新築&リノベーションで「ホテルライク」なインテリアが流行中|工夫するポイントを紹介

「マイホームをおしゃれにしたい」「生活感のないすっきりとした家にしたい」そんな風にお考えの方も多いでしょう。しかし、雑誌や関連サイトでは色々なデザインの 部屋が紹介されているため、どんなテイストでまとめればよいか分かりづらいかもしれません。そんな方におすすめなのが、近年トレンドの「ホテルライク」スタイルです。シンプルで清潔感があり、飽きのこないインテリアデザインが特徴です。今回は、そんなホテルライクなインテリアについてメリット・デメリットから作り方のポイント、おすすめの商品について紹介します。新築住宅はもちろん、リノベーションでも取り入れやすいため、ぜひ理想のマイホーム作りを検討中の方は参考にしてください。

このコラムのポイント
・ホテルライクなインテリアは、生活感がなくシンプルで高級感がある
・平面計画や収納計画を少し工夫するだけで、ラグジュアリー感のある部屋に仕上がる
・リノベーションで内装の仕上げ材や設備機器を取り替えるだけでも雰囲気を一気に変えられる





今話題の「ホテルライク」インテリアとは?

「ホテルライク」とは、ずばりホテルのような清潔感と洗練されたレイアウトが特徴のインテリアデザインです。シンプルなので長年暮らしても飽きにくく誰にでも受け入れやすいため、一般住宅でも広く取り入れられています。主な特徴は以下の通りです。

  • モノトーン系やナチュラル系を中心に、シックでシンプルなデザインにまとめられている
  • リビングなどメインの空間だけではなく、洗面室や寝室などもトータルでデザインする
  • 生活感をできるだけ出さない
  • 照明器具や小物の配置はシンメトリー(左右対称)を意識する
  • 部屋の照度は抑えめにして、間接照明を多用する


ホテルライクのポイントは、決して奇抜過ぎず誰にとっても心地よい空間に仕上げることです。そのため、過度に色は取り入れすぎずアースカラーを中心にシンプルにまとめます。また、来客時に目に入るリビングダイニングなどだけではなく、洗面室や寝室などトータルでインテリアを検討することもポイントです。さらに、全ての空間において生活感を出さないよう収納計画を検討することで、洗練された雰囲気の家に仕上がります。お気に入りのインテリア小物や照明器具を配置する際は、シンメトリー(左右対称)を意識して非日常感のあるラグジュアリーな空間にしましょう。寝室などゆっくりリラックスしたい場所は照度を落として間接照明を取り入れるのもおすすめです。




デメリットや注意点は?

「ホテルライク」インテリアは、急な来客でも慌てずに対応できて自宅に居ながらもラグジュアリー感やリゾート感を満喫できます。しかし、ご自宅に取り入れる前にぜひデメリットや注意点も理解しておきましょう。

まず、最も注意しなくてはいけないのが「常に整理整頓や掃除が欠かせない」という点です。せっかく空間をシンプルモダンにまとめても、物で溢れて雑然としていては意味がありません。特にホテルライクインテリアの場合は極力生活感を消さなくてはいけないため、少しでも乱れていると目立ちやすいです。そのため、日常的に使った物を所定の位置にしまうなどを心がけなくてはいけません。

また、ホテルライクインテリアには空間の要素となり得る家具なども必要です。そのため、一般的な住宅インテリアよりも予算がかかるケースが多いです。ただし、高級な家具はしっかりメンテナンスをすれば世代を跨いで受け継ぐこともできるため、良い物を長く大切に使い続けたい方にとっては決してデメリットではありません。また、全てを高価なもので揃える必要はなく、ポイントとして名作家具を入れるだけでも一気に空間の雰囲気が変わります。

関連ページ
こちらのページでは「北欧デザイン」の名作家具を紹介しています。ホテルライクインテリアとの相性も良いので、ぜひ合わせてご覧ください。





作り方&ポイントは?

では、ホテルライクインテリアを作る際にはどのようなポイントを抑えれば良いのでしょうか?ここでは、空間ごとに具体的な作り方のポイントを紹介します。

リビング

LDKは最も長い時間を過ごすため、特に意識して生活感をなくす工夫が必要です。また、空間構成やカラーコーディネートもポイントになります。ホテルで過ごすような「非日常」感を演出するためには、以下のようなポイントを取り入れてみましょう。

  • 小上がりやスキップフロアを取り入れて、広い空間を間仕切りなしで区切る
  • 「見せる収納」と「隠す収納」を綿密に配置して、生活していても無理なく整頓できるようにする
  • カーテンやソファ・クッションのカラーをリンクさせて、全体に統一感を出す=部屋のテーマカラー・カラーコードを決める


まず、スキップフロアや小上がりは圧迫感を出さずに一つの部屋を区切ることができ、さらにデザイン的にもアクセントになるためおすすめです。LDKの場合、食事をするスペースと寛ぐスペースの境界が曖昧になりがちですが、レベル差で区切ることで部屋にメリハリが出ます。また、適材適所にオープンの造作棚を設置してこだわりの小物や家族写真、観葉植物を飾るのもオススメです。ただし、生活感のあるものをしまうための扉・引き出し付き収納も欠かせません。ある程度物のボリュームをシミュレーションし、スペースに合った造作家具を設置するなど計画的に収納を検討しましょう。

そして、インテリアをおしゃれにまとめるためには「部屋のテーマカラー」を決めることはとても重要です。ベースカラーには「茶系」や「モノトーン系」などのアースカラーを取り入れて、家具やカーテン・クッションなどで差し色を取り入れても良いでしょう。ポイントは、ある程度最初から部屋のカラーコードを決めておくということです。

関連ページ
私たち日建ホームでは、様々な造作家具を手がけています。効率良くすっきりと収納するためには造作家具はおすすめです。こちらのページでは造作家具の魅力から施工事例まで紹介していますので、ぜひ合わせてご覧ください。



洗面・トイレ・浴室

ホテルライクインテリアの特徴として、洗面室やトイレなどの空間にまでこだわるという点が挙げられます。徹底して生活感を出さないように意識することで、ホテルのような洗練した空間に仕上がります。また、一般的な家では洗面室やトイレは補助的空間と捉えられるため面積を最小限に抑えるケースも多いですが、ホテルライクな家の場合は広々と空間を確保することもポイントです。ぜひ、以下のような点を取り入れてみてください。

  • 洗濯機が視界に入らないようにする=扉で隠したりランドリールームに設置するようにする
  • ダブルシンクや大きなミラーを設置すると、よりホテルのような印象に
  • 壁面をタイル仕上げにするなど高級感を演出する
  • 面する浴室ドアを全面ガラス戸にしたり、置き型浴槽を設置する
  • トイレには独立式手洗い器を設置する


まず、スキップフロアや小上がりは圧迫感を出さずに一つの部屋を区切ることができ、さらにデザイン的にもアクセントになるためおすすめです。LDKの場合、食事をするスペースと寛ぐスペースの境界が曖昧になりがちですが、レベル差で区切ることで部屋にメリハリが出ます。また、適材適所にオープンの造作棚を設置してこだわりの小物や家族写真、観葉植物を飾るのもオススメです。ある程度物のボリュームをシミュレーションし、スペースに合った造作家具を設置するなど計画的に収納を検討しましょう。

そして、インテリアをおしゃれにまとめるためには「部屋のテーマカラー」を決めることはとても重要です。ベースカラーには「茶系」や「モノトーン系」などのアースカラーを取り入れて、家具やカーテン・クッションなどで差し色を取り入れても良いでしょう。ポイントは、ある程度最初から部屋のカラーコードを決めておくということです。徐々に家具などを買い替えたりする場合も、当初決めたカラーコードを極力守るようにすると、ずっとおしゃれな部屋を保てます。


寝室などの各部屋

キッチン背面収納 日建ホーム

ぜひ、寝室や各居室にもホテルライクな雰囲気を取り入れてみてください。おしゃれな空間にお気に入りのアイテムを飾れば、きっと居心地の良い空間になるはずです。ポイントは以下の通りです。

  • 明るさを抑えて間接照明などを使ってリラックスできる空間にする
  • ベッドを敢えて中心に配置してシンメトリー(左右対称)を意識する
  • ベッドヘッド側壁面にアクセントクロス(壁紙)を取り入れるなど個性を出す


特に寝室はリラックスしたい際に過ごすことが多い空間なので、敢えて照度は落として間接照明を用いるなど落ち着いた雰囲気を演出してみましょう。書斎スペースを兼ねている場合は、作業スペースをピンポイントで照らせるスタンドライトやスポットライトを併用するのがおすすめです。そして、一般的な間取りの場合はベットを端へ置くケースが多いでしょうか、シンメトリー(左右対称)を意識して配置するとホテルライクな雰囲気が増します。さらにベッドヘッド側の壁面にデコラティブな壁紙を採用したり、流行りのファブリックパネルを飾ると個性が出てよりおしゃれな部屋になります。


玄関

玄関は家の第一印象を決める場所といっても過言ではありません。常に靴が出しっ放しになっていたり雑然としていると、それだけで家の印象がおしゃれではなくなってしまいます。十分な収納を設けて常に整理整頓しやすい環境を整えましょう。また、面積が狭い分仕上げ材にこだわるのもおすすめです。

  • 広めの土間にして開放感を演出する
  • シューズクローゼットを隣接させるなど、収納を充実させて生活感をなくす
  • 土間の仕上げにこだわって高級感を出す(石張りやマーブル柄タイルなど)


最近では土間を広くとる住宅が増えていますが、室内外の中間領域的な使い方ができるという実用的メリットだけではなく、家そのものが高級に見えたり個性をアピールできるという資格的メリットもあります。また、土足でアクセスできるシュークローゼットを設ければ靴などを整理しやすく生活感をなくすことができます。土間を作る時にはぜひ仕上げ材にもこだわってみましょう。ホテルライクを強調したい場合には、石張りやマーブル柄のタイルがおすすめです。そのほかにも床壁のカラーに合わせてテラコッタ調にしても素敵です。

関連ページ
こちらのページでは土間の魅力について詳しく解説しています。玄関のデザインを検討中の方は、ぜひ合わせてご覧ください。





おすすめ内装材&住宅設備機器

間取りを工夫する以外にも、内装材や住宅設備機器をリノベーションで取り替えるだけでホテルライクインテリアを表現することもできます。ここでは、ホテルライクな雰囲気を高めるのにおすすめの商品を紹介します。

設備機器

洗面室や浴室、トイレは設備機器を取り替えるだけで一気に雰囲気が変わります。洗面のダブルシンクや広々としたカウンタートップ、トイレの手洗い器、猫足バスタブがその一例です。

洗面シンク|TOTO・ドレーナ

引用元:TOTO|ドレーナ

こちらは美しい木目が印象的なシステム洗面台です。大きめのボウルが使いやすいだけではなく、水はねも気にならないカウンターが特徴で、デザイン性と実用性を兼ねています。一般的な住宅だとつい最小限のサイズに留めてしまいがちな洗面化粧台ですが、敢えてカウンターを長く設けてダブルシンクにしたり身だしなみスペースを確保することでホテルのようなラグジュアリー感が作れます。また、大きめのミラーを組み合わせればより一層雰囲気が増すでしょう。こちらの商品のようにメーカーの規格品を取り入れてもいいですし、スペースに合わせてオーダーメイドすることも可能です。

関連ページ
商品の詳細はこちらのページをご覧ください。

TOTO|洗面化粧台ドレーナ


浴槽|LIXIL・イデアトーン浴槽

引用元:LIXIL|イデアトーン浴槽

一般的な住宅では施工が早いユニットバスが主流ですが、高級ホテルを彷彿する置き型のバスタブを浴室に取り入れてみてはいかがでしょうか。ゆっくりと優雅なバスタイムを過ごしたい方に特におすすめです。こちらの商品は最高級の人造大理石製なので高級感があるだけではなく、浴槽内をお掃除もしやすいのが特徴です。ぜひ、水栓金具などのデザインにもこだわってラグジュアリーな浴室を作ってみましょう。

関連ページ
商品の詳細はこちらのページをご覧ください。

LIXIL|単体浴槽一覧


内装建材

フローリング材や壁材などは視界に入る面積が広いので、特にこだわってみましょう。フローリングは無垢材や石目調がおすすめです。

フローリング材|ウッドワン・コンビットソリッド

引用元:ウッドワン|床材・階段材カタログ・コンビットソリッド

こちらは、木目が美しい無垢材にナチュラルオイルフィニッシュを施したフローリング材で、高級感のある見た目だけではなく肌に吸い付くような踏みごこちが魅力です。無垢材なので水や汚れがついても補修しやすく、オイルを塗り重ねていくことで自然な「経年美化」を楽しめます。お好きなカラートーンに合わせて色々な木種を選べますので、ぜひショールームで現物を見て検討してみてください。

関連ページ
商品の詳細はこちらのページをご覧ください。

WOODONE|コンビットソリッド(ユニタイプ)




フローリング材|Panasonic・アーキスペックフロアーS

引用元:Panasonic・アーキスペックフロアS

こちらは石目調のフローリング材で、アレル物質除去や床暖対応、ワックスレスなど高機能なメリットの多い商品です。表面には摩耗に強いコーティングが施されているため、小さいお子さんやペットのいるご家庭でも安心して施工できます。石目の種類も豊富でブラックやグレー色もあるため、イメージに合わせて選んでみてください。また、水周りにも使えるため水はねの気になるトイレや洗面所、キッチンにもおすすめです。

関連ページ
商品の詳細はこちらのページをご覧ください。

Panasonic|アーキスペックフロアーS 石目A


内装仕上げ材

アクセントクロス(壁紙)もおすすめですが、湿気や臭いが気になる空間にはぜひ壁用タイルを採用してみましょう。調湿機能や脱臭機能があるものもあるため、おすすめです。

壁用タイル|LIXIL・エコカラット

引用元:LIXIL・エコカラット施工事例

エコカラットとは加湿も除湿もできる調湿タイルで、悪臭の元となる成分も吸着できるため、空気がこもりやすい場所におすすめの仕上げ材です。調湿・脱臭機能がある仕上げ材として珪藻土などの塗り壁も一般的ですが、施工が短期間で済むためリノベーションにも向いています。カラーバリエーションやデザインも豊富なので、インテリアに合わせてコーディネートしやすいです。

関連ページ
商品の詳細はこちらのページをご覧ください。

LIXIL|INAXエコカラット


まとめ|シンプルモダンな家を目指すならホテルライクがおすすめ

今回は、今流行しているホテルライクなインテリアについて詳しく解説しました。シンプル且つ洗練された高級感のあるテイストが特徴であるため、万人受けしやすく飽きにくいのが特徴です。また、生活感をなくすために常に整理整頓や掃除をすることを習慣化できるため、急な来客時も慌てません。シンプルモダンなインテリアがお好きな方や、マイホームを常にすっきり保ちたい方は、ホテルライクなインテリアに挑戦してみてはいかがでしょうか。私たち日建ホームでは建築士やコーディネーターがチームとなって、あなたの素敵なマイホーム作りをお手伝いします。



千葉県でホテルライクな家の新築やリノベーションを検討中の方は日建ホームへご相談ください

おそらく一生に一度か二度になるであろう大切な家づくり。人生の一大事業ですので、たくさんの“希望”をお話し下さい。私たち日建ホームは「自分の家をつくるように」お客様の家づくりに真摯に取り組みます。

お約束①自分の家を建てるように心を込めて丁寧につくります。
私たち日建ホームは、千葉県我孫子市を拠点とする地域密着の工務店です。世界で唯一無二のオーダーメイドの家。暮らしの夢や希望を丁寧にヒアリングし、プロの建築技術集団として注文住宅にしかできない住み心地を実現します。

お約束②現場をきれいにします。
家は、ひとつひとつの工程を丁寧に積み重ねて出来上がっていく究極の手仕事。現場をきれいにすることでムリ・ムダ・ムラを排除しスムースに安全に家づくりができます。近隣に配慮し何よりもお施主様に喜んでいただける現場を目指します。

お約束③一生涯のパートナーとしてずっと家をお守りします。
「家」は住み始めることで「住まい」となり、住み始めてからも理想の暮らしの追求は続きます。住み続けることで変化する事柄に、ハウスドクターとして一生涯、何でも相談していただけるよう、いつも、そしてずっと傍らに居続けます。

お約束④「健康快適設計基準」で健康配慮の家をつくります。
「家」と「健康」には密接な関係があります。毎日を過ごす家のデザインや性能が身体的・精神的に大きく影響します。温熱性能(高気密・高断熱・24時間換気)、自然素材、健康配慮の家をつくります。

お約束⑤5つの保証制度で責任をもって保証します。
建設工事総合保証、無料定期点検10年間 、瑕疵担保責任10年間、地盤保証システム20年間、ぽけっと団信 住宅代金保証制度(オプション)で責任をもってお施主様の家をお守りします。



モデルハウスや展示場で家づくりを体感しよう

見学予約受付中

じっくり体感していただくために、モデルハウス見学は予約制にて承っております。見学をご希望される方は、お電話または下記ページのご予約フォームからお申し込みください。

TEL:04-7188-5222
日建ホーム株式会社


著者情報

日建ホーム編集部

日建ホーム編集部

私たち日建ホームは「自分の家をつくるように」という気持ちで親身になって寄り添いながらお客様の家づくりに真摯に取り組んでまいります。
一級建築士・一級施工管理技士・耐震診断士・宅建士・福祉住環境コーディネーターのいる建築プロ集団です。

詳しいプロフィールはこちら
FacebookTwitterInstagramYouTubepinterest