シューズインクローゼットはいる?いらない?
メリット・デメリットや施工事例を紹介

玄関

生活スタイルや家族構成の変化に伴って、戸建て住宅の間取りは大きく変化してきています。その中でも、最近当たり前になりつつあるのが、「シューズインクローゼット」です。昔は狭くてごちゃごちゃとした玄関が当たり前でしたが、最近は靴はもちろん汚れたものなどを収納して、玄関をすっきり見せるプランが人気です。

そこで、今回はシューズインクローゼットのメリット・デメリットや、施工事例について解説します。生活感のないすっきりと片付いた家にしたい方や、アウトドアグッズの収納場所にお困りの方は、是非参考にしてください。

このコラムのポイント
・生活感のない常に片付いた家にしたい人におすすめ。
・収納計画次第では、様々なものをしまえる空間になる。
・プランニングの段階で使い方を想定しないと、無駄なスペースになってしまう。





シューズインクローゼットとは?シューズクロークとの違いはある?

シューズインクローク

シューズインクローゼット(S.I.C)は、土足のままで出入りできる収納空間のことで、通常は玄関に併設され、外出時や帰宅時に利用します。似た言葉でシューズクローク(S.I)というこ言葉もありますが、空間の使い方は同じです。どちらも、急に来客があっても困らないように玄関をすっきり片付けたい方に取り入れられます。

プランは大きく分けて二種類あり、それぞれ特徴が異なります。

  • ウォークインタイプ
  • ウォークスルータイプ


ウォークインタイプとは、収納スペースが行き止まりになっているタイプを指します。メリットは、たくさんの収納力を確保しやすい点と、自転車やベビーカーなどかさばるものも収納しやすいという点です。ただし、出入り口が一箇所なので、室内に入る際の動線が長くなる傾向があります。

ウォークスルータイプは、通り抜けができるプランのことで、動線に回遊性が生まれて無駄がなく、お気に入りのものをディスプレイしたい場合にもおすすめです。ただし、収納スペースが通り道的機能を兼ねているため、かさばるものは置きづらいというデメリットもあります。

それぞれ、玄関土間との位置関係が重要になり、それによって使いやすさに大きく影響を及ぼします。

〈関連コラム〉
下記コラムでは土間について詳しく解説しています。是非合わせてご覧ください。

日建ホーム|コラム|おうちがより便利に! 土間がある家の魅力とメリット・デメリットを解説


シューズインクローゼットのメリット・デメリットは?

シューズインクローゼットは建売住宅にも取り入れられるほど一般的になっていますが、メリットとデメリットを十分理解して取り入れないと、ただの無駄な空間になってしまうかもしれません。そこで、ここでは主な長所と短所を紹介します。

メリット

主なメリットは下の4点です。

  • 下駄箱よりもたくさんの収納量を確保できる
  • 靴以外にも多種多様なものを収納できる
  • 鏡を設置すれば外出時に身だしなみチェックができる
  • 防災グッズの置き場に適している


従来の玄関に設置された下駄箱よりも、たくさんの収納量を確保できる点が最も大きなメリットと言えるでしょう。また、棚の位置や大きさを工夫すれば、ペット用品やアウトドア用品、ベビーカー、コートなど、ありとあらゆるものを収納できます。間取りを工夫してパントリーと兼用すれば、買い物から帰宅時にそのまま食料や日用品を収納することも可能です。

最近では、災害時に備えた防災グッズを常備するご家庭も多いですが、靴のままアクセスできるシューズインクローゼットはその置き場としても最適です。水や避難食、懐中電灯などと合わせて手の届きやすい場所に設置しましょう。

デメリット

デメリットは主に3点です。

  • 一階の床面積が狭くなる
  • 湿気や臭いがこもりやすい
  • 使いづらいとただの物置になってしまう


まず、シューズインクローゼットを設けると、必然的に一階の床面積は狭くなります。ただし、廊下など移動のためのスペースを極力少ないプランにすれば、十分確保できます。

靴をたくさん収納すると、どうしても湿気や臭いがこもりがちになります。これは、シューズインクローゼットにとって大きな課題です。適切な換気システムや開閉可能な窓を設置するなどの工夫をしましょう。

そして、最も多いのが「住み始めると全然使わない」というケースです。棚の配置や大きさを考慮せず適当に作ってしまうと、結局十分に収納できなかったり、出入りするのが億劫になって、いつの間にかただの物置になってしまいます。ですから、プランニングの段階である程度収納するものを想定して、棚の大きさや位置を十分検討してください。


シューズインクローゼットはどのくらいの広さが必要?

玄関

お客様からよく「シューズインクローゼットの広さはどのくらいが一般的?」というご質問をいただきますが、住む方家族構成や収納したいものによって、必要な面積は大きく異なります。しかし、ご家族の靴や傘、コートをしまう程度であれば、2畳程度あれば十分活用できます。

棚やラックなどの設置スペース〈1畳 〉 + 移動スペース〈1畳 〉 =2畳


ベビーカーや自転車、アウトドア用品などを収納する場合は、さらにその分必要な広さを追加しなくてはいけません。そして、玄関へのアプローチ動線も考慮して、それに必要な出入り口を設置します。便利なシューズインクローゼットにするためには、この出入り口の位置が重要なポイントです。玄関ホールなどへ行くための動線を極力短くすることで、日常的に使える空間となります。




シューズインクローゼットに手洗いを設置してコロナ対策

玄関 洗面 ステンドグラス

新型コロナウイルス感染拡大をきっかけに、玄関に小さな手洗い場を設置する住宅が増えています。帰宅してすぐに手洗いを徹底することで、室内にウイルスを持ち込みません。また、ウイルスだけではなく花粉やPM2.5への対策にもなります。ペットを飼っている方は玄関に水場があることで、汚れを落とすこともでき、とても便利です。

最近では、玄関に設置することを想定した手洗い器も数多く商品化されているので、ご家族の健康を守るためにも、是非シューズインクローゼットに手洗い場を設けることを検討してみましょう。

〈関連ページ〉
下記ページでは各メーカーの玄関手洗い場用商品が紹介されています。是非合わせてご覧ください。

LIXIL|「玄関開けたらすぐ手洗い」を、わが家のルーティーンに。
サンワカンパニー|withコロナ時代の住宅に 玄関の手洗い場の事例紹介
AICA|スマートサニタリー・エントランスタイプ


シューズインクローゼットを後悔する理由は?

玄関

残念ながら、新居で暮らし始めてシューズインクローゼットを作ったことを後悔する方も少なくありません。そこで、ここではその主な理由や対策について解説します。

無駄に生活動線が長くなった

帰宅してシューズインクローゼットに入り、そこから部屋まで移動する際、遠回りしなくてはいけないというケースが、最も多い理由です。ただ単に玄関脇に収納スペースを付けただけのプランですと、動線が無駄に長くなって、結局しまうのが面倒になってしまいます。靴などをしまった後の行動パターンもしっかりと想定して、プランを検討しなくてはいけません。

通路幅が狭くて出入りしにく

日本の木造住宅のほとんどは、柱芯(中心)の間隔が910mm単位で設計されています。そのため、あまり検討されていないプランですと、シューズインクローゼットの間口が910mmになっている場合もあります。910mmとはあくまで柱の中心間の寸法なので、実際にその上から壁などを仕上げると、実際の間口は80cm弱となります。そこにさらに棚を設置すると、実際に通れるスペースは必然的に廊下よりもずっと狭く、入ることさえ億劫になりますし、朝などの忙しい時間帯に複数人が出入りすることはできません。ですから、最低でも間口は柱芯寸法で、1,345mmは確保してください。

固定棚を作りすぎた

靴をまとめて収納することを意識しすぎて、無駄にたくさんの棚を作りすぎてしまうと、逆に収納できるものが限られてしまうこともあります。棚を可動式にしたり、適度に棚のないオープンスペースを設けると良いでしょう。また、傘など濡れたり汚れたりしているものをしまうスペースと、洋服をかけるスペースや日用品をストックするスペースを、しっかりと分けることもポイントです。 

じめじめして臭いがこもる

シューズインクローゼットの懸念点として、湿気や臭いがこもりやすい点が挙げられます。一般的な下駄箱とは異なり、ある程度の広さがある空間なので、市販の湿気取りなどではまかないきれません。そのまま放置すれば、殺菌やカビの温床となってしまいます。ですから、必ず開閉できる窓や換気口を設置しましょう。また、24時間換気システムも有効的です。

〈関連コラム〉
下記コラムでは24時間換気システムについて詳しく解説しています。興味のある方は是非ご覧ください。

日建ホーム|コラム|新築&リフォームに24時間換気システムを!その必要性やメリットを徹底解説



施工事例

私たち日建ホームでは、今まで数多くのシューズインクローゼットのある家を設計施工してきました。そこで、そのほんの一部を紹介します。

2方向からアクセス可能なシューズインクローゼット

こちらは、玄関と隣接したシューズインクローゼットです。玄関土間から直接アクセスできる他に、そのまま玄関ホールへ靴脱いでアクセスもできるため、複数人での出入りも可能な上に、無駄な動線がありません。このように、帰宅してから玄関ホールに上がるまでの動線をじっくりと検討してプランニングをすることが、便利な空間づくりには欠かせません。

〈関連ページ〉
事例の詳細は下記ページをご覧ください。

日建ホーム|施工例 Works|充実収納でブックライフを家族で楽しむ家

無駄のないシューズインクローゼット

こちらは、玄関ドアを開けると一直線の土間がシューズインクローゼットまで伸びているプランです。ドアなどは設けずに、そのままシューズインクローゼットへアクセスでき、さらに靴を脱いで上がるとそのままファミリークローゼットにつながっています。ですから、外出時に必要なコートやカバンをそのまま置くこともできます。

〈関連ページ〉
事例の詳細は下記ページをご覧ください。

日建ホーム|施工例 Works|育む家

収納量にこだわったシューズインクローゼット

小さいお子さんがいるお宅ですと、どうしても遊具の置き場に困ってしまいます。そこで、こちらはとにかくたくさんの収納スペースを玄関脇に設けました。外遊びから帰ってきてそのまま遊具をしまえるため、汚れを室内に持ち込みません。また、お子さんが大きくなれば、自転車をしまうこともできます。

〈関連ページ〉
事例の詳細は下記ページをご覧ください。

日建ホーム|施工例子供の成長を見守る家


まとめ|暮らし方にあったシューズインクローゼットを作りましょう

今回は、シューズインクローゼットについてメリット・デメリットから施工事例まで詳しく解説しました。シューズインクローゼットのあるお宅はどんどん増えていますが、いくら流行しているからといってあまり使い方を考えずに作ると、結局使えない無駄な空間になってしまいます。ですから、必ずデメリットについても十分理解して、プランニングの段階で使い方を想像してみてください。私たち日建ホームでは、建築士やコーディネーターなどの専門家がチームとなって、お客様のご要望に沿ったプランニングをご提案いたします。ぜひお気軽にご相談ください。



千葉県でシューズインクローゼットのある家を検討中の方は日建ホームへご相談ください

おそらく一生に一度か二度になるであろう大切な家づくり。人生の一大事業ですので、たくさんの“希望”をお話し下さい。私たち日建ホームは「自分の家をつくるように」お客様の家づくりに真摯に取り組みます。

お約束①自分の家を建てるように心を込めて丁寧につくります。
私たち日建ホームは、千葉県我孫子市を拠点とする地域密着の工務店です。世界で唯一無二のオーダーメイドの家。暮らしの夢や希望を丁寧にヒアリングし、プロの建築技術集団として注文住宅にしかできない住み心地を実現します。

お約束②現場をきれいにします。
家は、ひとつひとつの工程を丁寧に積み重ねて出来上がっていく究極の手仕事。現場をきれいにすることでムリ・ムダ・ムラを排除しスムースに安全に家づくりができます。近隣に配慮し何よりもお施主様に喜んでいただける現場を目指します。

お約束③一生涯のパートナーとしてずっと家をお守りします。
「家」は住み始めることで「住まい」となり、住み始めてからも理想の暮らしの追求は続きます。住み続けることで変化する事柄に、ハウスドクターとして一生涯、何でも相談していただけるよう、いつも、そしてずっと傍らに居続けます。

お約束④「健康快適設計基準」で健康配慮の家をつくります。
「家」と「健康」には密接な関係があります。毎日を過ごす家のデザインや性能が身体的・精神的に大きく影響します。温熱性能(高気密・高断熱・24時間換気)、自然素材、健康配慮の家をつくります。

お約束⑤5つの保証制度で責任をもって保証します。
建設工事総合保証、無料定期点検10年間 、瑕疵担保責任10年間、地盤保証システム20年間、ぽけっと団信 住宅代金保証制度(オプション)で責任をもってお施主様の家をお守りします。



モデルハウスや展示場で家づくりを体感しよう

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: b4e48bbde01bf1767ac571bc50bb79b8.jpg

見学予約受付中

じっくり体感していただくために、モデルハウス見学は予約制にて承っております。見学をご希望される方は、お電話または下記ページのご予約フォームからお申し込みください。

TEL:04-7188-5222
日建ホーム株式会社

著者情報

日建ホーム編集部

日建ホーム編集部

私たち日建ホームは「自分の家をつくるように」という気持ちで親身になって寄り添いながらお客様の家づくりに真摯に取り組んでまいります。
一級建築士・一級施工管理技士・耐震診断士・宅建士・福祉住環境コーディネーターのいる建築プロ集団です。

詳しいプロフィールはこちら
FacebookTwitterInstagramYouTubepinterest