日建ホーム

資料請求はこちら

我孫子市で注文住宅をつくる工務店スタッフがつづる家づくりブログです

スタッフブログ

異常気象と家の性能を考える

 昨日の会社からの眺めです。

局所的に雨が降ったそうで、夕焼けに虹を見ることができました。夕焼け好きな私にとっては感動的な眺めでしたが、先日なども大雨だったり気温も前日との温度差が10℃ぐらいあったりと、今までにない気候を日々感じます。

 ここ数年、日本の各地でも「これまでに体験したことがない」で豪雨が発生しています。このような異常気象はかつてはめったに起こらず「異常」でしたが地球規模で気候に大きな変化が起こっているため、頻繁に起こる普通のことになりつつある可能性が高いと思われます。1950年代以降、観測された変化の多くは数十年から数千年間にわたり先例がないものということも腑に落ちるところです。

 国際目標であるSDGs(持続可能な開発目標)の目標13では、「気候変動に具体的な対策を」打つことを課題として明示しています。気候変動を引き起こす原因のひとつであると考えられる温室効果ガスはなんと1990年と比べて50%も増え、現在も増加の一途をたどっているのが現実です。

 そこで私たち日建ホームができることとしては家の省エネ・再エネ化です。住む側にとっても健康増進・快適性の向上・災害対策にも効果があります。昨今の異常気象を鑑みると防災・減災のメリットは家づくりにおいても大きいものだと感じます。弊社独自の【健康快適設計基準】による健康に配慮したデザインや性能の家づくりはとても大切にしているところで、家が健康だと、住まう家族も元気に暮らせ、環境の健康にもつながります。

 こちらは同じく昨日の新モデルnexの様子。美しい景色になじむ外観です。

設計、素材、構法、すべての項目で最高品質を実現。
上質でゆたかな暮らしを叶える家づくり、それが LIVING DESIGN nex です。

じっくり体感していただくためモデルハウス見学は予約制にて承っております。見学ご希望の方はこちら

 なお、現在期間限定で-まちかど展示場-開催中です!まちかど展示場とは、実際の住宅地で建てられたお家です。ご予約いただければ期間中いつでも見学ができます!

 新型コロナウイルスの感染拡大の情勢を鑑み、お客様の安全を最優先に考慮し、安心して家づくりをご検討していただけるよう、展示場やイベント会場では8つの衛生ポリシーを定め、お客様をお迎えしております。ご予約の上、ご来場心よりお待ちしております。

※ご見学の日時はご希望に沿えない場合がございます。

※弊社の施工エリア内でご計画の方に限ります。

※手袋の着用(会場にてご用意しております)

※ご来場の際にはマスク着用にてお越しいただきますよう

 ご協力をお願いいたします。

by.nao

 

 

LINEで送る

GWに「やること」

こんにちわ!asukaです!

4月も後半となり、日が過ぎるのが早く感じます…

 

そろそろ来週からGWに突入するご家庭もあるのではないでしょうか?

今年は外出自粛が続きせっかくのGWも楽しめませんね…。

せっかくの休日を無駄にしない為にも私も「やること」をいくつか用意しました!

ミニチュア&模型づくりです!

以前プレゼントしてもらってから、中々時間がなく作れていなかったのですが

やっと作れそうでわくわくしています!

先日、会社にて手作り棚キットも貰ったのでそちらもやってみようと思います♪

 

GWイベントでは自宅からでも見れる!勉強できる!役に立つ!

『完成見学会』『相談会』も開催しておりますので、

ぜひイベント情報をお確かめください!

★イベント情報はコチラ★

 

by.asuka

LINEで送る

お家+デッキ+お庭

2年点検でつくばみらい市のN様に伺ってきました!

お庭や塀、サイクルポートなどご主人様の手作りで

毎回お伺いするたびに色々と出来ているので

楽しみです。

広いお庭の芝生もきれいに手入れをされていて、

STAY HOMEでも

大きなウッドデッキで思いっきりプライベートを

楽しめます!

七輪も大活躍だそうです。

DAN

LINEで送る

地盤と地盤改良

通勤の途中に、解体工事で空き地になった土地に突然に地盤改良工事が始まる光景を良く見かけます。

この辺は地盤の悪い所だったのかと改めて周辺の土地の状況を見渡します。

ところで、「地盤が悪い土地」とはどんな土地なのでしょうか。

地盤を構成する地層の種類には、大きくは粘性土系と砂質土系に分かれ、他に腐植土、造成地などではその上に盛り土が乗る場合があります。

土の中には間に水や空気が含まれていて、水を含んた柔らかい粘性土は上からの圧力を受けると年月をかけてゆっくりと土の間の水分を絞り出して締まった土に安定します。これを「圧密沈下」と言います。

一方で、砂質土は上からの圧力には強いのですが、緩く堆積した砂質土は土粒子間に隙間が多く、地下の水位が浅い場合には地震など横方向の力で砂と砂の間の摩擦が切れることで崩れ、砂同士は安定した状態に変化してその分だけ地盤が沈んでしまい、間にあった地下水は地表に噴き出します。これが「砂の液状化」です。

建物を支える地盤が平面的に均一であれば、沈下量も一定になり建物にもそれほど影響を与えませんが、同じ敷地内でも場所毎に複雑に地層を構成していることが多く、軟弱な地盤は等しくない沈下を起こすことがあるので、事前に地質調査を行ない地層の構成や土の強さを確かめた上で地盤改良工事が必要かどうかを判断することになります。

ひと昔に比べると地盤改良工事が多くなったような気がしますが、建て主にとっては改良工事を行い不同沈下で生じるリスクを減らすことで将来に渡って安心を買えるので、それほど高い出費にはならないでしょう。

写真は代表的な地盤改良工事の当社の事例で、順にセメントミルク杭、ソイルセメント杭、鋼管杭、砕石パイルです。

By Hira

 

LINEで送る

木の家具の「仕上げ」オイル仕上げとソープ仕上げの違い♪

弊社打合せスペースの椅子は、北欧家具のYチェアを使用しております。

背もたれがY字形になっているのでこう呼ばれています。

このYチェアにはオイル仕上げとソープ仕上げがあり、それぞれ特長がございます。

 

○ソープ仕上げ:

・汚れたら石鹸液で洗い再びきれいにすることで、白木(皮を剥ぎ削っただけの何も塗っていない木)の白さを長く楽しむことができる。

・触り心地がさらっとしている。

・使い込むことで滑らかさと光沢が増す。

・木の表面にまったく塗膜を作らないので、木がもつ本来の色・質感を楽しむことができる。ただし、外部からの影響は受けやすい。

・経年変化は自然に進み、手入れをすることで年々美しく変化する。

ソープ仕上げ(ビーチ材)の写真

 

○オイル仕上げ:

・時間の経過とともにオイルが酸化し色濃くなる。

・触り心地がしっとりとしている。

・木が本来もつ質感を楽しめ、傷がついても研磨してオイルを塗布することで修復できる。

・オイルが木にしみ込み固まることで、外部からの影響を受けにくい。

・塗り重ねることでオイルが浸透し、保護効果を高めることができる。

オイル仕上げ(ビーチ材)の写真

 

白木の白さが好きな方はソープ仕上げにして、石鹸水でのメンテナンスをして頂く。

木の経年変化を楽しみたい方はオイル仕上げにして、色の変化を楽しんで頂く。

その様な選び方がオススメです。

by yoshi

LINEで送る

我が家をリペア工事!

昨年の台風15号の被害を受け半年以上放置状態だった我が家のリペア工事を行いました。

台風被害は、実は我が家ではかなり大きく、結構な被害でした。

新築時に露天風呂の雰囲気をつくりたくバスコートを設計、風呂から庭をながめる為に

坪庭を高く盛り土し、透明ガラスの浴室から庭園灯、砂利敷、庭石、高木、低木数本の樹木を湯船から眺める・・・・

目隠しのウッドフェンスは高さ2.4メートル、長さはL字型で7メートルと巨大なウッドフェンスが強風で倒れてしまう。

その他いろいろな被害がありました。(*^^)v ご近所様にも申し訳ございません。

昔からの知人の職人さんに被害当日に散乱した片付けと廃材処分の手伝いをしていただき

そして十年来のお付き合いの創作庭園会社様に今回のバスコートウッドフェンスの新規工事をお願いしつい最近完成となりました。本当は無垢材にしたかったのですが、メンテナンスがお隣の敷地からになってしまう為、今回はリアルウッドに変更しました。採風ルーバー式で、下地専用金物にパチンとはめるタイプで、取り外しもできる特許工法取得の商品です。

今回も色々な方々にご協力と手助けをして頂きました。やはり人付き合いの大切さを痛感しそして感謝することを常に忘れずに日々を暮らすように心がけています。

そしてついでに築15年でシロアリ被害にあったウッドデッキのリペアも一緒に行いました。

築15年のイペ材を全てとりはずし、サンドペーパー仕上げにキシラデコール(オリーブカラー)塗布。

大引き材は、今回は擬木の樹脂材に全て交換し一生ものにリペアしました。

休校中の娘と愛犬チワワがいつも日中に日向ぼっこしています。

3月撮影の花壇ですが、少しづつ緑が芽吹き始めています。

もともと自他ともに認めるかなりのガーデニング好きなのですが、この数年まったく庭いじりができていません。

コロナ問題のストレス解消としてもまたガーデニングを始めようと想う今日この頃です。

すみません!!今回は仕事ネタは全く掲載なしです。

yu

 

 

LINEで送る

イベント内容変更のお知らせ♪

新型コロナウイルスの影響で、予定していたイベント内容を変更させていただきました。

この状況下で何よりもお客様の健康、スタッフの健康を最優先するためのことであり、

ご予定をしていただお客様には大変申し訳ございませんがこのような運びとさせていただきますこと、

ご理解の程どうぞよろしくお願いいたします。

また日建ホームでは8つの衛生ポリシーを掲げ、感染拡大阻止の対策をとっております。

GWはオンラインでも可能な住まいづくり相談会やバーチャル見学会を予定しております。

このような状況ではございますが、少しでも皆様の家づくりにお役立ちとなれば幸いです。

詳しいイベント内容はホームページをご覧ください。

 

by  Naga

LINEで送る

木の家を五感で感じるイベント参加申込み
自然素材の心地良さを体感できる展示場見学申込み
自然素材を活かした家づくりの資料請求
リフォームお問い合わせ
耐震診断お申込み
おすすめ土地情報
木の家を五感で感じるイベント参加申込み 自然素材の心地良さを体感できる展示場見学申込み 自然素材を活かした家づくりの資料請求
木の家を五感で感じるイベント参加申込み 自然素材の心地良さを体感できる展示場見学申込み 自然素材を活かした家づくりの資料請求 電話でのお問い合わせ