家の第一印象を決めるのはエクステリア
デザインのポイントや注意点・失敗例を徹底解説

突然ですが、皆さんは家のデザインを検討する際にどの点を重視しますか?つい、インテリアデザインや家具デザインなどに注目してしまいがちですが、実は家の印象を決めるのは“エクステリアデザイン”です。エクステリアの印象によって、来訪者が受ける印象は大きく左右されるからです。

そこで、今回はエクステリアデザインのポイントや失敗しないための注意点について解説します。いくつかのポイントを抑えるだけで、使いやすくおしゃれな住まいになりますので、これからマイホーム計画を始める方や今の住まいをさらに快適にしたい方は、ぜひ参考にしてください。


このコラムのポイント
・エクステリアは家の印象を決める大きな要素なので、建物とのトータルデザインがポイント。
・場所ごとに単体で検討せずに、住み始めてからの生活をイメージしながら、室内外の位置関係についても考慮しなくてはいけない。





“エクステリア”ってよく聞くけど何?外構との違いは?

「エクステリア」という言葉は一般的に使われているため、耳にしたことのある方は多いでしょう。エクステリア(英:exterior)は直訳すると、「(建物の)外部空間」という意味で、インテリア(英:interior)の反意語です。

では、同じくよく聞く「外構」とは意味が違うのでしょうか?厳密に言うと、「外構」とは、外部空間を構成するものを指します。例えば、門扉やフェンスなどがその一部です。ただし、建築現場においては同意語として使われていて、大きな違いはありません。

強いて言うならば、エクステリアは空間全体を表し、外構はそれぞれのパーツを指すニュアンスです。

エクステリアデザインは外部の人がまず目にする場所であるため、家の印象を良くも悪くも変えてしまいます。「狭小地だからエクステリアはこだわらなくていい」と誤解する方もいますが、敷地に余裕がなくてもできることはたくさんあります。

家のデザインにこだわりたい方は、インテリアデザインや間取りだけを重視せず、エクステリアにも気を配ることが大切です。内外をトータルでデザインすることで、まとまりのあるおしゃれな住まいに仕上がります。



エクステリアデザインの構成要素は?

スタイリッシュな外観 日建ホーム

では、具体的にはエクステリアデザインを構成するパーツにはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは、代表的な要素を紹介します。


門扉・フェンス

まず、敷地に入る際に目に留まるのが門扉やフェンス・塀です。住宅が密集している地域の住宅には欠かせない要素です。ただし、アメリカなど隣地との間に余裕があるエリアでは、敢えて開放感を出すために敷地の境界を示す門扉やフェンス・塀を設けない家も多く、日本においても徐々に人気が高まっています。

ただし、門扉やフェンス・塀がないと、どうしても防犯性能は下がってしまうため、設置しない場合は防犯カメラの設置を検討しましょう。

カーポート・サイクルポート

カーポートは、住宅のファサード(正面)デザインを決める大きな要素です。ですから、ぜひデザインにもこだわってみてください。最近では、防犯面からシャッターゲートを併設する家や、ビルトイン(インナー)ガレージを取り入れる家も増えています。

カーポートと合わせて検討しなくてはいけないのが、サイクルポートです。敷地に余裕があれば自転車の置き場に困りませんが、狭い敷地ですと、計画段階から場所や広さについて検討しなくてはいけません。一人一台必要なご家庭の場合には、立体式を設置しても良いでしょう。

〈関連コラム〉
下記コラムでは、インナーガレージの魅力について解説しています。ぜひ合わせてご覧ください。

日建ホーム|コラム|木造住宅でもビルトインガレージは作れる?メリット・注意点や施工事例を紹介

※リンクは後日設定


玄関アプローチ

敷地の入り口から玄関までの移動ルートを「玄関アプローチ」と言います。その形状や仕上げによって、家の雰囲気は大きく変わります。あえて曲線にして高級感を出したり、直線にして最短距離でアクセスできるようにするなど、敷地形状やコンセプトによってプランは様々です。

〈関連コラム〉
下記コラムでは玄関アプローチについて詳しく解説しています。ぜひ合わせてご覧ください。

日建ホーム|コラム|玄関アプローチはお家の第一印象を決める。デザインのポイントや事例を紹介


ウッドデッキ・テラス・サンルーム

最近の戸建て住宅の多くに取り入れられているのが、ウッドデッキです。特に、お子さんがいるご家庭では安心して遊ばせられる場所として注目されています。また、主屋にサンルームを併設させて、ゆったり過ごすための場所として利用している方も少なくありません

単なる“庭の一部”ではなく、リビングなどの室内空間と繋がりを持たせることで、半屋外空間として活用方法の幅は広がります。最近では、このようなスタイルを「アウトドアリビング」という言葉で表すことも多く、トレンドになっています。

〈関連コラム〉
下記コラムでは、アウトドアリビングの魅力を紹介しています。気になる方は、ぜひご覧ください。

日建ホーム|コラム|2021年のトレンド「アウトドアリビング」とは?メリットや間取りのアイデアを紹介

植栽・花壇

植栽や花壇もエクステリアを彩るためには欠かせないパーツです。樹木の種類や位置、花壇の計画によって、季節ごとの表情が変わります。ただし、落葉樹は落ち葉掃除が大変なだけではなく、近隣からクレームを受ける可能性もあるため、狭小地ではあまりおすすめできません。また、冬になると葉がなくなって寒々しい印象のお庭になってしまいます。

樹木を選ぶ際には、常緑樹などを選ぶと良いでしょう。

照明器具・宅配ボックスなどの付属品

エクステリアデザインは何も見た目を良くする目的だけではありません。日常的に出入りする場所だからこそ、便利にする工夫が必要です。例えば、足元を照らす照明器具や、郵便ポスト、宅配ボックスがその一部です。

照明器具は、人が通った時に自動点灯する「人感センサー付き」や、暗くなると点灯し明るくなると消灯する「明暗センサー付き」がおすすめです。そして、コロナ禍の影響で“置き配”が普及したこともあり、自治体によっては家庭用宅配ボックスの設置に対する助成金制度を設けているところもあります。

〈関連ページ〉
宅配ボックス設置に関する助成金については、下記ページをご覧ください。

国土交通省|国土交通省における宅配ボックス設置に関する支援策等一覧
※その他、地方自治体単位でも様々な補助制度が設けられています。詳しくは、各自治体へお問い合わせください。



エクステリアを失敗しないためのポイント8つ

間取りやインテリアを考えることに注力しすぎてしまうと、エクステリアデザインをあまりこだわれず、後悔してしまうかもしれません。そこで、ここでは失敗例を踏まえたデザインのポイントを紹介します。ぜひ、プランニングの参考にしてください。

① プライバシー・防犯性の確保

エクステリアデザインによって、プライバシーや防犯性を確保できるかどうかが変わってきます。前面道路や隣地からの視線をうまく妨げられるようなフェンスなどの設置が望ましいでしょう。

ただしよくある失敗例が、プライバシーを重視するあまり敷地を囲いすぎて、逆に死角が増えて盗難やイタズラが心配になるというケースです。人の目から隠れられるところを作ると、防犯的には逆効果になります。また、あまり敷地に余裕がない場合ですと、閉塞感や圧迫感は否めません。

ですから、塀でしっかり囲うというよりも、ある程度視線が通るルーバータイプのフェンスなどを取り入れましょう。また、生垣のように植栽や花壇を敷地の境界に配置する方法もおすすめです。

② 建物と統一性のあるデザイン

エクステリア建材を選ぶ際には、ぜひ主屋のデザインも意識してみましょう。エクステリア単体でおしゃれにまとまっていても、建物と調和していなければ、雑然とした印象になってしまいます。特に、住宅施工会社とエクステリア施工会社を分離した場合には要注意です。「出来上がってみるとイマイチまとまりがない」という事例は少なくありません。

建物の仕上げ素材とリンクするような材料を選んだり、窓サッシのカラーとフェンスの色を合わせる、照明ランプの色を室内と揃えるなど、統一感を意識してデザインを検討してください。

③ 出入りしやすい駐車・駐輪スペース

駐車スペースや駐輪スペースの位置は、敷地形状や道路との関係性を十分考慮して決めなくてはいけません。また、車に乗る方の運転スキルによって、確保するべき広さも変わります。図面上では最低限必要な駐車スペースができていたとしても、いざ出来上がってみると車の出入りが難しすぎて使えないという失敗例も多いです。

運転に自信のあまりない方は、配置計画の段階で駐車スペースをできるだけ広くしてもらうなどの要望を伝えましょう。また、自転車の台数もあらかじめ設計者に伝えておくことをおすすめします。

万が一前面道路のガードレールが邪魔になってしまう場合でも、自治体に申し出れば撤去や移設は可能ですので、ぜひ早い段階で計画地へ行き、車の出入りなどをシミュレーションしてみてください。

〈関連ページ〉
下記ページでは、ガードレールの撤去・移設について解説されています。

国土交通省|道路|道の相談室

④ ウッドデッキは本当に必要か要検討

先ほども説明した通り、最近の住宅ではリビングの延長としてウッドデッキを設置する事例が多くあります。しかし、生活スタイルや家族構成によっては、あまり必要ない場合も往々にしてあるので、流行りだからと安易に取り入れことは避けましょう。「せっかく高い費用をかけて立派なウッドデッキを作ったのに、結局ほとんど使わず、むしろ庭が狭くなってしまった」という失敗例もよく耳にします。

ウッドデッキを検討する際には、本当に使うかどうかや、一日中日陰にならないかどうかなど、住み始めてからの様子をイメージしながらじっくり検討しましょう。

⑤ 水栓・コンセントの設置

お庭で水遊びをしたりペットを洗うことを想定している方や、DIYやバーベキューなどを楽しみたいと考えている方は、必ず水栓と屋外コンセントの数や位置を検討してください。あとから追加することもできますが、地面を掘り返さなくてはいけない可能性が高く、まとまった費用がかかってしまいます。新築時や大規模リノベーション時であれば、それほど費用や時間をかけずに設置できますので、ぜひプランニングの段階で要望を伝えておきましょう。


⑥ 雑草対策

お庭を綺麗に保つために欠かせないのが雑草対策です。新築時はきれいだったのに、半年後には雑草だらけという家も少なくありません。アプローチなどにおいて、コンクリートを打たずに土壌を生かす場合には、必ず早めに対策を取っておきましょう。

最近では、土壌の上に敷いて日光を遮断して雑草の成長を妨げる「防草シート」や、土の上に撒いて水をかけることでコンクリートのように固まる「防草舗装材」もあるため、費用をかけてコンクリート打ち放しやタイル仕上げにしなくても、DIYによって低コストで対策を取ることもできます。

⑦ 安心なアプローチ

アプローチは庭と違って頻繁に通るエリアです。そのため、転倒の原因になる要素はできるだけ取り除いておかなくてはいけません。例えば、小さな段差があると視界に入らず、足腰が健康な人でもつまずいてしまう場合もありますし、見た目を重視してタイル張りや石張りにしたことで、雨の日に滑って転んでしまうケースもあります。アプローチをデザインする際は、段差や傾斜、通路の形状や仕上げなど、様々な点に留意してください。

若い方の場合「バリアフリー」と聞くと関係のないことのように感じるかもしれませんが、お子さんからお年寄りまで安心して歩くことのできる「ユニバーサルデザイン」は、アプローチには欠かせないポイントです。

⑧室内の間取りとの関係性


エクステリアとインテリアは全く関係のないものとして捉える方もいますが、住み心地のいい家にするにはお互いの位置関係は重要です。建築士が設計をする際には、建物とエクステリアを別々で考えるのではなく、敷地全体でプランニングします。

上のイラストからも分かるように、各室内空間の用途とそれに接する屋外空間をセットで考えることで、屋内外を無駄なく活用できる住宅になります。エクステリアデザイン単体でじっくり検討することも大切ですが、必ず家との関係性についても確認しながらイメージを膨らませてください。



まとめ|エクステリアはインテリアと同じくらい重要

今回は、エクステリアデザインの重要性や、大切なポイントについて解説しました。夢のマイホーム計画が進んでいく中で、つい間取りやインテリアデザインに気が向いてしまいますが、エクステリアとインテリアを合わせて検討することによって、より快適で便利な家が出来上がります。

私たち日建ホームでは、各種保証サービスを設けている他、建築士やコーディネーターなどの専門家がマイホームのトータルコーディネートをご提案します。ぜひお気軽にご相談ください。



千葉県でおしゃれなエクステリアの家を検討中の方は日建ホームへご相談ください

おそらく一生に一度か二度になるであろう大切な家づくり。人生の一大事業ですので、たくさんの“希望”をお話し下さい。私たち日建ホームは「自分の家をつくるように」お客様の家づくりに真摯に取り組みます。

お約束①自分の家を建てるように心を込めて丁寧につくります。
私たち日建ホームは、千葉県我孫子市を拠点とする地域密着の工務店です。世界で唯一無二のオーダーメイドの家。暮らしの夢や希望を丁寧にヒアリングし、プロの建築技術集団として注文住宅にしかできない住み心地を実現します。

お約束②現場をきれいにします。
家は、ひとつひとつの工程を丁寧に積み重ねて出来上がっていく究極の手仕事。現場をきれいにすることでムリ・ムダ・ムラを排除しスムースに安全に家づくりができます。近隣に配慮し何よりもお施主様に喜んでいただける現場を目指します。

お約束③一生涯のパートナーとしてずっと家をお守りします。
「家」は住み始めることで「住まい」となり、住み始めてからも理想の暮らしの追求は続きます。住み続けることで変化する事柄に、ハウスドクターとして一生涯、何でも相談していただけるよう、いつも、そしてずっと傍らに居続けます。

お約束④「健康快適設計基準」で健康配慮の家をつくります。
「家」と「健康」には密接な関係があります。毎日を過ごす家のデザインや性能が身体的・精神的に大きく影響します。温熱性能(高気密・高断熱・24時間換気)、自然素材、健康配慮の家をつくります。

お約束⑤5つの保証制度で責任をもって保証します。
建設工事総合保証、無料定期点検10年間 、瑕疵担保責任10年間、地盤保証システム20年間、ぽけっと団信 住宅代金保証制度(オプション)で責任をもってお施主様の家をお守りします。



モデルハウスや展示場で家づくりを体感しよう

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: b4e48bbde01bf1767ac571bc50bb79b8.jpg

見学予約受付中

じっくり体感していただくために、モデルハウス見学は予約制にて承っております。見学をご希望される方は、お電話または下記ページのご予約フォームからお申し込みください。

TEL:04-7188-5222
日建ホーム株式会社

著者情報

日建ホーム編集部

日建ホーム編集部

私たち日建ホームは「自分の家をつくるように」という気持ちで親身になって寄り添いながらお客様の家づくりに真摯に取り組んでまいります。
一級建築士・一級施工管理技士・耐震診断士・宅建士・福祉住環境コーディネーターのいる建築プロ集団です。

詳しいプロフィールはこちら
FacebookTwitterInstagramYouTubepinterest