高断熱高気密の日建ホーム新モデルハウスNEXは健康住宅の実例

コロナウイルス感染拡大も少し収まり、自粛解禁ムードですがまだ油断は禁物です。この自粛の間に「家」がいかに大切なものなのかを実感した方も多いのではないでしょうか?「家」が快適なら出かけなくてもストレスなど溜まりにくいものです。

日建ホームは創業以来、健康快適住宅(健康住宅)に取り組んできました。長持ちする家・人が健康に暮らせる家・環境にも優しい家・・であれば心地よい空間が暮らしの礎になり家族が健康に仲良く楽しく暮らせる日々が実現するからです。

<夏は川辺にいるような涼やかさ、冬は小春日和の陽だまりにいるような暖かさ>で換気計画もきちんと整い、一年中空気がきれいな環境の中で日々暮らせるのであれば自ずと健康寿命も延び老若男女みな健やかに暮らせるのです。健康であれば医療費もかからず煩わしい薬の管理や通院も少なくて済みます。つまり、お金も時間も無駄を減らせることになります。2017年の調査報告では国民の医療費総額は約43兆円で、日本人の生涯医療費は1人2500万にもになると言われており、まさにそれは家一軒分の金額に相当し、しかも70歳以降にそのうちの約半分を使っているのだそうです。

【健康に悪影響を及ぼす住宅の環境】

①暑い室内:熱中症

②寒い室内:風邪・肺炎・気管支炎・血圧上昇・ヒートショック

③湿度による影響:熱中症・風邪・気管支炎など

👇

これらを家の断熱対策することで健康な暮らしを実現する。→暑さ寒さによる疾患にならない。→結果医療費が削減でき家計の出費も抑えられ健康寿命も長くなる・・・というわけです。だから高断熱高気密の高性能超高断熱住宅をおすすめしたいのです。断熱性能アップにイニシャルコストはきちんとかけてもランニングコストは抑えられるのでとても家計に優しい住まいになり、何よりも暮らしが激変するほど身体が楽です!

2020年春にオープンした日建ホームの新モデルハウス「nex」はまさにこの高性能超高断熱住宅の実例です。冬の寒さの中作業を続けてくれた恩田棟梁も「暖かくて体が楽です」と言っていただいたほどです。またこのところの暑さでも玄関に入った途端、季節が別世界!高原の爽やかさが体感できます。暮らしが激変する心地よさです!!

↑日建ホーム独自の全館空調システムの解説図の一部

日建ホーム新モデルハウス「nex」は全館空調で上記のように夏は涼しい空気が天井から、冬は暖かい空気が床下から室内に・・しかも北海道基準の超高性能断熱トリプルガラス使用なので抜群の断熱性能です。

他にもいろいろな工夫が随所にあり、家具や照明も「フリッツハンセン」「カールハンセン&サン」「ルイスポールセン」など一流北欧家具をしつらえスタイリッシュな雰囲気です。照明計画・IOT計画・里山風にアレンジしたお庭の風景もぜひ暮らしに織り込んでいただきたい理想の家づくりの凝縮実例です。

↑日建ホームの新モデルハウス「nex」の夜景

注文住宅でお考えの皆様、ぜひ一度お越しくださいませ。現在予約制でご案内しております。

https://www.n-home.co.jp/nexmodel/index.html

↑日建ホームの新モデルハウス「nex」の詳細はこちらをクリックしてください!

皆様の理想の家づくりのお手伝いができることを願って!

<自分の家が大好き>という幸せをあなたに!

日建ホームの新モデルハウス「Living Design nex」の専用ホームページはこちらから👇

https://nikken-nex.jp/

動画はこちら↓

 

by coyuka