日建ホーム

資料請求はこちら

我孫子市で注文住宅をつくる工務店スタッフがつづる家づくりブログです

スタッフブログ

椿の魅力

天気予報で桜の開花予想が話題になる季節になりましたが、今の時期は椿の花が見頃ですね。「椿」は春を代表する木ということから日本で作られた漢字で、俳句では椿は春の季語として使われています。我が家の庭先でも、昨年思い切って強剪定して切り詰めた二本の椿が、きれいに花を咲かせています。(写真)そこで、昔から日本人に愛されてきたツバキ(椿)について調べてみました。

ツバキ(椿)は日本原産で学名もCamellia japonica(別名:ヤブツバキ)、常緑高木で光沢のある濃い緑の葉をもち、暑さ寒さに強く日陰でも育つ強健な花樹です。ツバキの園芸品種は数が非常に多く、国内で2,200以上、海外で作り出された椿は5,000以上の品種があるそうです。ツバキは世界中で愛されているようです。

ツバキの名前の由来には諸説あり、厚みのある葉の意味で「あつば木」、つややかな葉の「つやば木」光沢のある葉の「つや木」など、花より葉の美しさに名前の由来があるのは面白いですね。ツバキに似た花で初冬に咲くサザンカ(山茶花)がありますが、サザンカ、寒椿、侘助、茶の木は全てツバキの仲間です。

古くは日本書紀や古事記にも椿のことが記されており、椿油でも知られるように椿は元々は油料として栽培されていました。奈良時代に入ると花樹として鑑賞するようになり、戦国時代の茶人で有名な千利休は茶花として椿(侘助)を好んでいたそうです。江戸時代はじめには上流武士に人気が広まり、その後の園芸家の品種改良などによって民衆にも花開しツバキブームが起きました。椿の花は奥が深いですね。

最後に、ツバキ、サザンカの木の手入れをする際には、チャドクガの幼虫(毛虫)に注意しましょう。幼虫は4月から10月にかけて年二回発生し、葉を食害するだけでなく人間にも害を及ぼします。毛虫の毒針毛は直接触らなくても木の下を通っただけでも刺され、激しい痛みとその後の痒みで痛い目にあいます。 

By Hira

  

 

LINEで送る

お住まい見学バスツアー開催♪

3月23日(土)にお住まい見学バスツアーを開催いたします♪

今回は3邸のホームオーナー様邸をご案内させていただきます。

お客様のご家族構成、ライフスタイルや敷地環境に合わせた

こだわりのフルオーダーメイドの注文住宅です。

タイプの違う3邸をご覧頂き、家づくりのヒントにしていただける絶好の機会です。

日建ホームではホームオーナー様邸のご見学は欠かせないことと考えております。

それはカタログや営業マンの言葉ではなく、ホームオーナー様から住み心地や家づくりの

体験談をお聞きいただけるからです。

その会社の本質を一番ご存知なのは、ホームオーナー様です。

展示場や完成見学会では聞くことの出来ない生の声を聞いてください。

是非、ご家族でお気軽にご参加くださいませ。

詳細、ご予約はこちらから

by   Naga

LINEで送る

WHO、『ゲーム障害』を疾病認定

世界保健機関(WHO)が「ゲーム障害」を疾病に加えると発表した。

ギャンブル障害やアルコール依存の障害など類似の依存症と共通点があると言われている。

学校や会社を欠席・欠勤が続くなど、障害が日常生活に大きな影響を与えるゲーム障害、

子供たちを守る予防策として、一日のゲーム時間を決めたり、日常生活を充実させ

ゲーム以外にも楽しいことがあることを実感することが大切と言われています。

大人たちもまずはこの障害をしっかり認識し子供たちを守る事が大切です。

そして子供だけではなく大人自身もスマホ依存症などにも気を付けなければいけませんね。

 

yu

LINEで送る

日建ホームの注文住宅我孫子市Y様邸お引渡式♪

昨日、我孫子市にてY様邸のお引渡式をさせて頂きました♫

「大工さんの恩田棟梁、増田棟梁をはじめ、職人さんの丁寧な仕事ぶりを拝見していて、

この日を凄く楽しみにしていました。」と奥様。

「打合せでは、設計の樽見さんや現場監督の小林さんとのやりとりがとても楽しく、

家づくりが本当に楽しくて、それが終わってしまうのも何だか寂しいです。」とご主人様。

「これからはこの家で、家族と共に楽しい思い出を作っていきます。」と仰って頂きました。

Y様、また新しい暮らしのご様子を是非教えて下さい。お願い致します。

 

お引渡式はテープカットでスタート☆

玄関鍵のお渡し♪

育休中ですが駆けつけてくれた設計担当のtaruさんよりお花のプレゼント♫

みんなで記念写真、ハイチーズ♪

Y様、改めましておめでとうございます♪

これからも末永いお付き合いをどうぞ宜しくお願い致します♫

by yoshi

LINEで送る

千葉県主催「SNSはこう使う」に登壇させていただきました

3月5日に開催された「SNSはこう使う!!」で日建ホームのSNSの取り組みを発表させていただきました。人前でお話するという機会は今までなかったことなので内心ドギマギ・・・でもせっかくご依頼いただいたので思い切って登壇させていただきました♪

  緊張しました~~

日建ホームで取り組んでいるSNSの内容を発表!!

パネルディスカッションで質問にAnser!!

こんな内容のセミナーで~~す♪

異業種の会社様の取り組みもお聞きすることができとても貴重な経験でした。

関係者の皆様・参加者の皆様・・ありがとうございました。

※日建ホームではfacebook・twitter・instagram・pinterest・youtubeなどのSNSに日々取り組んでいます。皆様是非「いいね」「フォロー」「シェア」などなどしてください。

ホームページのTOPページに表示されていますのでアクセスお願いします!!

↑ホームページのTOPのここです。

日建ホームのホームページのTOPページです

↑アクセスしてくださいね~~

by coyuka

LINEで送る

笑いは健康に良いってホント?

健康快適な暮らしの実現のため、日々邁進しているチーム日建です。

本日は家の話ではありませんが、笑いと健康に関するテーマ♪

「笑う門には福来たる」って言いますけど、本当でしょうか?

専門家の調査によると、これは本当なのです!

「笑い」の健康効果としては

 

◇免疫力アップ

 落語や漫才を2ヶ月間で4回見た患者と見なかった患者約30人ずつの

グループで調査したところ、見た患者ではがん免疫を高めるたんぱく質を

作る能力が平均で1.3倍に増えたとのことです♪

 

◇精神的なストレスが減る

笑うと気持ちが晴れ、ホルモンの量の変化からストレス解消につながることが

示唆されているほか、笑うことは腹筋などに力が入り、大量に息を吐き出すので

一つの運動とも言えます。

 

私達の家づくりは「家族が元気で暮らせること」が一番と考えております。

設計の工夫の一つとして家族のコミュニケーションが取りやすい間取りであれば

笑いが増えて、健康=元気でいられますよね♪

日建ホームはそんな家づくりを大切にしております

 

by  Naga

LINEで送る

オール電化の検証

最近TVで「電気とガスの支払いを纏めるとお得」になるCMが頻繁に流れますが、オール電化を採用している我が家には全く無関係です。

マイホームを計画する際にエネルギー源をどうするかを決めるのは重要なポイントです。そこで、これから家づくりする方に、10年経過した我が家のオール電化の検証結果が多少とも参考になればと思い、以下に纏めました。

私がオール電化を決めた主な理由は、高齢になった時に火を出す心配が少ないからでした。ガスと電気を併用した場合のエネルギー代の比較などは全く行いませんでした。その代り、深夜料金が日中の1/2~1/3になるオール電化のメリットを最大限活かすために、エコキュート、IHヒーターの他にリビング・ダイニングに蓄熱式電気暖房機を採用しました。さすがに冬場の電気代は2~3万円ほどにアップしますが、一日中暖房が効いていて快適で、ガス代、灯油代が掛からないことを考慮するとコスト面も含めて満足しています。

また後付けで割高になりましたが、6年前にソーラー発電(2.7KW)を追加したことで、夏場の月は殆ど自前の発電量で、冬場でも消費電力の半分程度は自前で賄える上に、高い買取制度のメリットでまあまあの戻りも出ています。このまま故障が起きなければ、ソーラー発電の初期コストを回収した後は総エネルギー費用も下がり、オール電化を採用して大成功と喜んでいます。

良い事ばかりを挙げましたが、IHヒーターは冬場に土鍋が使えない、蓄熱式電気暖房機は設定温度が大雑把、災害時の停電リスクなど弱点も有ります。最後に、ソーラー発電設備を考えている方は家づくりの当初から計画に含めることをお薦めします。(完成後では配線も後付けになり工事費も割高になります)

By Hira

 

      ソーラーパネル配置図                蓄熱式電気暖房機

LINEで送る

木の家を五感で感じるイベント参加申込み
自然素材の心地良さを体感できる展示場見学申込み
自然素材を活かした家づくりの資料請求
リフォームお問い合わせ
耐震診断お申込み
おすすめ土地情報
木の家を五感で感じるイベント参加申込み 自然素材の心地良さを体感できる展示場見学申込み 自然素材を活かした家づくりの資料請求
木の家を五感で感じるイベント参加申込み 自然素材の心地良さを体感できる展示場見学申込み 自然素材を活かした家づくりの資料請求 電話でのお問い合わせ