千葉に建てる平屋の二世帯住宅の間取り、中庭の工夫

コの字型の中庭のある平屋と二階建ての二世帯住宅の外観:白い外壁に中庭の緑が映え、包まれるような空間を実現しました「千葉で二世帯住宅を建てたい」と考えたとき、段差の少ないバリアフリーの平屋の二世帯住宅は、これからの長い人生の暮らしやすさを考えると魅力的な選択肢です。親世帯と子世帯が助け合いながら、お互いのプライバシーを尊重し、快適に暮らせるようにするには様々な間取りの工夫が必要です。二世帯住宅なら中庭の活用もオススメです。そこで、今回は平屋の二世帯住宅の間取り、中庭のある家にする際の工夫をご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

二世帯住宅を検討する理由

注文住宅を検討中の方の1/4の方が二世帯住宅も検討していると言われます。リクルート住まいカンパニー「注文住宅動向・トレンド調査」では、二世帯住宅検討の理由は、親の老後を考えて 51%、実家の老朽化 27%、子供の面倒をみてもらえる 25%がトップ3。親の老後を考えて、子育て・共働き世帯が家を新築して助け合いながら暮らしたい、と考えているわけですね。

 

二世帯住宅の種類別【メリットとデメリット

平屋の二世帯住宅を、種類別と家の形別にみてみましょう。

 

平屋の二世帯住宅の形

平屋の二世帯住宅は、長方形、L字型、コの字型、Hの字型がありますが、コの字型、Hの字型がプライバシーが確保しやすい間取りです。

平屋で親世帯が暮らし、子世帯が二階建てにする別棟型にするのも一案です。コの字型やHの字型にすれば、通路や居室をつなぐことで、雨に濡れずに行き来ができるようになります。

平屋の二世帯住宅は、様々な間取りや中庭の配置の工夫により、快適な住まいづくりを実現できます。

 

二世帯住宅のタイプまとめ

では、あらためて二世帯住宅の3つのタイプについておさらいしておきましょう。

完全分離型

親の世帯と子世帯の生活スペースを完全に分けるスタイルです。
完全分離型には、生活エリアを上下分離型と左右分離型がありますが、平屋は左右(前後)分離型です。

コの字型、Hの字型(連棟型)の間取りの場合、お互いに行き来がしやすいように棟をつなぐ間取を検討するのもよいでしょう。それぞれの世帯が、同じ敷地内に別々の棟で暮らせすように独立したスペースが確保できます。スープの冷めない距離で安心感のある暮らしが実現できます。生活音が響きにくく、プライバシーも確保しやすいのがメリットです。いずれかの世帯が住まなくなった時は、賃貸にしやすいのもメリット。相続税「小規模宅地等の特例制度」で土地評価額80%減額も対象です。

デメリットは、水回り設備など、ほぼ2軒分の建築費、生活費がかかることです。

部分共用型

完全分離と同居型のメリットを併せもつタイプ。玄関や水回りをの一部を共有するスタイルです。共用部分の建築費や光熱費などが抑えやすくなるのがメリットです。共有部分の水回りを挟み、居室を離せばプライバシーも確保しやすくなります。デメリットは、どこまでの範囲を共用にするかを決めるのが難しい点です。家の形によって互いに十分検討されることをおすすめします。

完全同居型

生活スペースを明確に分けずに同居するスタイル。家族全員で家事・子育てを助け合い、毎日にぎやかな暮らしになります。水回りの建築・設備費、毎月の光熱費などが抑えられます。将来、1世帯になっても暮らしが維持しやすいのもメリットです。一方で、経済的なメリットも多い面もありますが、プライバシーの確保は難しく、お互いに気遣いしながらの暮らしになります。

<関連コラム>
千葉で二世帯住宅を建てる~完全分離・部分共有・同居型のメリット・デメリット、気になる価格と相場は?

 

平屋の二世帯住宅の間取りと中庭の工夫

過去のイベントの様子二世帯住宅は、プライバシーの確保とコミュニケーションの取りやすさのバランスが重要です。窓が近かったり、洗濯物を干す場所が近いとお互いに気遣いが必要になります。プライバシーを配慮した間取りの検討、植栽・中庭などの工夫が必要です。

 

バリアフリー

平屋には基本的に階段はありませんが、ロフトやスキップフロアを採用する場合には段差が生じます。メリハリのある空間づくりも必要ですが、特に年配の方がわずかな段差につまづいて転倒事故になると骨折リスクが高くなりますので、共用スペースはできるだけバリアフリーにしたほうがよいでしょう。

 

部屋の配置

お互いに快適に暮らすために、プライベートスペースは隣接させない窓面を真横に並べず段違いにするだけでも、目隠し、防音効果があります。

 

中庭の工夫

平屋の二世帯住宅は、ほどよい距離感でプライバシーを保つために中庭を配すると効果的です。

中庭のある家は、高気密高断熱住宅の住宅性能を確保すること、プライバシーと家事動線を両立させる家の形や間取りの工夫が必要です。平屋に中庭を配すると、中部屋がなくなり、より家全体に採光や通風がしやすくなるので、快適さが圧倒的に高まります。

中庭にウッドデッキ、植栽を施せば、家族が集まりやすく、コミュニケーションが生まれやすい共有スペースが生まれます。子供を安全に遊ばせたい、自宅での時間をゆったりと過ごしたい、浴室から眺められる庭が欲しい場合にも最適です。

中庭に植栽を施すことで、室内の緑、室外の植栽、周辺環境の自然とも、ひとつながりの意識を持ちやすくなりり、心身ともにリラックスしやすい空間づくりができます。ほどよい目隠しにもなり、開放感と安心感が得られる快適な家づくりができるでしょう。

なお、中庭のある平屋の家づくりは排水対策が重要です。その土地の気候風土や立地条件を熟知していること、造園、上下水設備、中庭独特の住宅の雨仕舞などの総合的な住環境の設計と、日頃のメンテナンスの仕方が鍵になります。中庭のある平屋の二世帯住宅を建てるなら、こうした条件を満たす経験豊富な地域の工務店に相談するのが安心です。

 

千葉県で中庭のある二世帯住宅を建てるなら日建ホームにご相談ください

おそらく一生に一度か二度になるであろう大切な家づくり。人生の一大事業ですので、たくさんの“希望”をお話し下さい。私たち日建ホームは「自分の家をつくるように」お客様の家づくりに真摯に取り組みます。

お約束①自分の家を建てるように心を込めて丁寧につくります。
私たち日建ホームは、千葉県我孫子市を拠点とする地域密着の工務店です。世界で唯一無二のオーダーメイドの家。暮らしの夢や希望を丁寧にヒアリングし、プロの建築技術集団として注文住宅にしかできない住み心地を実現します。
お約束②現場をきれいにします。
家は、ひとつひとつの工程を丁寧に積み重ねて出来上がっていく究極の手仕事。現場をきれいにすることでムリ・ムダ・ムラを排除しスムースに安全に家づくりができます。近隣に配慮し何よりもお施主様に喜んでいただける現場を目指します。
お約束③一生涯のパートナーとしてずっと家をお守りします。
「家」は住み始めることで「住まい」となり、住み始めてからも理想の暮らしの追求は続きます。住み続けることで変化する事柄に、ハウスドクターとして一生涯、何でも相談していただけるよう、いつも、そしてずっと傍らに居続けます。
お約束④「健康快適設計基準」で健康配慮の家をつくります。
「家」と「健康」には密接な関係があります。毎日を過ごす家のデザインや性能が身体的・精神的に大きく影響します。温熱性能(高気密・高断熱・24時間換気)、自然素材、健康配慮の家をつくります。
お約束⑤5つの保証制度で責任をもって保証します。
建設工事総合保証、無料定期点検10年間 、瑕疵担保責任10年間、地盤保証システム20年間、ぽけっと団信 住宅代金保証制度(オプション)で責任をもってお施主様の家をお守りします。

 

展示場・モデルハウスで家づくりを体感


木の家 体験型展示場 なごみの家

自然素材の健康快適住宅を実感していただける体験型展示場「なごみの家」。

自然素材の健康快適住宅を実感していただける体験型展示場「なごみの家」:ナチュラルテイストの木の家 なごみの家 詳細はこちら

なごみの家:千葉県我孫子市南新木1-25-24
【OPEN】9:00~18:00

 

ホテルライクな中庭のある次世代の家 LIVING DESIGN nex

上質でゆたかな暮らしを叶える中庭のある家づくりを体感いただけるモデルハウス。

上質でゆたかな暮らしを叶える中庭のある家づくりを体感いただけるモデルハウス:ホテルライクな次世代の家 nex 詳細はこちら

LIVING DESIGN nex:千葉県我孫子市南新木2-17-22
【OPEN】9:00~18:00

 

見学予約受付中

じっくり体感していただくために、モデルハウス見学は予約制にて承っております。見学をご希望される方は、お電話または下記ページのご予約フォームからお申し込みください。

TEL:04-7188-5222
日建ホーム株式会社

展示場見学のお申し込み