあるトーンで統一してホテルライクに。パウダールームの鏡やシンクも大きいので、支度時間も優雅に過ごすことができる

大きな開口部から降り注ぐ光が漆喰壁によって反射するので、室内はとても明るい。フロアに採用したブラックチェリーは、ふしがなく美しい材木。吹き抜けのまわりを回遊するように配置された2階廊下から眺めると、その美しさがよくわかる

アプローチに使用したのは、コンクリートや石、タイルのテラス。情緒ある植栽と、硬質な建材のコントラストが美しい。約80種の植栽があるので、四季折々の美しさで家族と来客を迎えてくれる

敷地・延床面積ともに広くゆったりとした上質感あふれるK様邸

「優美」という言葉がふさわしいK様邸・・日本の美しい四季の移ろいを家に居ながらにして楽しめるPreciousなお住まいの実例です。

※社長と私の大切な友でもあるK様ご夫妻の「日々の幸せ」を祈りつつ・・・

by coyuka

LINEで送る

外構完成

先日、お手伝いさせて頂いた外構が完成いたしました。

建物をせ設計する上でファサードはとても重要ポイントです。

特にオープンな外構には植栽。

手入れがし易く、丈夫な樹種をチョイスさせて頂きました。

先日、雨の中配置した石たちもご覧のようにとけこみました。

 玄関ポーチ正面にはシンボルツリーのソヨゴ

 リビングの目隠しにはエゴノキ

 門袖背面にはナンテン

 リビング正面にはモミジ

 門袖と御影石のはカルミア

5年後、10年後の樹木の成長した姿が楽しみです。

 

LINEで送る

地盤と地盤改良

通勤の途中に、解体工事で空き地になった土地に突然に地盤改良工事が始まる光景を良く見かけます。

この辺は地盤の悪い所だったのかと改めて周辺の土地の状況を見渡します。

ところで、「地盤が悪い土地」とはどんな土地なのでしょうか。

地盤を構成する地層の種類には、大きくは粘性土系と砂質土系に分かれ、他に腐植土、造成地などではその上に盛り土が乗る場合があります。

土の中には間に水や空気が含まれていて、水を含んた柔らかい粘性土は上からの圧力を受けると年月をかけてゆっくりと土の間の水分を絞り出して締まった土に安定します。これを「圧密沈下」と言います。

一方で、砂質土は上からの圧力には強いのですが、緩く堆積した砂質土は土粒子間に隙間が多く、地下の水位が浅い場合には地震など横方向の力で砂と砂の間の摩擦が切れることで崩れ、砂同士は安定した状態に変化してその分だけ地盤が沈んでしまい、間にあった地下水は地表に噴き出します。これが「砂の液状化」です。

建物を支える地盤が平面的に均一であれば、沈下量も一定になり建物にもそれほど影響を与えませんが、同じ敷地内でも場所毎に複雑に地層を構成していることが多く、軟弱な地盤は等しくない沈下を起こすことがあるので、事前に地質調査を行ない地層の構成や土の強さを確かめた上で地盤改良工事が必要かどうかを判断することになります。

ひと昔に比べると地盤改良工事が多くなったような気がしますが、建て主にとっては改良工事を行い不同沈下で生じるリスクを減らすことで将来に渡って安心を買えるので、それほど高い出費にはならないでしょう。

写真は代表的な地盤改良工事の当社の事例で、順にセメントミルク杭、ソイルセメント杭、鋼管杭、砕石パイルです。

By Hira

 

LINEで送る

大人気!造り付けソファ♪

日建ホームの大工さんは手作りの家具や棚などを得意としております♪

その中でもお客様にも好評で大人気なのが『造り付けソファ』です!!

造り付けのソファは足元が引出しになっていて

お子様のおもちゃやお昼寝用のブランケットなど

そばにあると便利な物をさっと仕舞えて、あっという間にリビングが片付きます。

ソファも布はお好みの色をチョイスして頂けますので

世界にひとつだけのソファとなります。

↑こんな角度でも大丈夫!

日建ホームの棟梁が熟練の技で丁寧に真心込めてお造りします!

造り付けソファーは新展示場「nex」にもありますので是非座り心地を確かめにお越しください♪

日建ホームの新展示場「nex」の詳細はこちらにアクセスしてくださいね!

by Naga

 

LINEで送る

木の家を五感で感じるイベント参加申込み
自然素材の心地良さを体感できる展示場見学申込み
自然素材を活かした家づくりの資料請求
リフォームお問い合わせ
耐震診断お申込み
おすすめ土地情報
木の家を五感で感じるイベント参加申込み 自然素材の心地良さを体感できる展示場見学申込み 自然素材を活かした家づくりの資料請求
木の家を五感で感じるイベント参加申込み 自然素材の心地良さを体感できる展示場見学申込み 自然素材を活かした家づくりの資料請求 電話でのお問い合わせ