日建ホーム

資料請求はこちら

社長ブログ

地震と住宅と家族の幸せ

ここのところ毎日のように北は北海道から南は沖縄県までの広範囲で

地震ニュースを聞く度に改めて日本は地震大国なのだと認識します。

ですが国民性(?)なのか震度は平成8年3月まで気象庁は

「体感と周囲の状況」から推定し発表していました。

現在の震度階級「震度0」「震度1」「震度2」「震度3」「震度4」

「震度5弱」「震度5強」「震度6弱」「震度6強」「震度7」の10階級

を計測震度計により発表したのが平成8年4月からとは意外でした。

住宅建築における耐震性については過去の苦い経験を基に

大地震の後に何度も法律の改正が行われています。

直近の大改正は平成12年に行われましたが数ある改正の中でも

一番は住宅でも地盤調査をして地盤の強さに沿った基礎を設計する

ことが加えられたことと感じています。

何故かというと、それまでは地盤調査をする建物は大規模建築物

の場合であって、住宅は主に住宅金融公庫仕様に従い平屋か2階建で

基礎の構造をきめていたからです。

平成23年の東日本大震災では千葉県でも浦安市、旭市、我孫子市で

液状化が発生しましたがその地域で弊社にて建築の地盤耐力に沿った基礎

の住宅は被害を受けず、改めて基礎の大切さを知ることが出来ました。

住宅内部の耐震設計は結構複雑です。基本的な理由は1階と2階の使い方

が違うために1階の壁の上に2階をそのまま配置出来ない事です。

アパート、マンション、ビルなどは上下階が重なっているので

考え方が比較的楽なのはその為です。

吹き抜けのある家も耐震設計が複雑になりますが

常に安心と安全を考えお施主様の希望を叶えることを心掛けています。

 

 

 

LINEで送る

適材適所

その意味は

「その人自身の能力や性格、個性などをもとに

その能力が最も発揮される地位や仕事に就かせること」

となっていますがその語源は、伝統的な日本家屋や神社などの建築現場

における木材の使い方から来ています。

つまり“適材適所”の材とは木材の“材”を意味します。

たまたま立ち寄った庭園の東屋でキレイな木組みを見ることができました。

 

現在の建物では(画像下側)の木組みが一般的ですが、昔は棟梁によっては

(画像上側)伐採した木材の特性と強度を上手に組み合わせ、

特に露出する梁には意匠的な工夫がなされていました。

 

『最後の宮大工』と呼ばれた故西岡常一棟梁の名言のなかに

「木にはそれぞれ癖があり、一本一本違います。産地によって、

また同じ山でも斜面によって変わります。まっすぐ伸びる木もあれば、

ねじれる木もある。材質も、堅い、粘りがあると様々です。

木も人間と同じ生き物です。いまの時代、何でも規格を決めて、

それに合わせようとする。合わないものは切り捨ててしまう。

人間の扱いも同じだと思います。法隆寺が千年の歴史を保っているのも、

みな癖木を上手に使って建築しているのです」

との一節あり。

 

LINEで送る

これでは健康になれない

多くの人が使う施設で喫煙を規制する改正健康増進法が成立しましたが、
対象範囲についてはいろいろと駆け引きがあるようです。
本来の改正法は、望まない受動喫煙をなくすことが目的のハズなので
原点に戻れば答えは簡単なハズ。

そもそもタバコの煙には3つの種類があります。
①    主流煙:喫煙者が直接タバコから吸い込む煙
②    副流煙:火をつけたタバコの先端から立ち上る煙(受動喫煙の対象)
③    呼出煙(こしゅつえん):喫煙者が鼻や口から吐き出す煙(受動喫煙の対象)

そして受動喫煙で吸い込む②副流煙は、①主流煙よりも強い毒性を持っているのが問題。

副流煙に含まれるニコチン、タール、一酸化炭素が主流煙の約3~5倍。アンモニア、ホルムアルデヒド等強い発がん性があるニトロソアミンにいたっては、主流煙の約50倍にもなるそうです。

近年、多くの企業は、屋内に喫煙ルームを設けて分煙対策を行っています。しかし、分煙だけでは、タバコの健康被害をゼロにすることはできません。
タバコを吸い終わったあとも、喫煙者の髪の毛や衣服にはタバコの粒子やタバコに含まれる有害物質が付着しています。また、タバコを吸った人の呼気(吐く息)には大量のガス状物質が含まれ、喫煙の影響がなくなるまでに45分は必要とされています。その有害物質が空気中の化学物質と反応して揮発する発がん性物質を吸い込むことを、「三次喫煙」といいますが、三次喫煙も、タバコを吸わない人がタバコによって健康被害を受ける原因のひとつです。

結果的にタバコを吸わない人の健康を守るためには、分煙ではなく禁煙する以外に方法はありません。

厚生労働省が平成27年に発表した調査によると、受動喫煙対策に取り組んでいると回答した企業は、全体の87.6%、建物の内部をすべて禁煙にしている企業も約38.1%、建物内部を含む自社敷地内すべてを禁煙にしている企業は15.2%でした。

ちなみに健康住宅に取組んでいる弊社では全社員が禁煙者です。私は禁煙してから31年経ちますが、社員やパートさんも喫煙者だった人は入社後タバコを止めました。健康住宅をつくる工務店としてこれからも『本当の健康住宅』に向き合ってまいります。

LINEで送る

春の使者

数ある春の使者の中で、当社に一番乗り(?)でやってきたのはスピードがうりのツバメでした。先ずは一羽で(雄か雌か不明)飛来しましたが、昨年と様子が違うせいか少々困惑気味。実は去年の営巣場所は只今工事中!

 

 

 

ツバメの巣は皆さんご存じの様に人が暮らす近くに作りますが人が危害を加えないと知っていて他の動物に狙われない為の対策です。庇の下、軒下は雨漏れ対策、そして巣と軒との天井高さ(?)も上部から狙われない為の安心安全対策。

昨年は巣台と天井との距離が高すぎたのでなかなか巣を作らなかったのですが大林大工さん作成オリジナルプランターBOXをベッドにしたところ心地よい高さになった為か一気に巣作りを始めました。


会社の眼前が田園地帯なので餌が豊富で子育てに適した環境なのでしょう。


日本では古来より『住まい』の意味で『巣まい』の文字を使った文章が有るとか。住宅建築会社にやってきてオンリーワンの『巣まい』をつくり、確かな子育て(昨年は2度産卵し合計10羽が巣立ちしました)をするとは・・・なんともシャレのきいたツバメペアです。 


ちなみにツバメの世界では先に到着した方は去年のペアをしばらく待っていてどうしても来ないときは諦めて他のペアを探すそうです。白鳥、アホウドリ、鶴、ペンギン、猛禽類等は一生同じペアだそうですがオシドリなどのカモ類などは毎年ペアが変わるそうでよ。
LINEで送る

やっと 『初詣』

少し(?)遅くなりましたが、初詣に行ってきました。

神社は香取市の香取神宮。

 

本殿

香取神宮の歴史はとっても古いらしく境内も広くて、まさに鎮守の森そのもの。

マイナスイオンたっぷりの清涼な空気の中、清々しい気持ちになりました。

本殿にて拝礼していたところ、気になる看板を発見。

調べてみると歴史を数える暦は現在の日本では、西暦(キリストの生誕)

和暦(元号)が一般的ですが、戦前までは皇紀(初代の神武天皇が即位)も

使用されていたとのことです。

ちなみに世界では、仏歴、イスラム歴、ユダヤ歴などいろいろあるみたいですね。

LINEで送る

住まいとことわざ

適材適所  てきざいてきしょ

現在は「人の能力・特性などを正しく評価して、ふさわしい地位・仕事につけること」
などとよく使われますが、本来は大工が木材を使う時に生まれた言葉です。

伝統的な日本家屋や寺社などの建築現場での木材の使い分けがその語源で、
”適材適所”の材とは木材のこと。例えば土台には腐りにくい耐久性の高い桧(ひのき)を、内装の一部になる柱には木目の美しくやさしい肌合いの杉(すぎ)を、また
屋根や2階以上の重量を支える梁には強靭な松(まつ)をといった具合。

法隆寺の宮大工棟梁であった故西岡常一さんは、次のように言われています。
「木の育つ場所によって、峠の木は強いし、中腹の木は丁度いいし、谷の木はやわらかい。東面、西面、北面、南面の木もみな性格が違います。これは北側に生えていたからやわらかい、これは南側の日の当たるところで育ったので非常に硬い。
このように山の木にもそれぞれの性質がある、それを適材適所に使うことによって、
能力を発揮するのです。」

ちなみに「きりきり舞い」という言葉がありますがこれは箪笥(たんす)に使う木材の
桐(きり)のことではなく、大工道具のキリのように回転するところから「きりきり舞い」
とも呼ばれていたそうです。

【法隆寺】

 

LINEで送る

私の好きな言葉

 

私の好きな言葉から

 

作家 井上ひさし の言葉より 

 
その1          

むずかしいことをやさしく

 

やさしいことをふかく

 

ふかいことをおもしろく

 

おもしろいことをまじめに

 

まじめなことをゆかいに

 

そしてゆかいなことをいっそうゆかいに

 

 その2

 

一番大事なことは、

 

自分にしか書けないことを、

 

誰にでもわかる文章で書くということ。

 

 

〝伝える〟ということは単に文章だけに留まらずどんな分野や領域でも追求しているもの。

複雑に難しく語り又、専門用語を多用して聞き手を惑わせるのは自分を利口に見せたい自己満足から。

 

シンプルに考えれば意外と簡単なことも多いもの。

 
我社はこれから住まう家族の幸せな暮らし方を伝え、そして造るのが〝志事〟(しごと)

スケッチ、イメージ、模型、データ、図面、文章等でそれぞれのシーンをそこに住まわれる全ての方に『易しく』『深く』『面白く』『真面目に』『愉快に』伝えて行きたいと考えます。

 

LINEで送る

木の家を五感で感じるイベント参加申込み
自然素材の心地良さを体感できる展示場見学申込み
自然素材を活かした家づくりの資料請求
リフォームお問い合わせ
耐震診断お申込み
おすすめ土地情報
木の家を五感で感じるイベント参加申込み 自然素材の心地良さを体感できる展示場見学申込み 自然素材を活かした家づくりの資料請求
木の家を五感で感じるイベント参加申込み 自然素材の心地良さを体感できる展示場見学申込み 自然素材を活かした家づくりの資料請求 電話でのお問い合わせ