和モダンの家にするためのポイントと注意点|実際の施工事例も

和モダンの家とは、聞いたことがあってもぼんやりとしたイメージしか湧かず、具体的な意味が分からないということもあるかもしれません。昔ながらの日本家屋のような懐かしさを残しつつ、洋風な建築デザインも織り交ぜたテイストのことを和モダンといいます。和モダンの家を作るためのポイントや注意点を知っておきましょう。

 

 

和モダンの家とは

和モダンとは、文字通り「和×モダン」の融合。日本の伝統的な建築様式や昔ながらの日本家屋の懐かしさと、現代的且つ洋風なテイストや最新技術を備えたデザインが織り混ざった住宅のことを和モダンの家といいます。

 

「洋風建築や最新設備にも興味があるけど、和風の落ち着く雰囲気も捨てがたい…」といったイメージがある場合は和モダンがおすすめ。洋風と和風のいいとこどりとも言えるテイストで、プラン次第で和と洋のどちらに寄せていくかも決めることができます。

 

家を建てるとき、どんな雰囲気の家にするのか、テイスト選びに悩むことも多いはず。誰か一人の意見だけで決めるわけにもいきませんが、家族で話し合ってもまとまらないことも。それぞれが妥協できないポイントと譲歩できるポイントを分けて話し合うとスムーズかもしれません。

 

和モダンの家にするためのポイント

和モダンの家は、和と洋の融合的な住宅であることをご紹介しました。和モダンの家にするためには、どのようなポイントに気をつけると良いのでしょうか。

 

・自然素材を使う

和モダンの家では自然素材がよく使われます。自然素材とは、無垢材や漆喰、珪藻土といった素材のこと。化学物質を使っていないものもあれば、機能性を高めるために化学物質が少量含まれていることも。和モダンの家では無垢材や漆喰、珪藻土のようにナチュラルなイメージの素材が使われることで、温かみのある雰囲気を演出することができます。

 

・彩度の低い色やモノトーンを使う

和モダンの家に色を使うとき、彩度の低い色を使うとまとまりが生まれます。和モダンの家でよく使われる素材は畳や漆喰、土壁、竹といった和風なものであることが多いと思いますが、それらに合うのはやはりアースカラーや日本の伝統色。茶色やベージュ、グレー、白、黒、くすんだ緑、えんじ色、藍色など、アースカラーや日本の伝統色の中から選んでみてはいかがでしょうか。

 

・引き戸で「和」の雰囲気を

家の中のどのポイントで和の雰囲気を出すかはさまざまですが、床材や壁材選びで思ったよりも洋風な要素が強くなったな…と感じたときは、引き戸で和の雰囲気を出すことができます。どちらかというと引き戸は和、開き戸は洋の雰囲気があります。引き戸は扉を引き込むスペースこそ必要ですが、開き幅を気にしなくて良いので開け閉めの際にストレスを感じることもありません。和の要素を入れるポイントに迷っている場合は、引き戸の採用を検討してみてください。

 

・照明

家の雰囲気を決める大きな要素ともいえるのが照明。和モダンの家にしたい場合は、竹や和紙、和ひもなどを使った照明を天井から吊るすと手軽にグッと雰囲気を上げることができます。照明スタンドや間接照明、ペンダントライトなど、好みのデザインのものを選んでみてください。洋の要素を強めたい場合は、マットな質感の照明や黒で引き締めてみるのもおすすめです。照明の色は青みがかった蛍光灯のようなものではなく、暖色系の灯りを選ぶようにしましょう。

 

・ウッドデッキ

日本家屋のウッドデッキ的な存在といえば縁側ですよね。和モダンの家では、縁側とウッドデッキを融合させたような外の空間を作るのがおすすめ。緑いっぱいの中庭に向かってL字型に広々とした縁側、リビングから一続きになって庭を眺められるようなウッドデッキ、中庭にウッドデッキを敷き詰めた空間など、家族の要望に合わせて外の空間を楽しんでみてください。

 

和モダンの家での注意点

和モダンな家にするためのポイントをご紹介してきましたが、実際に和モダンの家を建てる際には注意点も知っておきましょう。

 

・土壁を使用する場合

和モダンな雰囲気を出すために土壁を使用することもあるかもしれません。土壁は和モダンにぴったりの素材ですが、年数が経つにつれて乾燥してひび割れたり土が落ちてきたりすることがあります。塗り壁の一種である土壁はさまざまな効果がある性能の高い壁なので、効果を発揮するためにも美観の維持をするためにも定期的に塗り直しなどのメンテナンスを行うようにしましょう。

 

・プライバシーの確保

和モダンな家では襖や障子で部屋を仕切ることもあります。洋風な要素が強い場合は扉や引き戸などを使用することもあるかもしれませんが、和風の襖や障子を採用する際はプライバシーの確保に注意が必要です。襖や障子はドアと比べて音漏れしやすく明かりが漏れてしまうことも。

 

空間同士をしっかり区切ってしまうのは好きじゃないという場合でも、プライバシーを確保したい空間では扉選びや防音性に注意するようにしましょう。

 

・家具の色合い

和モダンな家にするためには、家具選びも重要です。和モダンの「和」な雰囲気に合わせて、原色などのカラフルな家具ではなく落ち着いた色味の家具を選ぶのがおすすめです。もし赤や緑といったビビットな色が好きで取り入れたいということがあれば、少しくすんだえんじ色やウグイス色などを選んでみてはいかがでしょうか。和な雰囲気の中でいいアクセントになるかもしれません。

 

和モダンの家の施工事例

和モダンの家にするためのポイントや注意点をご紹介してきましたが、実際の施工事例を見てイメージを膨らませてみてください。

 

・アウトドアダイニングのある家

広々としたウッドデッキが印象的なこちらの事例。ご飯を食べたり本を食べたり、夜空を眺めたりと、家族で特別な時間を過ごすことができます。

日当たりの良いリビングでは、障子をすり抜けて日差しが降り注ぎ、自然素材と相俟ってより温かみのある空間に。

床や天井などに無垢材がふんだんに使われており、ところどころには和の雰囲気もある素敵な和モダンの家となっています。

 

実際の施工事例はこちら

 

 

・骨組みの見える家

リビングからデッキの方を眺めると、目の前には田園風景が広がる豊かな暮らし。自然を感じながら家で過ごすだけで癒されるような家が完成しました。

窓の方からリビング側を見ると、奥には障子で仕切られた空間があります。障子や木材の仕切りは和の落ち着いた雰囲気を演出してくれますよね。

無垢材の床と相性の良い色の家具を選ぶことで、家全体に統一感が生まれています。

 

実際の施工事例はこちら

 

 

・心地よい居心地の家

奥に見えるのは小上がりの和室。LDKに小上がりの和室が併設されているこちらのおうちでは、家族同士でも、お友達との集まりでも、心地よい距離を保ちつつ気持ちよく過ごせるような空間になっています。

和室の円卓が懐かしい和の雰囲気を醸し出しており、お客様もついくつろいでしまうような空間なのではないでしょうか。

リビングからキッチンの方を見ると洋風な雰囲気もあり、まさに和モダン。自然素材と洋風なデザインの融合が素敵です。

 

実際の施工事例はこちら

 

まとめ

和モダンの家とは、和と洋を融合させたテイストのこと。昔ながらの懐かしい雰囲気と、洋風のモダンな雰囲気を合わせた和モダンは、最新設備の整った機能性がありつつ温かみもある魅力的なテイストです。日建ホームでは、和モダンをはじめとする温かみのある家の設計を行なっております。千葉県で注文住宅の建築をご検討の際はぜひお気軽にご相談ください。

 

千葉県で土地探しからはじめる家づくりをするなら日建ホームにご相談ください

おそらく一生に一度か二度になるであろう大切な家づくり。人生の一大事業ですので、たくさんの“希望”をお話し下さい。私たち日建ホームは「自分の家をつくるように」お客様の家づくりに真摯に取り組みます。
お約束①自分の家を建てるように心を込めて丁寧につくります。
私たち日建ホームは、千葉県我孫子市を拠点とする地域密着の工務店です。世界で唯一無二のオーダーメイドの家。暮らしの夢や希望を丁寧にヒアリングし、プロの建築技術集団として注文住宅にしかできない住み心地を実現します。
お約束②現場をきれいにします。
家は、ひとつひとつの工程を丁寧に積み重ねて出来上がっていく究極の手仕事。現場をきれいにすることでムリ・ムダ・ムラを排除しスムースに安全に家づくりができます。近隣に配慮し何よりもお施主様に喜んでいただける現場を目指します。
お約束③一生涯のパートナーとしてずっと家をお守りします。
「家」は住み始めることで「住まい」となり、住み始めてからも理想の暮らしの追求は続きます。住み続けることで変化する事柄に、ハウスドクターとして一生涯、何でも相談していただけるよう、いつも、そしてずっと傍らに居続けます。
お約束④「健康快適設計基準」で健康配慮の家をつくります。
「家」と「健康」には密接な関係があります。毎日を過ごす家のデザインや性能が身体的・精神的に大きく影響します。温熱性能(高気密・高断熱・24時間換気)、自然素材、健康配慮の家をつくります。
お約束⑤5つの保証制度で責任をもって保証します。
建設工事総合保証、無料定期点検10年間 、瑕疵担保責任10年間、地盤保証システム20年間、ぽけっと団信 住宅代金保証制度(オプション)で責任をもってお施主様の家をお守りします。