木造住宅でもビルトインガレージは作れる?
メリット・注意点や施工事例を紹介

ビルトインガレージ 日建ホーム

新築住宅を建てる際に、マイカーの駐車スペースは配置計画のポイントとなります。母屋と隣接して駐車スペースを設けたりカーポートを設置したりするお宅が多いですが、実はビルトインガレージも人気が高いプランです。しかし、具体的にそのメリットやデメリットを知らない人も多いかもしれません。

そこで、今回はビルトインガレージのメリットや、プランを検討する際に知っておくべき注意点について解説します。車好きの方はもちろん、日常的に運転する方は、是非参考にしてください。

このコラムのポイント
・ビルトインガレージは、機能的メリットが多い。
・条件によっては、建蔽率や容積率が緩和される場合もある。
・デメリットを理解しないと、結局使えないスペースになることもある。





ビルトインガレージの魅力とは?作るメリットは?

ビルトインガレージとは、自動車やバイクなどを駐車するスペースを建物の一部に取り込んだスタイルのことで、インナーガレージとも呼ばれます。また、このようなスタイルの駐車スペースのある住宅を、ガレージハウスとも呼び、車好きの方から人気が高い間取りです。

主なメリットは下の5つです。

  • 車を盗難やいたずらから守れる
  • 車を雨風や埃から守れる
  • 乗り降りの際に雨風に当たらずそのまま家に入れる
  • 駐車スペース以外にも半屋外スペースとして活用できる
  • 愛車をディスプレイできる


まず、大切な愛車を盗難やいたずらから守ることができます。ただし、その場合にはシャッターをつけるなどある程度空間を閉じる工夫が必要で、そうでないと逆に死角を増やしてしまい防犯性が下がることも懸念されます。

壁に囲まれたビルトインガレージは、吹きさらしの状態よりも車が汚れにくいという点もメリットです。また、玄関との位置関係によっては、車を乗り降りする際に雨などに濡れずにアクセスできます。

また、車を停めていない状態であれば、半屋外空間として趣味のスペースや日曜大工などの作業スペース、お子さんの遊び場としても活用できるため、お庭が十分に確保できない場合でもとても便利です。

さらに最近では、室内から愛車を見られるようにガレージとの間の壁に大きな開口部(窓)を設けるプランも人気です。これにより、リビングから常に愛車を眺めることも可能となります。

〈関連コラム〉
下記コラムでもビルトインガレージについて詳しく解説しています。是非合わせてご覧ください。

日建ホーム|コラム|おしゃれな家の代名詞ともいえるガレージハウスのメリットとデメリット
日建ホーム|コラム|千葉で平屋のガレージハウスを建てたい!気になる価格と間取りの事例は?




ビルトインガレージの「容積率」「建ぺい率」は?

バイクガレージ

実は、ビルトインガレージには機能的なメリット以外にも大きな利点があります。それが、「容積率の緩和」です。ここで知っておきたいキーワードが、「建ぺい率」と「容積率」、それぞれを理解しておくと施工会社とのプランに関する打ち合わせがスムーズに進みます。

建蔽(ぺい)率 = 建物面積 / 敷地面積 × 100(%)

建設予定地によって「建蔽率」の上限が決まっており、新規で建物を建てる場合にはその大きさを建蔽率内に収めなくてはいけません。
例)建蔽率50%のエリア:敷地面積100㎡だと建物を建てられる面積は50㎡まで。

容積率 = 延べ床面積 / 敷地面積 × 100(%)

建設予定地によって「容積率」の上限も決まっており、2階建て以上の建物の場合は総床面積の割合を容積率内に収めなくてはいけません。
例)容積率80%のエリア:敷地面積100㎡に2階立ての住宅を建てる場合、総床面積は80㎡まで。

 

まず、大前提として建築基準法では「建築物=土地に定着する工作物のうち、屋根及び柱若しくは壁を有するもの(これに類する構造のものを含む。)」と定められているため、ビルトインガレージももれなく建築面積に加算されます。ただし、以下の条件に当てはまった場合のみ「高い開放性を有する建築物」とみなされ、一部面積が不算入になります。

  • 外壁のない部分が4m以上連続していること
  • 柱の感覚が2m以上あること
  • 天井高が2.1m以上であること
  • 建物が平屋であること


ちなみに、容積率に関しては、ガレージの面積が延べ床面積の1/5以内であれば、床面積に不算入できます。ですから、容積率が少ない場合でも、平面計画次第ではビルトインガレージを作ることは可能なのです。

ただし、自治体によってはビルトインガレージの天井高や窓の設置、不燃材料の使用など細かい規定が定められている場合もあるので、必ず事前に確認しましょう。


耐震性は大丈夫?リノベーションで作れる?

木造住宅は柱や壁で建物の耐力を維持するため、そのまま何も工夫せずにビルトインガレージを設ければ、間違いなく耐震性は落ちてしまいます。地震時には、広い空間であるビルトインガレージから圧壊したり、ガレージ上からねじれが生じて倒壊してしまうからです。

そのため、木造でビルトインガレージを設ける場合は、細かい壁量計算や偏心率(耐力のバランス)計算が必須です。もちろん、建築基準法で最低限の規定があるものの、十分な耐震性を確保するためには、基準をクリアするだけでは不十分な場合もあります。

ですから、ビルトインガレージを建築する場合には、耐震診断や耐震補強の技術が高い施工会社に相談しましょう。また、リノベーションの際にビルトインガレージを追加する場合には自治体への確認申請が必要であるため、建築士が在籍している施工店へ依頼してください。

〈関連コラム〉
下記コラムでは、耐震診断や耐震補強について解説しています。是非合わせてご覧ください。

日建ホーム|コラム|リノベーションで耐震補強!耐震診断や補強方法を解説・実例紹介も




ビルトインガレージを後悔する理由や注意点は?

三階建て 外観

毎日車に乗る方や車を大切にしている方にとって、ビルトインガレージはたくさんのメリットがあります。しかし、残念ながら住み始めて後悔してしまう方も少なくありません。そこで、導入前に知っておきたい注意点を紹介します。

維持費がかかる

ビルトインガレージは建物に駐車スペースを組み込むため、必然的に住宅がその分大きくなります。ですから、外壁塗装などのメンテナンス費用はビルトインガレージがない状態と比べると高くなります。また、先ほど紹介した「容積率の緩和」対象である延べ床面積1/5以上を超えてしまうと、固定資産税も値上がりします。

騒音が気になる

ご家族が寝ている間に車で外出する際などに、エンジン音やシャッター音が気になってしまうケースもよくあります。ですから、寝室をガレージから遠い場所にするなど、平面計画を十分検討しなくてはいけません。また、早朝深夜に車を出し入れすることが多い場合には、シャッターを取り付けないなどご近所への配慮も必要です。

車種が限定される

敷地条件によって車が駐車できるギリギリの広さしか確保できない場合には、駐車できる車種に制限が出る可能性もあります。ですから、今後家族構成の変化などによって大きな車へ乗り換える可能性がある場合には、ガレージスペースの広さについても十分考慮してください。

室内で階段の上り下りが増える

敷地によほどの余裕がない限り、一階の大半をガレージに充ててしまうことにより、リビングを2階に設置しなくてはいけない可能性も高まります。そのため、高齢者のいるご家庭などの場合にはバリアフリーについても検討しなくてはいけません。ただし、2階にリビングを設けることは、デメリットだけではありません。メリットも把握した上で、プランを考えましょう。

〈関連コラム〉
下記コラムでは2階リビングについて詳しく解説しています。興味のある方は是非ご覧ください。

日建ホーム|コラム|2階リビングの間取りとメリットとデメリット対策を解説!

車庫内に各種設備が必要

よくある失敗が、ガレージの中の設備が不十分であるというケースです。コンセントがなかったり照明が少なく薄暗くなると、結局あまり活用できなくなってしまいます。ですから、プランニングの段階でスペースの活用方法について十分検討し、必要な設備を整えておきましょう。また、壁面でしっかり車庫を囲む場合には、排気ガスが溜まらないように、換気システムや窓を設置することも欠かせません。

車庫内は内装制限がある

ビルトインガレージは、建築基準法内「内装制限」の対象となるため、使用できる内装材に制限があります。ですから、車庫内の天井・壁は準不燃材以上の性能のものを用いなくてはいけません。つまり、デザイン的に取り入れたい材料が使えない可能性もあるということです。


設計・施工はビルトインガレージが得意なハウスメーカーに

外観 日建ホーム

新築住宅の場合もリノベーションの場合も、ビルトインガレージを作るためには耐震に関する確かな知識や経験が必須となります。また、ガレージスペースは建物の外観ファサードを大きく左右します。そのため、豊富なデザイン力も必要です。ですから、ビルトインガレージのある住宅を検討する際は、施工実績の多い会社に相談しましょう。

私たち日建ホームでは、様々なスタイルのビルトインガレージのある住宅を設計施工してきました。また、既存住宅の場合でも専門スタッフが細かく耐震診断を行い、可能なプランをご提案いたします。「この敷地でもビルトインガレージが作れる?」「ビルトインガレージがあっても高い耐震性の住宅が建てたい」という方は、是非私たちにお任せ下さい。

〈関連ページ〉
下記ページでは当社の耐震診断や施工事例を紹介しています。是非合わせてご覧ください。

日建ホーム|耐震診断・耐震補強
日建ホーム|施工例 Works


まとめ|メリット・デメリットを理解して取り入れましょう

今回は、ビルトインガレージについてメリットから注意点について詳しく解説しました。ビルトインガレージはメリットも多いものの、作ってから「結局使わない」「ただの物置になってしまった」というケースも少なくありません。ですから、デメリットについても十分理解して、マイホームのプランに取り入れてみましょう。私たち日建ホームでは、建築士やコーディネーターなどの専門家がチームとなって、多方面からビルトインガレージのある住宅をプランニングいたします。ぜひお気軽にご相談ください。



千葉県でビルトインガレージのある家を検討中の方は日建ホームへご相談ください

おそらく一生に一度か二度になるであろう大切な家づくり。人生の一大事業ですので、たくさんの“希望”をお話し下さい。私たち日建ホームは「自分の家をつくるように」お客様の家づくりに真摯に取り組みます。

お約束①自分の家を建てるように心を込めて丁寧につくります。
私たち日建ホームは、千葉県我孫子市を拠点とする地域密着の工務店です。世界で唯一無二のオーダーメイドの家。暮らしの夢や希望を丁寧にヒアリングし、プロの建築技術集団として注文住宅にしかできない住み心地を実現します。

お約束②現場をきれいにします。
家は、ひとつひとつの工程を丁寧に積み重ねて出来上がっていく究極の手仕事。現場をきれいにすることでムリ・ムダ・ムラを排除しスムースに安全に家づくりができます。近隣に配慮し何よりもお施主様に喜んでいただける現場を目指します。

お約束③一生涯のパートナーとしてずっと家をお守りします。
「家」は住み始めることで「住まい」となり、住み始めてからも理想の暮らしの追求は続きます。住み続けることで変化する事柄に、ハウスドクターとして一生涯、何でも相談していただけるよう、いつも、そしてずっと傍らに居続けます。

お約束④「健康快適設計基準」で健康配慮の家をつくります。
「家」と「健康」には密接な関係があります。毎日を過ごす家のデザインや性能が身体的・精神的に大きく影響します。温熱性能(高気密・高断熱・24時間換気)、自然素材、健康配慮の家をつくります。

お約束⑤5つの保証制度で責任をもって保証します。
建設工事総合保証、無料定期点検10年間 、瑕疵担保責任10年間、地盤保証システム20年間、ぽけっと団信 住宅代金保証制度(オプション)で責任をもってお施主様の家をお守りします。



モデルハウスや展示場で家づくりを体感しよう

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: b4e48bbde01bf1767ac571bc50bb79b8.jpg

見学予約受付中

じっくり体感していただくために、モデルハウス見学は予約制にて承っております。見学をご希望される方は、お電話または下記ページのご予約フォームからお申し込みください。

TEL:04-7188-5222
日建ホーム株式会社

著者情報

日建ホーム編集部

日建ホーム編集部

私たち日建ホームは「自分の家をつくるように」という気持ちで親身になって寄り添いながらお客様の家づくりに真摯に取り組んでまいります。
一級建築士・一級施工管理技士・耐震診断士・宅建士・福祉住環境コーディネーターのいる建築プロ集団です。

詳しいプロフィールはこちら
FacebookTwitterInstagramYouTubepinterest