日建ホーム

資料請求はこちら

日建ホームの家づくり

「家の特長・らしさ」

【健康快適住宅基準】による健康配慮の家をつくります。

私たち日建ホームは弊社独自の【健康快適住宅基準】による健康に配慮した、家族が元気に暮らせる家づくりに取り組んでいます。
「家」と「健康」とはとても密接な関係があり、毎日を過ごす家のデザインや性能が身体的・精神的に大きく影響しています。
日建ホームでは家づくりに最も重要な健康についての基準書をお客様アンケートや日々の研究・取り組みを基に様式化し家づくりに活かしています。
※健康住宅への取り組みをしている私たち日建ホームのスタッフは全員タバコをすいません。

【健康快適住宅基準】の
4大ポイントとは

  • ① 温熱性能にこだわる
  • ② 抗酸化環境(きれいな空気)にこだわる
  • ③ 健康快適設計基準にこだわる
  • ④ 自然素材にこだわる

この4要素を家づくりにきちんと取り入れていくことによってお施主様の幸せで健康な暮らしの実現をサポートしデザインしていきます。

 
① 温熱性能にこだわる

温熱性能を良くするには「高断熱」「高気密」「24時間換気」が不可欠です。
「高断熱」住宅とは文字通り断熱性能の良いことを意味し、各断熱材の性能と厚さを考慮し、建築地域において適合する次世代省エネ基準仕様に設計します。現場発泡充填断熱、外断熱、付加断熱等、全ての工法に対応します。
「高気密」住宅とは性能をC値で表し1.0cm2/m2以下でなければ気密性が高いと言えず、高気密の効果が薄れます。
「24時間換気」住宅とは室内の隅々まで爽やかな空気を入れ換えることにより、冬はヒートショックの原因をやわらげ結露がなくなり、夏は蒸し暑い夜もぐっすり眠れます。
“ホコリが少ない”“花粉が入らない”“ペットの匂いがしない”“ゴキブリやハエがいない”等々、家中どこにいても快適で充実した日々が過ごせます。

○健康に暮らせる。

温熱性能の良い家は冬の寒さを抑え部屋ごとの温度差が少なく<ヒートショック>を起こしません。夏の暑さを和らげ<熱中症>のリスクを減らします。結露も少なくカビやダニの発生を軽減します。室内の空気がきれいで<花粉症>や<PM2.5>などのアレルギーの発生源を軽減します。

○エコロジー。

環境面でもCO2の排出を減らし温熱環境を整え、光熱費などのランニングコストが安く抑えられます。

○空間デザインの自由度が増す。

部屋ごとの温度差が少ないので、心をおおらかにする大きな吹き抜けを配した広がり間取りや、いつも家族の気配が身近に感じられるつながり間取りが可能になり、住まいを平面だけで考えるのではなく自由な空間をデザインすることによってストレスの無い快適で癒しの暮らしが実現できます。

空間デザインの自由度が増す吹き抜け

空間デザインの自由度が増すつながり間取り

 
② 抗酸化環境(きれいな空気)にこだわる

抗酸化環境をつくる4つの特殊技術

人間にとって24時間欠かすことのできない空気。
しかし、室内の空気はVOC(揮発性有機化合物)やダニの死骸、カビの胞子などで汚染されています。これら空気の有害物質は身体を「酸化」させ、その状態は様々な体調不良の原因となります。その酸化をくい止める作用が「抗酸化」です。
抗酸化対策をもたらす4つの【いやしろの住まい環境改善技術】の相乗効果で空気のきれいな抗酸化環境の家をつくります。

室内の化学物質などのを測定の上、安心お引渡しいたします。

住まい手の皆様に安心してご入居いただくため、ホルムアルデヒドを含む5種の化学物質とともに、空気イオンバランス、土地の地電位を実測し、お引渡し時に「住環境測定報告書」をお渡しします。

左)代表的揮発性有機化合物(VOC)測定とイオンバランス測定
右)地中電位測定
様々な測定をすることで、お客様に提供する住環境を客観的に証明することが可能になります。

癒しろ炭埋設工法
- 土地から健康長寿にする技術 -

土地には動植物の生育にとって優良な土地【イヤシロ地】と、向かない土地【ケガレ地】があります。私たちは、多くの事例分析の結果から建物だけでなく土地環境そのものが環境に与える影響に着目。研究を重ね、独自の複合素材による「癒しろ炭」を地中に埋設することで、土地をイヤシロ地に改善する工法を開発しました。
炭素の力を借りて土地に望ましい電気の流れをつくり、抗酸化環境のベースを構築します。まるで森林浴をしているかのような清々しい住環境を実現する技術です。

「癒しろ炭」を敷地の1ヶ所に埋設します。埋設の効果は、最低半径にして15m以上、最大30mくらいまで及びます。

抗酸化吹付工法
- 室内を健康長寿にする技術 -

ミネラルと植物エキス溶液を主原料としたReNウォーターは、近年新しく開発された抗酸化技術です。
下地段階では合板や断熱材など、仕上げの段階では壁・天井・床・台所・家具などあらゆる室内表面に吹きつけ施工することで、化学物質を減衰させるとともに抗酸化環境に改善します。
ミネラルと植物エキスを原料としており、安全で臭いもありません。ReNの強い抗酸化力で、現代の酸化されてしまう室内住環境から身を守り、快適な住空気環境を創ります。

写真のように、施工は満遍なく吹きつけをするだけで非常に簡単です。

生命の響システム
- 電磁波対策でさらに健康長寿にする技術 -

電磁波の健康リスクについて様々に研究されていますが、欧米と違い日本では明確に対策がとられていません。

現代生活と切り離せない電磁波が人体に悪影響を与えるのは、そこに含まれる電磁波ノイズにあることに着目。今までのように電磁波そのものを取り除くという発想からノイズを取り除き害をなくすことで、電磁波とうまく付き合っていくことを可能にする技術として開発しました。

抗酸化基礎工法
- 建物から健康長寿にする技術 -

<癒しろ炭>埋設工法の効果をさらに高め、建物を床下から環境改善する技術が抗酸化基礎工法です。
Renコートという抗酸化力を高める資材を用いて床下をコーティングすることで、基礎段階から健康的な環境をつくります。 本工法は土台の腐朽菌の浸食に強くし、シロアリの影響を抑制することにも役立ちます。

 
③ 健康快適設計基準にこだわる

「家」と「健康」の関係をいろいろな角度から分析し、健康に配慮した設計基準を設け、心身共に健やかに暮らせる家づくりにこだわります。
たとえば空気・匂い・間取り・色彩・アレルギー・電磁波など様々な観点から人が健康に暮らすために配慮しなければならない事をしっかりと考えた<暮らし方>にも言及します。

 
④ 自然素材にこだわる

私たち日建ホームはナチュラルテイストな木の家づくりを得意としています。
木は昔から人になじむ素材であり心身両面に良い効果をもたらします。しかし木の家といってもそのデザインはさまざま・・機能美と素材美を兼ね備えた質の高いデザイン性豊かな設計は簡単なものではありません。上質な心落ち着く仕上がりに施工してこそできるものなのです。
さらに珪藻土や紙クロスなど自然素材をバランス良く使うことで、まるで木綿の服をまとっているかのような肌なじみの良い健康な家になるのです。

○木の家は心に優しい・・・木の年輪の間隔には「1/fのゆらぎ」と呼ばれる人に心地よさや活力を与える効果があります。また木材表面の凹凸は深みと味わいを与え「あたたかい」「なごむ」「癒し」を感じさせる効果が増します。

○木の家は目に優しい・・・木は人に有害な波長の短い紫外線を吸収し波長の長い赤外線を反射するので目に優しい素材といえます。

○木の家は肌に優しい・・・木材に触れると適度な粗さ感が人に自然な印象を与え、安心で快適でリラックスする効果があります。

○木の家は耳に優しい・・・木には不快な音を吸収する働きと音をきれいに響かせる性質があります。音楽室に多用されているように適度な残響性とともに音をまろやかにする特性があるのです。

○木の家は鼻に優しい・・・木の香り(フィトンチッド)は自律神経の安定に効果的で肝機能を改善したり快適な睡眠をもたらすリフレッシュ効果があります。その他にも消臭・脱臭効果や抗菌・防虫効果も特性の一つであり住まいの中で活かされます。

GEOパワーシステムについて[オプション]

「自然エネルギー 地中熱で換気する快適さ」

地熱を利用する換気システム「GEOパワーシステム」は、1年を通して常に15℃~18℃である地熱を室内に取り込み、快適な室温環境を整えます。

家は暮らしの礎となる大切な城です。<日建ホームの注文住宅>ならではのお施主様のご要望を専門知識によりきめ細やかにプロデュースし、世界で一つだけの健やかに暮らし続けることのできる家づくりをお施主様とのコミュニケーションを大切にしながら実現していきます。

資料請求
展示場見学申込み
イベント参加申込み
おすすめ土地情報