おしゃれな家の代名詞ともいえるガレージハウスのメリットとデメリット

ガレージハウスという言葉を聞くと、おしゃれなイメージを持つ方も多いかもしれません。また車が必要な郊外で暮らすためには車を停めるスペースが必要なので、一戸建てとガレージが一体となったガレージハウスは理に適った設計だといえるかもしれません。そんなガレージハウスのメリットとデメリット、おしゃれなガレージハウスにするためのポイントをご紹介します。

 

ガレージハウスとは

ガレージハウスとは、車庫と一体化した家のこと。一般的には1階部分にガレージ、2階以上を生活スペースにすることが多いですが、郊外のように広い土地を確保できる場合は家とガレージを横並びに併設することもあります。駐車場を確保するのが難しい都心部で選ばれることの多い住宅形式ですが、郊外でもおしゃれで魅力的な家にすることができます。

 

ガレージハウスのメリット

ガレージと家を一体化させたガレージハウスにはおしゃれなイメージがありますが、デザイン性以外にどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

・車の保護

車を大切にしている人にとって、雨ざらしになる屋外の駐車場に停めておくことが嫌だと感じる人もいますよね。屋外の駐車場に停めていると、雨風を浴びることで砂埃による汚れが付着したり、紫外線の影響で色褪せたりすることも。屋根付きの駐車場を設置するという選択肢もありますが、周りを囲われていなければ横殴りの雨は浴びてしまいます。ガレージでは屋根や壁、シャッターなど四方が囲われているので、外部の影響を受けることがほとんどありません。どの程度車を保護したいかによって、ガレージの必要性を考慮してみてください。

 

・乗り降りに便利

屋外の駐車場では車が雨ざらしになってしまうということをご紹介しましたが、もう一つ、雨の日の乗り降りが大変ですよね。特に荷物が多いときやお子様がいるご家庭ではなおさらのこと。大人だけでも雨に濡れながら乗り降りするのは心地よいことではありませんし、濡れたくない荷物を持っていることもあるはず。傘を差してお子様の乗せ下ろしをするとなると、移動だけで疲れてしまいます。そんなときに屋根があって家から直接ガレージに入れるような仕組みになっているだけで、随分楽になることでしょう。今屋外の駐車場に停めているという方は、ガレージハウスになると便利さに驚いてしまうはずです。

 

・防犯面

防犯面でもガレージハウスは有効だといえます。家の周りに塀やフェンスを設置しないオープン外構では開放感のある外観にすることができますが、その一方で車への悪戯や飛来物による衝撃を受ける可能性もあります。家の周りに塀やフェンスを設けるクローズド外構を採用することもできますが、建物に使用できる敷地が狭くなったり閉鎖感が出たりすることも。その点で、ガレージハウスは車に関する防犯性が高い上にガレージ以外の外構で開放感を出すこともできるバランスの取れた選択だといえます。

 

ガレージハウスのデメリット

車を保護できたり乗り降りが便利だったり、防犯面で安心だったりと、機能的な面が多いことが分かりましたが、もちろんデメリットもありますので事前に把握しておきましょう。

 

・居住スペースが限られる

ガレージハウスはインナーガレージと呼ばれることもあり、家の中にガレージがあるような状態です。ガレージ部分も建坪率や容積率の計算に入るため、ガレージの分だけ居住スペースが狭くなってしまうことを頭に入れておく必要があります。都心部では2階建てではなく3階建てに、郊外では広い敷地面積を確保するか建物に高さを出すかといった選択肢を取ることで居住スペースを増やすことができます。土地が十分に確保できる場合はデメリットとならないかもしれませんが、設計に無理が出てくることのないような配慮が必要です。

 

・ガレージに合わせた車選びになる

ガレージハウスを一度建ててしまうと、ガレージの大きさを超える車に乗り換えることができません。ガレージのサイズに合わせた車選びになってしまうことにも注意が必要です。家を建ててから家族の人数が増えたり、お子様の送迎で大きな車が必要になったりするような可能性も考えられるのであれば、ガレージのサイズ選びは慎重に行うようにしましょう。

 

・排気ガスや騒音

家の中に車を停めるガレージハウスでは、排気ガスや騒音が気になる方もいるかもしれません。ガレージは閉め切られた屋内なので、排気ガスが家の中に充満してしまうのでは?と気になりますよね。しかし車を停める際にはエンジンを切ってからシャッターを閉めることで、排気ガスがガレージ内にこもるといったことはありません。

 

またエンジン音などの騒音に関しては、夜に車を動かしたり帰宅したりすることが多い場合、ガレージの近くに寝室を配置しないことで対策できます。または防音性の高い壁を使用するなどして対策するようにしましょう。

 

おしゃれなガレージハウスにするために

ガレージハウスは車好きの心をくすぐるだけではなく、実用性も兼ね備えている魅力的な住宅形式だといえます。おしゃれなガレージハウスにするためには、どのようなポイントを意識したら良いのでしょうか。

 

・ガレージの目的を明確にする

一つ目のポイントは、ガレージの目的を明確にすること。家に入り切らない大きなものや趣味のものを「とりあえずガレージに置いておこう」といった思考ではおしゃれなガレージハウスになりません。ガレージは車を停めるための場所を割り切ってシンプルなデザインにするのか、タイヤや車のお手入れ用品などを好みのテイストでディスプレイするのか、趣味のものを並べて個性を出すのか、など事前に想像しておくと統一感を出すことができます。

 

・照明を工夫する

ガレージは目的を決めて統一感を出すことが大切だとご紹介しましたが、照明選びもおしゃれさに大きく関わってきます。そもそもガレージは安全に車を停めるため、安全に車に乗り降りするために照明は必要です。ガレージの照明選びでは、明るさとデザイン性に注目しましょう。一般的には天井に取り付けるシーリングライトか、天井に埋め込むダウンライト。暗い中でも作業できるようなスポットライトやブラケットを設置しても良いでしょう。色は青みがかった蛍光灯のようなものを選ぶよりも、暖色系の温かい色味の方がおすすめです。

 

・好きなものを並べる

ガレージハウスは車を停める場所としてはもちろん、趣味のグッズや好きなものを並べる空間としての使い方も多いようです。車用品やアウトドア用品、観葉植物、子供の屋外用おもちゃなどを、デザイン性を考慮しながら並べることでおしゃれな空間にすることができます。

 

まとめ

ガレージハウスはおしゃれなイメージが強いですが、デザイン性だけではなく実用性にも優れた魅力的な住宅形式です。メリットとしては、車を外部の影響から守れること、乗り降りに便利であること、防犯性が高いことがあげられます。居住スペースが限られてしまうことやガレージのサイズ、排気ガスや騒音に注意しながらおしゃれなガレージハウスを建ててみてくださいね。

 

日建ホームでは、ガレージハウスだけではなくナチュラルな家づくりを行なっています。家族の思いを大切にしながら安心・納得のプランをご提案させていただきます。千葉県で注文住宅の建築をご検討の際はぜひお気軽にご相談ください。

 

千葉県で土地探しからはじめる家づくりをするなら日建ホームにご相談ください

おそらく一生に一度か二度になるであろう大切な家づくり。人生の一大事業ですので、たくさんの“希望”をお話し下さい。私たち日建ホームは「自分の家をつくるように」お客様の家づくりに真摯に取り組みます。
お約束①自分の家を建てるように心を込めて丁寧につくります。
私たち日建ホームは、千葉県我孫子市を拠点とする地域密着の工務店です。世界で唯一無二のオーダーメイドの家。暮らしの夢や希望を丁寧にヒアリングし、プロの建築技術集団として注文住宅にしかできない住み心地を実現します。
お約束②現場をきれいにします。
家は、ひとつひとつの工程を丁寧に積み重ねて出来上がっていく究極の手仕事。現場をきれいにすることでムリ・ムダ・ムラを排除しスムースに安全に家づくりができます。近隣に配慮し何よりもお施主様に喜んでいただける現場を目指します。
お約束③一生涯のパートナーとしてずっと家をお守りします。
「家」は住み始めることで「住まい」となり、住み始めてからも理想の暮らしの追求は続きます。住み続けることで変化する事柄に、ハウスドクターとして一生涯、何でも相談していただけるよう、いつも、そしてずっと傍らに居続けます。
お約束④「健康快適設計基準」で健康配慮の家をつくります。
「家」と「健康」には密接な関係があります。毎日を過ごす家のデザインや性能が身体的・精神的に大きく影響します。温熱性能(高気密・高断熱・24時間換気)、自然素材、健康配慮の家をつくります。
お約束⑤5つの保証制度で責任をもって保証します。
建設工事総合保証、無料定期点検10年間 、瑕疵担保責任10年間、地盤保証システム20年間、ぽけっと団信 住宅代金保証制度(オプション)で責任をもってお施主様の家をお守りします。