「窓の外もリビング」世代を越えて愛される木の家

室内空間と庭を、敷地を活かして最大限に確保した、優れた設計が魅力の住まいをアーカイブ。

空間を最大限に活かす工夫が随所に取り入れられている住まいです。天井や床の高さ、窓の大きさを変えることで開放感を楽しめる家に仕上がりました。具体的な設計ポイントは、玄関の天井を低めに設定し、リビングに吹き抜けと大きな窓を設けることで、開放感をマックスにしていることです。さらにウッドデッキとリビングを一体化させたこともポイントです。ダイニングとつながる和室は、あえて一段低くし、地窓を設けることで奥行きを持たせています。こうした設計の工夫により、広がり感を持った住まいを実現しているのです。ほかにも、ふんだんに使った自然素材、家事をラクにする動線など素材や使いやすさにもこだわりを反映しています。また、高低差のある敷地を活かし、大容量の床下収納を設置。床下収納はリビングの造作ソファから出入りできるユニークな設計も魅力となっています。オープンスタイルのダイニング・キッチンは、家族が集まりやすく、団欒の時間をたっぷり持てるはず。優れた設計力で、室内空間と庭を最大限に確保した、世代を越えて愛される価値のある本物の木の家を目指した実例です。

 

フルオープンのサッシでオープンエアを楽しむことができる。内と外をつなぐウッドデッキは、フェンスにより外からの視線を遮り、プライバシーに配慮した。窓の外と室内とのつながりを充分に活かした設計で広がり感を確保

リビングは吹き抜けと壁一面の大きな窓により開放感溢れる空間に。和モダンな障子の奥にあるサッシを開ければ、ウッドデッキが広がっている。TVボードや収納は間取りに合わせて設計。そのため空間デザインを損なうことなく、しっくりと収まっている。大きなまどが空を切り取って、「窓の外もリビング」のように。

リビングから一段下げたモダンな和室は、高低差によってまるで離れのような特別な雰囲気を演出している。琉球畳や地窓を採用した素敵な空間だ

ダイニング・キッチンは自然素材の優しい温もりが魅力。オープンスタイルのため、家族が顔を合わせやすく、団欒の時間を楽しむことができる。吹き抜けから降り注ぐ光の中で、心地よい暮らしを満喫できる

吹き抜け上部にはマルチに活用できるデスクを造作。勉強や調べもの、読書など自由に使えるワーキングカウンターだ。吹き抜けを通して大きな窓からそとの景色を愉しめる

キッチンはスクエアタイルがおしゃれなスッキリしたデザイン。木製の面材をオリジナルで採用。ダイニングに対面式の間取りで、家族との会話も愉しめる

キッチン脇には小窓を設けた家事コーナーを設置。小窓から帰宅した家族の様子がわかる。暮らしに合わせた家事動線を考慮。間取り一つで暮らしの快適性が変わる

小窓を設けた書斎スペース。腰窓と勾配天井がアクセント

エントランスに植栽を美しく配置

室内に明るさと開放感をもたらす特注の窓やウッドデッキが、外観をシンボライズしている

さて、この住まいは日建ホームが第二の展示場としてプロデュースした「こむくの家」。現在はN様ご家族が楽しい暮らしを日々送られています♪

そしていよいよ来年満を持して日建ホーム32年間の集大成である「打ち合わせスペース併設新モデルハウス」が誕生する予定です!すごいスペックとホワイティーな北欧家具の似合う住まいです♪

進化する日建ホームの「家づくり&暮らしづくり」に乞うご期待!!飛躍の2020年はもうすぐ目の前です♪

by coyuka