玄関アプローチはお家の第一印象を決める。
デザインのポイントや事例を紹介

外観

家の第一印象を決める要素は、外観や内玄関など色々ありますが、その中でも訪問してきた人の印象を左右するのが「玄関アプローチ」です。せっかく室内がおしゃれでも、道路から玄関までのアプローチ部分がデザインされていないと台無しになってしまいます。

そこで、今回は玄関アプローチを作るときのポイントや必要な機能、施工事例を紹介します。夢のマイホームを考える際にはどうしても室内が優先されてしまいますが、ぜひ本コラムの内容を参考に、使いやすくて素敵な玄関アプローチの家にしましょう。

このコラムのポイント
・玄関アプローチは家を訪れた人への第一印象を左右する
・プランニングの際は、実用性・安全性・防犯性・デザイン性を考慮しなくてはいけない



お家の印象は玄関アプローチで決まる?

ナチュラルテイストの外観が裏の森林とマッチします

そもそも「アプローチ」とは、“接近すること”や、“(ある場所に至るまでの)小道”という意味があります。住宅においては前面道路から玄関ドアまでのアクセス経路を指し、そのデザインや使う素材によって利便性に大きく影響します。

特に、前庭があるなど敷地に余裕がある家の場合には、エクステリアデザインを構成する大きな要素となり、玄関アプローチ + 駐車場・駐輪場 + 庭をトータルデザインすることで、家全体が洗練されたおしゃれな印象になります。つまり、玄関アプローチを考える際はアクセスのしやすやだけではなく、家のファサード(建築物正面部のデザイン)を決めるポイントなのです。



アプローチデザインのポイントは?

タイルデッキ 日建ホーム
休日は家庭菜園やBBQしたり、タイルデッキで寛げる憩いのスペース

では、玄関アプローチについて検討する際に、どのようなポイントを抑えればよいのでしょうか?私たち建築会社や設計士は、敷地が決まったら4つのポイントに留意してプランニングを進めます。

ポイント①  実用性・家や駐車場への動線

まず、第一に検討しなくてはいけない点「実用性」です。敷地によって、前面道路・家・駐車場の位置関係や傾斜は異なりますし、住む方の家族構成によって自動車や自転車の台数や、庭の有無は変わります。それらを検討した上で、出来るだけ無駄のない動線を作らなくてはいけません。また、前面道路と土地に高低差がある場合は、建築基準法に則ったステップやスロープを配する必要があります。

ポイント② 安全性・バリアフリー

大体のアクセス動線が固まったら、次に安全性やバリアフリーについて検討します。住む方の家族構成によってはスロープや手すりを設置しなくてはいけなかったり、土地の性質によっては水はけや地面の透水性も考慮しなくてはいけません。せっかく素敵なデザインでも、防滑処理がされていなければ、生活し始めて怪我してしまう恐れもあるため、注意しましょう。また、雑草が生えにくくなるようにあらかじめ防草処理をしておくことも、アプローチの安全性を確保する上で肝心です。

ポイント③ 防犯性

アクセスしやすく、滑りにくいなどの配慮がされていても、それだけでは十分ではありません。前面道路を行き交う人の視線にも配慮が必要です。あまりに直線的ですと玄関が丸見えになってしまいます。また、留守だということが外から見て分かりやすく、道路から不審者が素早く侵入できてしまうため、防犯的観点からもリスクが上がります。そのため、防犯を特に意識する場合には、敢えてアプローチにカーブを設け距離を確保したり、死角を作らないようにすることがポイントです。

ポイント④ デザイン性

ある程度のアプローチが決まったら、最後にデザインについて考えます。植栽計画や使用する素材、フェンスや門柱とのバランスなど、玄関アプローチデザインには様々な要素が欠かせません。また、家の外壁色とのコーディネートも必要なので、建築会社などに相談してパース(外観図)を作成してもらいましょう。最近は、枕木やヴィンテージレンガなどを取り入れるのがトレンドです。



玄関アプローチに必要な設備とは?

外観 平屋 日建ホーム
広々とした敷地に建つ、おしゃれなツートンの外観

玄関アプローチを使いやすくおしゃれにするには、実用性・安全性・防犯性・デザイン性を十分に考慮しなくてはいけません。では、具体的にはどのような設備が必要なのでしょうか?ここでは、アプローチに必要なアイテムを紹介します。


門柱門扉

まず、敷地の入り口には門柱を設置しましょう。最近はエクステリア商品の各メーカーより、デザインや機能を選べる「機能門柱」が数多く販売されていますし、外壁の素材と合わせて造作することも可能です。門柱には、インターホン・表札・ポスト・照明器具などを効率良くまとめて設置できます。また、フェンスで敷地を囲みたい場合には、門扉も必要です。

ポスト・宅配ボックス

最近はポストだけではなく、戸建て用宅配ボックスを設置するお宅が急増しています。その最も大きな原因が新型コロナウイルス拡大で、極力配達業者との接触を減らしたい方が増えているためです。国としても設置を推奨しており、ここ数年は宅配ボックス設置に関する様々な支援策を設けています。様々なサイズや価格の商品があり、ニーズに合わせたものを設置することが可能です。

〈関連ページ〉
下記サイトでは、宅配ボックス設置に関する支援策一覧がご覧いただけます。
国土交通省|国土交通省における宅配ボックス設置に関する支援策等一覧

外灯

玄関アプローチには、要所要所にエクステリアライトが必要となります。防犯性や安全性の観点からも、最低でも以下の照明器具を設置するようにしましょう。

  • 門柱灯や表札灯
  • 小道のスタンドライトやポールライト
  • 玄関ポーチのブラケットライトやダウンライト、シーリングライトなど


これらの灯が連なることで、足元を安全に照らし防犯性も確保できます。さらに防犯性を高めたかったり、省エネにしたい場合には、人感センサーや明暗センサー付きの器具を選ぶと良いでしょう。

ルーフ・パーゴラなど

日差しや雨が気になる方は、アプローチ部分にも適宜ルーフやパーゴラ(藤棚)を設けましょう。玄関まで傘をささずにアクセスできたり、室内に入る日差しを適度にブロックしてくれます。ただし、場所によっては玄関が暗くなり、台風時には転倒や倒壊の可能性が出てしまう恐れもあります。設置する際は、方角や建物との位置関係に十分気をつけてプランニングしましょう。



施工事例

私たち日建ホームでは、敷地の特性を活かした機能的でスタイリッシュな玄関アプローチ数多く手がけてきました。ここではその一部を紹介します。

空中テラスのある家

スタイリッシュな外観 日建ホーム
アイストップに植栽や照明で和みをつくる、スタイリッシュな外観

こちらは、駐車場脇を通るレイアウトのアプローチです。建物の前でL字に曲がることで距離を確保し、シンプルすぎず高級感のある印象に仕上げました。ところどころ植栽を配置することで、デザイン性を高めるだけではなくナチュラルな雰囲気も出ています。

庭 日建ホーム
建替え前の既存の植栽を活かした眺めのいい素敵なお庭

前面道路からまっすぐ歩いて曲がった所には、前庭を配置。豊かな植栽が来る人を出迎えてくれます。また、アプローチと前庭を砂利敷きにすること、不審者が入ってきた際には足音が鳴るため、防犯対策にもなります。

〈事例の詳細は下記ページをご覧ください〉
日建ホーム|施工事例|空中テラスのある家

アウトドアダイニングの ある家

こちらはアプローチが短いながらも施主様のこだわりを感じる事例です。高低差を利用した敷石のステップや、全体的に植えられた植栽がなんとも可愛らしい印象です。建物外壁と門柱をウッドパネル張りで統一することで、全体的なバランスを取っています。

ステップとは別に前面道路から緩やかに玄関までつながるスロープを設けて、二方向からのアクセスも可能。住民の方と来客の方の動線を分けています。また、庭スペースとも一体化しているため、敷地を無駄なく活用でき広々として開放的な印象です。

〈事例の詳細は下記ページをご覧ください〉
日建ホーム|施工事例|アウトドアリビングのある家

自然とクラス薪ストーブのある家

玄関
木のポスト

こちらはアプローチに大胆な敷石風のモルタルパネルを用いた事例です。外壁と同じ杉板を張った門柱が通りから見た時にインパクトを与えてくれます。アプローチを進んだ先の玄関ポーチにはシンボルツリーと日光取りのための開口「光の井戸」を設置。シンプルながらも細かく計算されたデザインです。

〈事例の詳細は下記ページをご覧ください〉
日建ホーム|施工事例|自然と暮らす薪ストーブのある家



庭などを含めたエクステリアのトータルデザインも重要

家の印象を大きく左右する玄関アプローチですが、その他外観を構成するフェンスやカーポート、ウッドデッキなどとのトータルコーディネートも欠かせません。しかし、実は新築住宅メーカーの中には「エクステリアはできない」「専門業者に別途依頼してください」という会社も少なくありません。また、デザインを決める際も素材のサンプルやカタログの写真だけでは、どうしてもイメージが湧きにくいでしょう。

私たち日建ホームでは、設計士やコーディネーターがパースを元に丁寧にエクステリアデザインをご提案します。敷地をフル活用し、おしゃれで機能的な住まいを作りたい方は、ぜひお気軽にご相談ください。



まとめ|アプローチデザインで家の印象が変わります

今回は、玄関アプローチについてプランニングの際に検討すべき点や、必要な設備、施工事例について詳しくお話しました。多くの方がマイホームへ様々な理想をお持ちですが、どうしても室内にばかり注力して玄関アプローチなどのエクステリアデザインについて、あまり考えない方もいるでしょう。しかし、アプローチデザインは来訪者がまず目にする部分であるため、その家の印象に大きく影響します。私たち日建ホームでは建築士やコーディネーターなどの専門家がエクステリアのトータルコーディネートをご提案します。ぜひお気軽にご相談ください。



千葉県で家の玄関アプローチにこだわりたい方は日建ホームへご相談ください

おそらく一生に一度か二度になるであろう大切な家づくり。人生の一大事業ですので、たくさんの“希望”をお話し下さい。私たち日建ホームは「自分の家をつくるように」お客様の家づくりに真摯に取り組みます。

お約束①自分の家を建てるように心を込めて丁寧につくります。
私たち日建ホームは、千葉県我孫子市を拠点とする地域密着の工務店です。世界で唯一無二のオーダーメイドの家。暮らしの夢や希望を丁寧にヒアリングし、プロの建築技術集団として注文住宅にしかできない住み心地を実現します。

お約束②現場をきれいにします。
家は、ひとつひとつの工程を丁寧に積み重ねて出来上がっていく究極の手仕事。現場をきれいにすることでムリ・ムダ・ムラを排除しスムースに安全に家づくりができます。近隣に配慮し何よりもお施主様に喜んでいただける現場を目指します。

お約束③一生涯のパートナーとしてずっと家をお守りします。
「家」は住み始めることで「住まい」となり、住み始めてからも理想の暮らしの追求は続きます。住み続けることで変化する事柄に、ハウスドクターとして一生涯、何でも相談していただけるよう、いつも、そしてずっと傍らに居続けます。

お約束④「健康快適設計基準」で健康配慮の家をつくります。
「家」と「健康」には密接な関係があります。毎日を過ごす家のデザインや性能が身体的・精神的に大きく影響します。温熱性能(高気密・高断熱・24時間換気)、自然素材、健康配慮の家をつくります。

お約束⑤5つの保証制度で責任をもって保証します。
建設工事総合保証、無料定期点検10年間 、瑕疵担保責任10年間、地盤保証システム20年間、ぽけっと団信 住宅代金保証制度(オプション)で責任をもってお施主様の家をお守りします。



モデルハウスや展示場で家づくりを体感しよう

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: b4e48bbde01bf1767ac571bc50bb79b8.jpg

見学予約受付中

じっくり体感していただくために、モデルハウス見学は予約制にて承っております。見学をご希望される方は、お電話または下記ページのご予約フォームからお申し込みください。

TEL:04-7188-5222
日建ホーム株式会社
 

著者情報

日建ホーム編集部

日建ホーム編集部

私たち日建ホームは「自分の家をつくるように」という気持ちで親身になって寄り添いながらお客様の家づくりに真摯に取り組んでまいります。
一級建築士・一級施工管理技士・耐震診断士・宅建士・福祉住環境コーディネーターのいる建築プロ集団です。

詳しいプロフィールはこちら
FacebookTwitterInstagramYouTubepinterest