日建ホーム

資料請求はこちら

我孫子市で注文住宅をつくる工務店スタッフがつづる家づくりブログです

スタッフブログ

厚い断熱材はいいの?

結露は、暖かい空気が急に冷やされたために起こります。結露が起きるとカビなどの
原因となり、健康上にも支障を来します。
結露を防止するためのポイントは、1つは結露しにくい断熱材を使うことです。
断熱材にはいろいろな種類があり、厚さが厚いほうがいい断熱材とはいえませ
ん。
外断熱の場合、断熱材の厚さを薄くする工夫が必要です。
そのためには性能のよい断熱材が必要です。
当社が用いるフェノール断熱材の熱伝導率はλ=0.020(W/m・K)
他社で一般に使われているグラスウール断熱材は0.050(W/m・K)
この熱伝導率は熱の伝わりやすさを示す数値で少ないほうが
性能がいいのです。

当社の断熱材の厚さは屋根40ミリ、外壁35ミリ。
他社が同じ断熱性能をするためには、屋根100ミリ、外壁87.5ミリ以上必要です。
【外断熱(外張り断熱)の家・地熱(地中熱)利用の家・自然素材の家】
 日建ホーム株式会社

LINEで送る

木の家を五感で感じるイベント参加申込み
自然素材の心地良さを体感できる展示場見学申込み
自然素材を活かした家づくりの資料請求
リフォームお問い合わせ
耐震診断お申込み
おすすめ土地情報
木の家を五感で感じるイベント参加申込み 自然素材の心地良さを体感できる展示場見学申込み 自然素材を活かした家づくりの資料請求
木の家を五感で感じるイベント参加申込み 自然素材の心地良さを体感できる展示場見学申込み 自然素材を活かした家づくりの資料請求 電話でのお問い合わせ