日建ホーム

資料請求はこちら

我孫子市で注文住宅をつくる工務店スタッフがつづる家づくりブログです

スタッフブログ

釘とビス

今回は、私たちの生活の中で普通に使われている「釘とビス」の話です。

鉄筋コンクリートと鉄骨の建築の世界で経験してきた私が、木造建築に携るようになっておおよそ二年半が過ぎますが、当初、木造建築の現場で使われる釘やビスの種類が沢山あるのに大いに驚きました。たとえば、JIS規格の釘だけでも、N釘、NZ釘、CN釘、ZN釘、BN釘…等々。

実際に、木造の家作りの過程で屋根、床、壁を作るのに万本単位の大量の釘やビスが使われています(内外のボード1枚当たりに約50~90本を使用)。

屋根の野地板、床合板、外壁板、石膏ボード、垂木や間柱を固定するための釘やビスは勿論ですが、他に構造用面材を横方向の力に抵抗するボード耐力壁として貼る際には、仕様毎に性能を確保するための釘やビスの種類、打つピッチ等が細かく規定されており、現場の棟梁さんたちはそれぞれの仕様に合わせて釘やビスを打ち、道具を使い分けています。

また、床面や壁面の他にも、土台と柱、柱と梁、筋交い端部と柱の部材間を固定する構造金物は、専用のビスを使うことで初めて所定の性能を発揮します。現代の木造建築は木と釘とビスで建っていると言っても言い過ぎではないでしょう。

これらの大量の釘やビスを打ち込む棟梁たちの労力は、今ではエア釘打ち機や高性能なビス打ち機を使ってはいますが、それでも大変な作業になりご苦労様です。

ところで、「ビス」と「ネジ」は何処が違うのか考えたことがありますか?

じつは、「ネジ」は軸の側面や内側にらせん状に溝を切ったものの総称で、「ビス」「ボルト」「ナット」も「ネジ」の一種です。ビスのことを木ネジと言いますが、一般には先端が尖ったものを「ビス」、尖っていないものを「ネジ」と使い分けることが多いようです。

写真は、順に屋根の垂木を母屋止める長~いビス(タルキック)、合板や石膏ボードを下地に止めるビス、構造金物のビス、ボード耐力壁の面材の釘打ちです。

By Hira

LINEで送る

庭の芝生張り♪

先日、庭の芝生張りを行いました。

ホームセンターで高麗芝、堆肥、黒土を買ってきていざスタート!!

まずは雑草や石ころを取り除き、庭の土を掘り起こして堆肥を混ぜます。

 

次に土をならして、

土が足りない部分には黒土を入れて、平らにしていきます。

続いて芝生を張ります。

張り方の種類もいくつかありますが、隙間なく全面に張る「平張り」としました。

いち早く芝生を育てることが出来ます。

芝生の上をよく踏み固め、芝と芝の間や芝に土を掛けます。

これは「目土(めつち)」といって、芝生の乾燥を防いだり、水やり後の水分を

維持させる効果があります。

最後に水をたっぷり上げて作業終了です!

しっかり根付くまで、毎日の水やりが欠かせません。

ホームセンターで芝生は1束10枚入り(約0.9㎡分)で販売しておりますので、

張りたい場所の面積をあらかじめ測ってから行くのがオススメです。

土の作業には、鍬、レーキ、立鎌があると便利です♪

by yoshi

LINEで送る

イス・テーブルをリペア

15年間ほったらかしのイスとテーブルを自分でリペアしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンドペーパーをかけ、キシラデコールを塗布した状態です。

イステーブルの材料はチーク材です。

本物の耐久性の高い材料であれば、15年経過しても新品同様になります。

yu

 

LINEで送る

広い敷地に約80種の植栽。 吹き抜け空間を贅沢に使ったスタイリッシュなK様邸

大きな空間も高気密・高断熱で快適に!美しさと暮らしやすさを兼ね備えたハイグレード住宅

広い敷地を活かして、庭には1年通して楽しめるよう約80種の植栽を植えインナーテラスを設けて室内にも緑の景色を取り入れました。「大きな吹き抜けがあるので、風がよく通ります。高気密・高断熱のつくりなので、広々とした空間とはいえ冬でも暖かく、暮らしやすいですね」と語ってくださったK様ご夫妻。リビングのフロアにはブラックチェリーを、家の顔ともいえるエントランスには、壁一面にタイルを使うなどデザイン性のみならず、その素材にもこだわりが。オリジナルで仕上げた浴室は高級感にあふれ、まるでホテルのような仕上がりになりました。

上質な自然素材&光と風を招く工夫で、健康的な暮らしと美しいデザインにこだわる家づくりを実現。色合いが美しいブラックチェリーのフロアに、ワインレッドのソファが映えるリビング。大きな吹き抜けの大空間だが、高気密・高断熱の設計のおかげで、冬は暖かく、夏は涼しく快適に過ごすことができ、また、大きな窓やインナーテラスから四季折々の情景を眺めることもできる

庭を眺めてくつろぐことができるガラス張りのインナーテラス。大きなタイルとゆったり配されたインテリアが上質感を演出する

ここに座って庭の景色を眺めるのが至福のひととき。来客対応などにも使えるので、ホテルロビーのような用途も。光がたっぷり入るので、室内のグリーンもよく育つ

こだわりのピンクを基調としたキッチンは、家事効率を考えてコの字型に配置。カウンターは広めにとってあるので、スツールに腰かけてコーヒーを飲んだり、軽食をとったりすることもできる

階段も視線を遮らないようなデザインに。抜け感があるので空間を圧迫せず、端正なラインが上質な雰囲気を演出してくれる

広々としたバスルームは、清潔感のあるトーンで統一してホテルライクに。パウダールームの鏡やシンクも大きいので、支度時間も優雅に過ごすことができる

大きな開口部から降り注ぐ光が漆喰壁によって反射するので、室内はとても明るい。フロアに採用したブラックチェリーは、ふしがなく美しい材木。吹き抜けのまわりを回遊するように配置された2階廊下から眺めると、その美しさがよくわかる

アプローチに使用したのは、コンクリートや石、タイルのテラス。情緒ある植栽と、硬質な建材のコントラストが美しい。約80種の植栽があるので、四季折々の美しさで家族と来客を迎えてくれる

敷地・延床面積ともに広くゆったりとした上質感あふれるK様邸

「優美」という言葉がふさわしいK様邸・・日本の美しい四季の移ろいを家に居ながらにして楽しめるPreciousなお住まいの実例です。

※社長と私の大切な友でもあるK様ご夫妻の「日々の幸せ」を祈りつつ・・・

by coyuka

LINEで送る

飛散防止フィルム

スティホームとなった今年のゴールデンウィークでしたが

今年は窓に飛散防止フィルムを貼りました。

去年、台風15号と19号の際に窓が割れて飛散しないよう

養生テープを貼られた方は多いと思います。

ホームセンターでは養生テープや

飛散防止フィルムが売り切れていたようです。

あと2〜3年は強烈な暴風雨がくると言われています。

今年の秋に大騒ぎにならないよう

ゴールデンウィークに飛散防止フィルムを貼りました。

 

用意する物はフィルム、カッター、定規、

水に中性洗剤を少し入れたスプレーと

雑巾だけで意外に簡単に貼れます。

 

 

窓ガラスの大きさを測り5〜10ミリほど小さくフィルムをカットします。

フィルムは延びるので少し小さめが貼りやすいです。

ガラスとフィルムの裏側に

たっぷりとスプレーで水を吹きかけフィルムを貼ります。

 

 

空気や水が玉になって残るので

定規で中心から端にかけて

玉になった空気や水を出していきます。

 

 

最後は雑巾で際の空気を出し拭き取れば完成です。

お試し下さい。

by KOBA

LINEで送る

お客様インタビュー♬

弊社で建築していただいたホームオーナー様に

入居後インタビューをさせていただいて動画にしています。

『家づくりの動機』、『日建ホームを選ばれた理由』、『工事期間中の対応』、『住んでからのご感想』

『健康面で以前の住まいと変わったところ』などなど・・・たくさんお話しいただいております。

つい最近も柏市小森様のインタビュー動画をホームページでアップいたしました。

オーナー様のご感想が真実の声です。是非ご覧ください♪

ホームページにはその他のお客様のインタビュー動画もございます。

是非ご覧ください!

お客様インタビュー動画のページはこちらです。

 

by  Naga

 

 

LINEで送る

アヤメ

友達に頂きました(^^)

ほんの一本ですが頂いた種に交じっていたのだと思います。

あまりにもきれいなので皆様に見ていただきたくて・・・です

ですが「アヤメ」なのかもわかりません???

5月に咲くのと葉が細長いので「アヤメ」と思ったのです。

もし違っていたらごめんなさ~い

by kaji

LINEで送る

木の家を五感で感じるイベント参加申込み
自然素材の心地良さを体感できる展示場見学申込み
自然素材を活かした家づくりの資料請求
リフォームお問い合わせ
耐震診断お申込み
おすすめ土地情報
木の家を五感で感じるイベント参加申込み 自然素材の心地良さを体感できる展示場見学申込み 自然素材を活かした家づくりの資料請求
木の家を五感で感じるイベント参加申込み 自然素材の心地良さを体感できる展示場見学申込み 自然素材を活かした家づくりの資料請求 電話でのお問い合わせ