家事動線がいい間取りの実例と5つのポイント~千葉で家事が趣味になる家づくり~

家事動線がいい家の建築実例:キッチンの造作棚

料理、洗濯、掃除、買い物、家事は家族の暮らしを支える大切なお仕事。憧れのマイホームを新築するなら、暮らすのが楽しく、家事が趣味になるような「家事動線」がいい家づくりをしたいですよね。家事は毎日のことだから、日々、実感できる便利で快適な動線設計が大切です。そこで今回は、千葉で家を建てるときに家事がラクに楽しくなるような家づくりのポイントをご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

理想の間取りは動線で考える

憧れのマイホーム。新築するなら、家事がしやすく、家族も快適に暮らしやすい、理想の間取りにしたいですよね。

買い物、料理、洗濯、掃除。他にも、小さな「名前のない家事たち」も積もり積もれば「今日は一日家事をしてたな」と思うことも。特にお子さんがいるご家庭では、朝、お弁当をつくりながら洗濯機を回し、子供の世話の合間に片付け、掃除、そして次へ。そんな家事を同時進行でテキパキとこなすには、家事動線をできるだけシンプルにするのが基本です。

でも、効率を追求しすぎると、家族の生活動線とバッティングしてしまったり、心地よい空間のバランスがくずれてしまうこともあるので注意が必要です。

家づくりのコンセプトと空間デザインに基づいて、生活動線、家事動線、来客動線など、様々な生活シーンで、家族が心地よく動けるように経路を考えていく。それが動線設計です。動線がいい家は、家族が永く健康で快適に暮らせる家の大切な条件の1つです。暮らしが楽しくなる動線を考えていきましょう!

 

家事が趣味になる家事動線

家事が楽しくなる家の建築実例:手賀沼を望む家のリビング

「この家で暮らすことが趣味なんです」

そう施主の方におっしゃっていただくことは本当に嬉しいことです。

暮らしが趣味になるほど家事が楽しくラクになることは、これからの人生の時間を考えたとき、とても大切なこと。年齢を重ねてからも、身体にも心にも負担なく家事がこなせるような心地よい動線であることが重要です。

では、その動線のポイントを考えてみましょう。

 

【ポイント①】家事室で家事動線がいい間取り

家事は暮らしの中のルーティーンです。まずは、無駄な動きを減らすことが、家事動線を良くする第1のポイントです。水回りを1か所に集め、キッチン、ランドリー、収納をできるだけ近い場所に配置できれば、家事の移動時間が短縮できます。

 

家事室がある間取りの事例

たとえば、こちらの平屋の間取りをご覧ください。

家事室がある家事動線にこだわった家の建築実例(平屋の間取り図)

ガレージに車を止めて、玄関から家に入ると、すぐ右手に「家事室」があります。家事室はパントリーとランドリールームを兼ねた間取りです。写真で見ると以下のようになります。

パントリーとランドリールーム兼用の家事室の間取り

 

パントリーの使い方

重い買い物袋を両手で抱えて玄関のカギを開け、まず荷物を置いて玄関に鍵をかける。ここから買い物袋をもう一度抱えて、それそれを食べ物、日用品、その他のモノたちをそれぞれの収納に納めなければなりません。そんなときサポートしてくれるのが、玄関とキッチンの間にある家事室の「パントリー」です。

買い物帰りは、玄関を入ってすぐ右のパントリー兼家事室に直行。トイレットペーパーなどの日用品やストック用の食材、箱買いした飲料水などのかさ張る荷物や重い荷物もその場で収納。持ち運びが負担になりません。

キッチンにも繋がっていますので食材の出し入れも楽。収納はパントリーにまとめることで、キッチンがスッキリします。パントリーは3畳ほどの広さで棚も複数確保できると安心です。

 

ランドリールームも兼用

キッチンからつながる家事室は、オープンな間取りなので湿気も籠らず、ランドリールームも兼ねています。キッチンで料理をしながら洗濯機を回し、脱水が終わったら、そのままウッドデッキで外干し。天気が良くない日は室内干しも可能です。洗濯物を取り込み、一時的に室内の物干しにかけておけば、洗濯物がしわにならず、他の家事の隙間時間にたたみやすいので便利です!

玄関からリビングに直行するパブリックな「来客動線」と、玄関から家事室を経由してキッチンやリビングに繋がるプライベートな「家事動線」が使い分けできる回遊動線がポイントです。

参考までに、ご紹介した間取りの施工例は、以下のコラムでもご紹介しています。

<関連コラム>
千葉で平屋のガレージハウスを建てたい!気になる価格と間取りの事例は?

 

【ポイント②】苦手な家事ほど効率的に

家事には、それぞれ得意、不得意があることもあります。「これはいつも苦手だな」「この作業はできればしたくないな」「この作業の後には、これをしたい!」ということに気づいたら、それは即、改善の対象に。家事を楽にする第2のポイントは、苦手な家事を楽しく、です。忘れないうちにメモをして、打ち合わせ時に担当の設計士やスタッフにぜひ相談ください。せっかくの注文住宅の家づくりですから、家事が楽しくなるように、快適な間取りを一緒に考えていきましょう。

 

階段下を利用したアイロンルームの施工例

デッドスペースを有効に活用したアイロンルームは奥様の一番のお気に入り。1週間分のアイロン掛けも義務から趣味に。

 

 

【ポイント③】適材適所の収納術

収納は使う場所に効果的にまとめると動線が快適になるという施工事例

家事を楽にする第3のポイントは、収納の考え方です。

モノがあふれて散らかってしまいがちなリビングや子供部屋。お子さんがいると整理整頓を心掛けたいと思っても、なかなかそう簡単にはいかなのが悩ましいところです。

そこで、まずは基本に忠実に、モノを使う場所に収納する。モノに定位置をつくること。それもやはり動線がポイントです。どんな動作をするときに、そのモノが必要になるのか、動線の中に収納を組み込んでしまうのがベストです。

例えば、シューズクロークの場合でいえば、外出から帰ってきたら靴を脱ぐから玄関に下駄箱があります。コートを脱いだり、帽子やマフラーをとるのも玄関でできれば便利です。だったら玄関にまとめてファミリークローゼットを配置するのが自然ですよね。

 

参考)捨てる技術

モノが多すぎて収拾がつかない!という方にはやはり、できるだけモノを減らす断捨離が有効です。でも、モノを捨てるのが苦手という方には、今、モノがある場所を、まずからっぽの状態にすることがおすすめです。

モノを基準に収納を考えるのではなく、何かをするときどこに何があればいいか使うシーンの「動線を基準に」適材適所の収納を考えやすくなるのです。つまり、新築時が断捨離の絶好の機会と言えます。

 

次に、実際にどんな動線の中でにどんな収納があればいいのか検討してみましょう。

 

家の間取り図を書く

まずは、対象にする動線に必要な場所の家の間取り図を書いてみましょう。

 

動線を色分けして書き込む

次に、間取り図に様々な生活シーンの動線を書き込んでみてください。個人別に色分けすると比較しやすくなります。例えば、このアウターは釣りの時に着るので釣竿といっしょに陰干しするけど、釣竿とは別にクローゼットに収納するから、こういう動線になるな、といった具合です。このように考えていくと、アウトドアグッズはまとめて玄関まわりのシューズクローゼットに収納できたほうがいいのかも、といった、モノの定位置が見えてきます。

 

収納方法を検討する

次に、モノを置く定位置が決まったら、どのような棚がいいのかなど、具体的な収納方法の検討に入ります。利用頻度が高いものは、扉の開閉動作をしなくてもいいようにオープン棚もいいですね。

このように考えて、利用頻度が1年以上ないものは断捨離の対象と決めて、常にモノの少ないシンプルな暮らしを維持するのも、家事を楽にする「捨てる技術」の1つの方法です。

 

家族が快適に暮らせる生活動線

家事動線をシンプルにして、家族も快適に暮らせる生活動線の良い家づくりをするために、たとえば以下のような点を検討しておくとよいでしょう。

 

【ポイント④】ファミリークローゼットで快適な動線づくり

玄関とシューズクローゼットの間取りの事例:シンプルで独立性の高い収納スペースを広めに確保しました

第4のポイントは、家族の健康と利便性を考慮したファミリークローゼットの検討です。

<関連コラム>
ファミリークローゼットで家事動線を快適に~ウィズコロナの間取りと収納

 

ウォークスルー型のシューズクローゼット

ファミリークローゼットの代表的なものとしてシューズクローゼットがあります。例えば、玄関まわりのシューズクロークに併設する上着かけやベビーカー置き場になるスペースなどがあります。外出まわりの、傘、帽子、コート、マフラーなど、できるだけ、埃、花粉、ウイルスなどを生活空間に持ち込まない、新しい生活様式にも対応したウイズコロナの間取りです。

玄関土間からの靴で入れる動線と、室内廊下から入れる複数のルートがあると便利です。家族はシューズクローゼット側から入り、靴と上着を収納できます。来客は玄関土間からそのまま廊下を通ってリビングに直行していただけますので、下駄箱の生活感を感じさせずにスマートにお招きすることができます。

 

【ポイント⑤】手洗い~シャワーに直行できる動線

洗面台と鏡を横長に確保して2人でも同時に使える工夫をした建築実例

ポイント5つめは、ウィズコロナ、アフターコロナの新しい生活様式にも対応した手洗い洗面や浴室に直行しやすい間取りにすることです。特に、ペットと暮らす家やアウトドアが趣味の方は、泥や埃がついた衣服やペットのケアがしやすい土間があると便利です。サーフィンなどのマリンスポーツを楽しむ方はウエットスーツのまま土間繋がりでシャワールームに繋がる間取りを希望される方もいらっしゃいます。また、看護や介護に携わっている方などは、ご家族への感染拡大の防止のために、着替え、入浴がスムーズな動線が必要とされます。ニューノーマルな家づくりは、こうしたライフスタイルの多様性にも対応した生活動線の設計が重要です。

 

2~3人で使える洗面台

最近、洗面台を2台並べて設置するケースも増えてきました。家族が多いご家庭では、朝の時間帯は動線が混雑するため洗面台が複数あるほうが便利かもしれません。一方で、掃除のしやすさを考えると、洗面台は1台のほうがシンプルです。そこで上の写真のように、横長の洗面台と幅広の鏡を設置すれば1台でも余裕をもって使えることになります。このように家族構成に応じて快適さとミニマムな家事動線のバランスを考えた設備の検討も必要となります。

 

自然と家族が集まりやすいリビングをつくる

リビングは暮らしの中心です。自然と家族が集まるリビングで、いつも家事をしている姿をみかけていれば、家族の協力も自然に得やすくなります。ご主人も「ちょっと、これやっとこうか?」と声をかけやすくなります。忙しい中にも、楽しそうに家事をしていれば、お子さんも「私もやってみたい!」と言ってくれるかもしれませんよね!

 

家事が趣味になる家の施工例とお客様の声

今回ご紹介した事例はほんの一例です。日建ホームでは、様々な家事動線のいい家づくりをお手伝いしています。施工事例は以下のページも参考にしてくださいね。

<施工例>
家事が趣味になる家
子供の成長を見守る家
想像以上の家ができるとき

 

まとめ

マイホームを新築する際には、理想の間取りを考えるには、家族構成やライフスタイルに応じて、生活動線と家事動線などのバランスを考慮した動線設計が必要です。家事を楽しくラクにすることができれば、これかのら人生で豊かな時間が生み出せます。そのためには、水回りを集約して、家事動線をコンパクトにすること。家族の健康を守るために、ウィズコロナの新しい生活様式にも対応した、玄関収納としてのシューズクロークと繋がったファミリークローゼットや、パントリーを兼ねた家事室などの間取りもおすすめです。憧れのマイホームを新築するなら、家事が趣味になる理想の注文住宅の家づくりをしてみませんか?

 

千葉県で家事動線のいい家を建てるなら日建ホームにご相談ください

おそらく一生に一度か二度になるであろう大切な家づくり。人生の一大事業ですので、たくさんの“希望”をお話し下さい。私たち日建ホームは「自分の家をつくるように」お客様の家づくりに真摯に取り組みます。

お約束①自分の家を建てるように心を込めて丁寧につくります。
私たち日建ホームは、千葉県我孫子市を拠点とする地域密着の工務店です。世界で唯一無二のオーダーメイドの家。暮らしの夢や希望を丁寧にヒアリングし、プロの建築技術集団として注文住宅にしかできない住み心地を実現します。
お約束②現場をきれいにします。
家は、ひとつひとつの工程を丁寧に積み重ねて出来上がっていく究極の手仕事。現場をきれいにすることでムリ・ムダ・ムラを排除しスムースに安全に家づくりができます。近隣に配慮し何よりもお施主様に喜んでいただける現場を目指します。
お約束③一生涯のパートナーとしてずっと家をお守りします。
「家」は住み始めることで「住まい」となり、住み始めてからも理想の暮らしの追求は続きます。住み続けることで変化する事柄に、ハウスドクターとして一生涯、何でも相談していただけるよう、いつも、そしてずっと傍らに居続けます。
お約束④「健康快適設計基準」で健康配慮の家をつくります。
「家」と「健康」には密接な関係があります。毎日を過ごす家のデザインや性能が身体的・精神的に大きく影響します。温熱性能(高気密・高断熱・24時間換気)、自然素材、健康配慮の家をつくります。
お約束⑤5つの保証制度で責任をもって保証します。
建設工事総合保証、無料定期点検10年間 、瑕疵担保責任10年間、地盤保証システム20年間、ぽけっと団信 住宅代金保証制度(オプション)で責任をもってお施主様の家をお守りします。

 

家事が趣味になる家をモデルハウスで体感しよう

木の家 体験型展示場 なごみの家

自然素材の健康快適住宅を実感していただける体験型展示場「なごみの家」

自然素材の健康快適住宅を実感していただける体験型展示場「なごみの家」:ナチュラルテイストの木の家 なごみの家 詳細はこちら

なごみの家:千葉県我孫子市南新木1-25-24
【OPEN】9:00~18:00

ホテルライクな次世代の家 LIVING DESIGN nex

上質でゆたかな暮らしを叶える中庭のある家づくりを体感いただけるモデルハウス。

上質でゆたかな暮らしを叶える中庭のある家づくりを体感いただけるモデルハウス:ホテルライクな次世代の家 nex 詳細はこちら

LIVING DESIGN nex:千葉県我孫子市南新木2-17-22
【OPEN】9:00~18:00

見学予約受付中

じっくり体感していただくために、モデルハウス見学は予約制にて承っております。見学をご希望される方は、お電話または下記ページのご予約フォームからお申し込みください。

TEL:04-7188-5222
日建ホーム株式会社

展示場見学のお申し込み