間接照明の効果的な使い方とは?
メリットや空間別の活用方法・器具の種類を徹底解説

室内の明るさを確保するためには色々な手法がありますが、その中でも人気が高くデザイン性に優れているのが「間接照明」です。そこで、今回は間接照明についてメリットやデメリット、適した空間アイデア、器具の種類について解説します。照明計画によってお部屋の印象はガラリと変わりますので、新築やリノベーションを計画中の方は、是非参考にしてください。

このコラムのポイント
・間接照明は、数と位置によって、メイン照明にもサブ照明にもなる。
・空間の用途にあった器具を選ぶのがポイント。
・「折り下げ天井」も間接照明を活かしたい場合におすすめ。




間接照明の定義とは?メリット・デメリットはある?

二階リビング 日建ホーム

「間接照明」とは、その名の通り光源から間接的に光が放たれる手法のことで、天井・壁・床に光を反射させて周囲を照らします。反意語として「直接照明」がありますが、こちらは照らされる場所から光源が直接見えるような照明器具を指します。

では、間接照明のメリット・デメリットはどのような点でしょうか?

メリット

メリットは主に下の4点です。

  • 光が均一に広がり、柔らかい印象になる
  • 視線を集めたい場所をさりげなく強調できる
  • 照明器具が直接見えないため、シンプルでおしゃれな空間になる
  • あかりのグラデーションが生まれ、奥行き感が出る


まず、間接照明は天井・壁などに光を反射させて空間を明るくするため、光が直線的でなく平面的に広がります。ですから、目が疲れにくく柔らかい印象になります。また、ギャラリーなど視線を集めたい場合にも効果的で、スポットライトを壁面に当てることで、目立たせたい場所を強調することが可能です。

そして、照明器具はデザインによっては生活感が出てしまうアイテムですが、間接照明なら器具が直接見えないため、シンプルで洗練された雰囲気を演出できます。明かりの広がりによって空間に濃淡が生まれ、単調ではない趣のある印象になることもメリットです。

デメリット

メリットの多い間接照明にも、採用する前に知っておくべき注意点があります。

  • 取り付け場所によっては掃除や電球交換がしにくい
  • 作業部屋や勉強部屋など十分な明るさが必要な場合には不向き
  • 直接照明よりも施工費がかかる


まず、器具が直接見えないように納めると、器具の掃除や電球の取り替えが困難な場合もあります。しかし、近年LED電球が普及しており、長期間ランプ交換が不要になってきています。また、壁付けのブラケットライトやスポットライトであれば、器具が露出するため掃除も簡単です。

そして、間接照明は柔らかく広がりのある明かりが特徴であるため、手元を明るく照らしたい場合や部屋全体を煌々と明るくしたい場合にはあまりおすすめできません。部屋の用途によって、間接照明と直接照明を併用すると良いでしょう。

そして、最も注意すべき点は「直接照明と比べると施工費が高い」という点です。全ての場合に当てはまる訳ではありませんが、天井や壁を細工して器具を隠す場合などには、電気工事のほかに木工事や内装工事が必要になります。ただし、その分意匠性が高まるため、デザインにこだわりたい方は、ぜひ間接照明を検討してみてください。




間接照明に適した空間とは?空間別にポイントを紹介

柔らかい光とデザイン性の高さが魅力な間接照明ですが、では具体的にはどのような空間に取り入れれば良いのでしょうか?ここでは、空間別に間接照明を取り入れる利点やポイントについてお話しします。

リビング

LDK 日建ホーム

間接照明は空間全体を優しく照らしたい場合に最も適した手法です。ですから、家族がくつろぐリビングなどには積極的に取り入れましょう。リビングの一角に書斎スペースなどの作業エリアを設ける場合には、手元を照らす直接照明と併用するのがおすすめ。テレビ裏に間接照明を設置すれば、目への負担も軽減できます。

〈物件の詳細は下記ページをご覧ください〉
日建ホーム|施工事例|ワークスペースのある全館空調の家

玄関

玄関 日建ホーム

玄関は来訪者を最初に出迎える場所であるため、雰囲気作りは大切です。間接照明を各所に設置すれば、光で自然と奥の部屋へ誘う演出ができます。また、玄関框(玄関の上がり口)にフットライトを使えば、足元を効率的に照らすことも可能です。直接照明と比べると照度を抑えられるため、土間の細かい汚れやホコリ・チリが目立ちにくい効果もあります。

〈物件の詳細は下記ページをご覧ください〉
日建ホーム|施工事例|空中テラスのある家

トイレ・洗面室

階段下 トイレ 日建ホーム

柔らかく優しい光は、リラック効果が得られるというメリットもあります。最低限の光量さえあればよいトイレなどには、ぜひ間接照明を取り入れてみましょう。直接的な強い明かりとは異なり、居心地の良い癒しの場所に変わります。また、狭く圧迫感のある場所にも、器具本体の存在が感じにくい間接照明はぴったりです。

〈物件の詳細は下記ページをご覧ください〉
日建ホーム|施工事例|ワークスペースのある全館空調の家


廊下・階段

廊下や階段室も、トイレなどと同様に狭く圧迫感を感じやすい場所です。ですから、器具の存在感が少ない間接照明はやはりおすすめです。フットライトやブラケットライトを利用すれば、移動に十分な照度は確保できますし、少々掃除が行き届いていなくてもあまり気になりません。さらに、光の自然なグラデーションにより、細長い空間が強調されてより奥行き感が増します。

〈物件の詳細は下記ページをご覧ください〉
日建ホーム|施工事例|子ども達とのびのび暮らす 幸せの平屋


寝室

畳 主寝室

体をゆっくりと休めたり、スムーズに入眠することが目的である主寝室にも、間接照明はおすすめです。柔らかい光が緩やかに睡眠へと導いてくれます。寝室に取り入れる際には、あまり光量を多くしすぎずに少々薄暗いと感じる程度にしましょう。そうしておけば、ライトを点けたままで寝ることもできますし、夜中起きてトイレなどに行く際もいちいち他の照明器具を点ける必要はありません。

〈物件の詳細は下記ページをご覧ください〉
日建ホーム|施工事例|子ども達とのびのび暮らす 幸せの平屋




間接照明の種類は?

「間接照明」と言っても、その器具にはいくつかの種類があります。設置する場所や目的によって、これらを使い分けたり併用したりしましょう。

〈ブラケットライト〉
ブラケットライトとは壁などに取り付ける照明器具で、周囲の壁に光を反射させて使えば、間接的な明かりが生まれます。天井に十分な高さがない場合や、インテリアにアクセントが欲しい場合におすすめです。

 


〈スポットライト〉
スポットライトは直接的に空間や物を照らすイメージがあるかもしれませんが、壁に光を当てて反射させることで、明かりが和らぎます。空間全体を照らすというよりも、何か際立たせたい部分を照らす目的で使いましょう。


〈ダウンライト〉
通常、ダウンライトは器具下を直接照らしますが、商品によってはランプの角度を変えられるものもあります。そちらを使えば、間接的な明かりを演出することも可能です。また、角度調節ができない機種でも、壁際に近い場所に設置すれば、間接照明として使えます。最も大きなメリットは、器具が天井に埋め込まれるという点で、天井高が低い部屋などにおすすめです。


〈ラインライト〉
棒状の長い照明器具で、細工した天井や玄関框下など完全に照明器具が見えない場所に設置します。ライン状に横長の光が放出されるため、ある程度広い部屋でもメイン照明としても使えますし、足元に設置すればフットライトとしてもきれいです。ただし、ランプ交換はできず本体ごとの取り替えとなります。


〈スタンドライト・フロアライト〉
取り付け施工費が不要な置き型の照明器具です。床に置くタイプと、テーブルなどの上に置くタイプがあるので、空間に応じて使い分けましょう。シンプルなお部屋のインテリアアイテムとしてぜひ取り入れてみてください。





間接照明は「折り下げ天井」との相性抜群!

間接照明 天井 日建ホーム
板張り天井から優しく照らす間接照明

間接照明と非常に相性がよく、私たち日建ホームの施工事例でも多く登場する手法が「折り下げ天井」です。天井を一部低くして照明の設置スペースを設けることで、ラインライトを取り付けることができ、メイン照明として十分な光量を確保できます。部屋を柔らかい光で照らせるだけではなく、照明器具を全く見せない納まりにできるため、インテリアデザインにこだわる方からとても人気です。リビングなどの広い部屋だけではなく、トイレなどの狭いスペースにも有効なので、お部屋をシンプル・シャープにまとめたい方は、ぜひ検討してみてください。



まとめ|間接照明でワンランク上のインテリアに

今回は、人気の高い間接照明について、メリット・デメリットから空間別のポイント、器具の種類について詳しく解説しました。照明計画はお部屋の印象を左右する大きな要素のうちの一つです。せっかく内装にこだわっても、照明器具次第で一気におしゃれではなくなってしまう可能性もあります。新築・リノベーションの際には、光の量や広がり方、色、器具の納まりなどを十分検討してください。私たち日建ホームでは建築士やコーディネーターなどの専門家が効率的でおしゃれな照明計画をご提案します。ぜひお気軽にご相談ください。



千葉県で間接照明を取り入れた住まいをご検討中の方は日建ホームへご相談ください

おそらく一生に一度か二度になるであろう大切な家づくり。人生の一大事業ですので、たくさんの“希望”をお話し下さい。私たち日建ホームは「自分の家をつくるように」お客様の家づくりに真摯に取り組みます。

お約束①自分の家を建てるように心を込めて丁寧につくります。
私たち日建ホームは、千葉県我孫子市を拠点とする地域密着の工務店です。世界で唯一無二のオーダーメイドの家。暮らしの夢や希望を丁寧にヒアリングし、プロの建築技術集団として注文住宅にしかできない住み心地を実現します。

お約束②現場をきれいにします。
家は、ひとつひとつの工程を丁寧に積み重ねて出来上がっていく究極の手仕事。現場をきれいにすることでムリ・ムダ・ムラを排除しスムースに安全に家づくりができます。近隣に配慮し何よりもお施主様に喜んでいただける現場を目指します。

お約束③一生涯のパートナーとしてずっと家をお守りします。
「家」は住み始めることで「住まい」となり、住み始めてからも理想の暮らしの追求は続きます。住み続けることで変化する事柄に、ハウスドクターとして一生涯、何でも相談していただけるよう、いつも、そしてずっと傍らに居続けます。

お約束④「健康快適設計基準」で健康配慮の家をつくります。
「家」と「健康」には密接な関係があります。毎日を過ごす家のデザインや性能が身体的・精神的に大きく影響します。温熱性能(高気密・高断熱・24時間換気)、自然素材、健康配慮の家をつくります。

お約束⑤5つの保証制度で責任をもって保証します。
建設工事総合保証、無料定期点検10年間 、瑕疵担保責任10年間、地盤保証システム20年間、ぽけっと団信 住宅代金保証制度(オプション)で責任をもってお施主様の家をお守りします。



モデルハウスや展示場で家づくりを体感しよう

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: b4e48bbde01bf1767ac571bc50bb79b8.jpg

見学予約受付中

じっくり体感していただくために、モデルハウス見学は予約制にて承っております。見学をご希望される方は、お電話または下記ページのご予約フォームからお申し込みください。

TEL:04-7188-5222
日建ホーム株式会社

著者情報

日建ホーム編集部

日建ホーム編集部

私たち日建ホームは「自分の家をつくるように」という気持ちで親身になって寄り添いながらお客様の家づくりに真摯に取り組んでまいります。
一級建築士・一級施工管理技士・耐震診断士・宅建士・福祉住環境コーディネーターのいる建築プロ集団です。

詳しいプロフィールはこちら
FacebookTwitterInstagramYouTubepinterest