日建ホーム

資料請求はこちら

スタッフブログ

プランニング

プランニングは、設計業務の中で一番の魅力と楽しみを感じます。

お客様の生活スタイルや、好みのデザイン、周辺環境を踏まえ、プランを考えていきます。

 

私の場合、敷地に隣接する建物や、通年を通して太陽光や風の入り方を考慮しながら、

敷地にグリットを書き込み、間取りを書いて行ってます。

この部分は、設計士によって色々な手法があるようです。

そんな考え方で、様々なご希望・ご要望を満たした、ベストなプランに行きつくまで、

何度も上書きをしながら、考えています。

 

そこで重要なのが、お客様とのイメージの共有や、

ご要望をすべてお伺いすることを、常に重視しております。

着工するとプランの変更はできませんので、

ご納得頂けるまで、プランは変更できますので

ご遠慮なされずに、ご意見を言っていただければ幸いです。

 

 

by.Taka

 

 

LINEで送る

お客様のよろこびの声

日建ホームの住宅展示場「なごみの家」の2階にはお客様の笑顔がたくさんあります。

ホームオーナー様が健康で快適に住んでいただけるように弊社では設計基準を設けています。

その基準に基づいて建てた家にお住まいのホームオーナー様のすてきな笑顔と、

住み心地やよろこびの声を一部紹介させていただきました。

「初めての夏を迎えていますがまだエアコン、扇風機をつけていません!!

また冬も暖房を数える程しか使いませんでした。とても快適です。」(船橋市 H様)

「たくさんアイディアを出してくださったので、すごく住み心地の良い家になりました。」(我孫子市 K様)

「住人になった気持ちでかゆい所に手が届くようなすばらしい提案をしていただきました。」(流山市 K様)

「楽しく家づくりができて、満足する家を建てていただいた。」(柏市 O様)

…などなど!

なごみの家にいらした際はぜひこちらもご覧下さい♪

by.nao

LINEで送る

ピクチャーウィンドウ♪

最近の窓は性能アップはもちろんのこと、デザインや開き方などの

バリエーションが増えております。

そして窓は取付ける位置や用途によって色々な役割をします。

主な役割として

◎明るさ(光)を入れる

◎風を取込む

◎景色(眺望)を楽しむ    

などです♪

 

我孫子市O様邸の周辺は緑の木々に囲まれた、自然豊かなの環境です。

その景色を切り取ったかのような、窓(ピクチャーウィンドウ)から見える木々が

とても素晴らしいです。

画像の窓はサッシのフレームがほとんどなく、ガラス面が大きなタイプの窓です。

まさにピクチャーウィンドウとしてぴったりのタイプです♪

日建ホームでは窓の大きさや取付位置を敷地や周辺環境に応じて、

その部屋や空間にあった形で設計してまいります♪

 

by   Naga

 

 

 

LINEで送る

建築中現場の近隣清掃♪

日建ホームでは、建てて頂いているお施主様はもちろん、

材料の搬入や作業の音でご協力頂いている近隣のみなさまへ感謝の意を込めて、

協力業者さんと共に現場近隣の清掃に取り組んでおります。

昨日は2班に分かれ、市内の2つの現場の近隣を清掃しました。

清掃をすると、清々しい気分で仕事に臨めます。

by yoshi

LINEで送る

地震と液状化

最大震度の震度7を記録した先の北海道胆振東部地震で、震源地から遠く離れた札幌市の一部で地盤に液状化が発生して家屋や道路、水道管などに大きな被害が発生しましたが、ニュースでも上位に取り上げられていました。

同じく最大震度7の東日本大震災の際にも千葉の浦安で大規模な液状化が発生して大きな被害が出たのはまだ記憶に新しいところです。

地盤調査に土質柱状図というデータがありますが、これを見ると表土の下には複数の土層があり現地の地盤がどのような土層で出来ているかが分かります。液状化が発生する地盤は、以下の通りです。

・地中の比較的浅いところに砂成分が多い層がある 

・砂の大きさはほぼ均等で緩く堆積している

・地下水位が高く砂層が水で満たされている 

昔の干拓事業地や谷間の埋立地で地下水位が高い場合はこの条件に合致します。

全国どこでも液状化が起きる可能性があるということなので、ここ我孫子市の過去の液状化の発生事例と危険度についてネットで調べてみたところ、東日本大震災の時に市内の一部に液状化が発生して大きな被害が出たという記録があり、その後に市から地震ハザードマップ(液状化危険度マップ)が公開されました。

http://www.city.abiko.chiba.jp/anshin/bousai/bousai_info/abikohazard_map.files/Abiko31_32.pdf

この機会に自分が住んでいる場所の液状化の危険度がどれくらいあるかを確認しておき、将来大地震が来ても狼狽しないように備えておくことをお薦めします。

我孫子ハザードマップ

by Hira                                     

LINEで送る

住まい心地、生の声!

さて、先日開催いたしました日建ホーム恒例の家づくりイベント『お住まい見学バスツアー』。

ご参加されたお客様は実際に住まわれているオーナー様の体験談や住まい心地が聞けるとあって、

毎回とても参考になったとご感想を頂いています。

今回ご訪問させていただいたのは2世帯住宅のO様邸です。

そこで、ご参考までに当日の質疑応答を一部ご紹介させていただきます♪

Q1.

音は気になりますか?

 A1.
外の音は気になりません。建て替える前の家は交通量も多く線路も近いので車の音、電車の音が聞こえたけれど、今はほとんど聞こえません。親世帯との音も程よい感じで聞こえてくるので、逆に安心感があります。
 

Q2.光熱費は?

 A2.
親世帯:前より家が大きくなったのにこれまでとあまり変わりません。とにかく家が暖かいので2階の寝室では冬にエアコンを使うことがほとんどなかったです。
子世帯:これまでの賃貸暮らしよりも面積は倍になったが、電気代は変わらず。水道代は減りました。
 

Q3.

なぜ日建ホームに決めたのですか?

 A3.
ハウスメーカーも見に行ったが、検討はしませんでした。なごみの家の雰囲気に一目惚れしたので日建ホームに決めました。耐震にこだわっていて等級3にしたかったのでその辺りも対応してくれたことに加え、日建ホームのスタッフの人柄がよかったです。
 

Q4.

ここをこうしたら良かったと思ったところは?

A4.

親世帯:カーテンのシェードやプリーツスクリーンが窓を開けた時に風で揺れてぶつかる音が気になります。開閉の高さを調節できるので、そういう点は優れていますね。窓を開けない季節は問題ないです。 
子世帯:基本ありませんが、強いて言うならばコンセントの位置。掃除機用でコンセントを増やしたけど入居後まもなくコードレスの掃除機を購入したので不要になってしまいました。
 
…いかがでしたでしょうか^^?
実際に家づくりをご経験し、住まわれているオーナー様の声はやはり一番説得力もあり参考になります!
 
次回の『お住まい見学バスツアー』は11月10日(土)に開催予定です!
ふるってご参加ください♪
 
by.nao.
LINEで送る

夕焼けか朝焼けか?

台風も通り過ぎ、やっと秋晴れを楽しめるようになりましたね!

この時期の夕焼けはとってもきれいですが・・・

個人的には朝焼けのほうがきれいだと思っています!!

こちらは夕焼け、きれいですよね!

そしてこちらが朝焼け・・・

「朝焼けの時間は夢の中~~♪」という方も多いかと思いますが・・・

【青】の量が違うと思いませんか!!

この青にひかれます!

但し!!!皆さん、ご注意ください!

こちらの2枚の写真はネットで検索した画像ですが

たいていの場合はフィルター等掛けられているので肉眼で見る色とは違います!!

やっぱりきれいな朝焼けは早起きして見るしかないようですね^^

snow

LINEで送る

木の家を五感で感じるイベント参加申込み
自然素材の心地良さを体感できる展示場見学申込み
自然素材を活かした家づくりの資料請求
リフォームお問い合わせ
耐震診断お申込み
おすすめ土地情報
木の家を五感で感じるイベント参加申込み 自然素材の心地良さを体感できる展示場見学申込み 自然素材を活かした家づくりの資料請求
木の家を五感で感じるイベント参加申込み 自然素材の心地良さを体感できる展示場見学申込み 自然素材を活かした家づくりの資料請求 電話でのお問い合わせ