UA値とは?基準や単位を解説│下げるには?メリットデメリットは?疑問を解消

UA値とは?基準や単位を解説│下げるには?メリットデメリットは?疑問を解消

UA値住宅の断熱性能を数値化した指標で、数値が低いほど室内の熱が外に逃げづらく、断熱性の高い高性能な住宅と評価されます。

新築やリフォームなど、住まいを検討する際、夏涼しく冬暖かい住まいにしたいと思うものです。
住まいの温熱環境を重視するなら、ハウスメーカーの家のUA値は確認する価値があります。

本記事では、そもそもUA値とは何か、基準や単位、メリット・デメリットやUA値を下げる方法などについて、分かりやすく解説します。
高い断熱性の快適な住まいを、UA値を検討することで実現しましょう。

このコラムのポイント
● UA値は、住宅の断熱性能を評価するための指標です。値が低いほど高性能な住宅と評価されます。
● 国土交通省が基準を示すとともに、各社工務店・ハウスメーカーもUA値の目安を公表していますので、夏涼しく冬暖かい住まいを目指す場合は、UA値も意識することをおすすめします。

日建ホームでは、自然素材を利用した家づくりのよさを伝えるために「家づくりはじめてセット」をご希望の方にお届けしています。

ご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。
(※資料の送付は、当社の施工エリア(我孫子市より車で約60分以内)に限らせていただきます。)

セット内容

  • 暮らしを育む家
  • ほんとうの木のぬくもり
  • モデルハウス nex カタログ
  • N-style 通信
  • 開催予定イベントのお知らせ
家づくりはじめてセット

資料の詳しい内容につきましてはこちらをご覧ください。

UA値(外皮平均熱貫流率):熱の逃げやすさ(断熱性)

UA値は、住まいの断熱性を評価する際に利用される基準で、正しくは外皮平均熱貫流率と呼ばれます。

室内から外部への熱の逃げやすさを評価した指標で、UA値が低いほど熱を伝えにくく、高い断熱性の住まいであると評価されます。

UA値の単位「W / ㎡・K」

UA値は、「建物内外の温度差を1℃とした場合の、建物内部から外部へ逃げる1時間あたり熱量(=外皮総熱損失量)」を「建物が外部と接する箇所の面積(外皮総面積)」で割ることで計算されます。

引用:国土交通省 住宅における外皮性能

その結果求められるUA値は「W / ㎡・K」で表されます。
(「W / K=建物全体の熱損失量」を「㎡=外部と接する面積」で割る)

UA値の基準と地域区分

上記計算で求められたUA値は、国土交通省が定める基準によって以下のとおり等級が区分されます。

UA値を下げる方法:高性能ななど・ドアを利用する
引用:YKKAP 省エネ上位等級の新設で、家づくりが変わる。

なお、2025年4月(予定)からすべての新築住宅を対象に省エネ基準への適合が義務化されます。
このことから、UA値0.87(東京等)を下回る場合、住宅を建てることが認められなくなりますので注意が必要です。

参考:国土交通省 2025年4月(予定)から全ての新築住宅・非住宅に省エネ基準適合が義務付けられます

地域区分によって目指すUA値は異なる

注意が必要な点は、UA値の基準は地域によって違う点です。
たとえば北海道と九州が同じ基準であれば、断熱性の過不足が生まれてしまうでしょう。このことから、日本を8つの地域に分けてUA値を設定しています。

このため建築予定地を確認の上、UA値を確認する必要があります。

参考:国土交通省 地域区分新旧表

UA値算定に利用する地域区分
引用:国土交通省 見直し後の地域区分

UA値を下げる(断熱性を高める)には?

では、UA値を下げる(断熱性を高める)ためには、どうすればよいのでしょうか。
主には以下の2つの方法で断熱性は高められます。

  • 高性能な窓(サッシ・ガラス)・ドアを利用する
  • 高性能な断熱材を利用する

高性能な窓(サッシ・ガラス)・ドアを利用する

1つ目は、高性能な窓(サッシ・ガラス)や玄関ドアを利用することです。

UA値を下げる方法:高性能ななど・ドアを利用する
引用:YKKAP 快適な家づくりにはガラスの断熱化が大切

夏場は74%、冬場は50%の熱損失が窓やドアなどの開口部から起きるとされています。
このため、開口部の断熱性を高めることで、UA値の改善を図れます。

具体的には、窓枠部分であるサッシを、樹脂や木製など熱伝導率(熱の伝わりやすさ)の低いものに、ガラス部分をペアガラス、トリプルガラスなど熱を伝えにくいものにすることで、UA値を改善できます。

〈関連コラム〉
【高気密高断熱は必要ない】は本当?理由と対策を解説│メリット・後悔を防ぐ方法も紹介

高性能な断熱材を利用する

2つ目の方法は、高性能な断熱材を利用することです。

日本で一般的に使用されている断熱材はグラスウールですが、より熱を伝えにくいものに、フェノールフォームやウレタンといった素材があります。

こうした熱伝導率を下げる働きを持つ断熱材を利用することで、UA値を下げ快適な温熱環境の住まいを実現できるでしょう。

引用:国土交通省 木造戸建住宅の仕様基準ガイドブック

リフォームでもUA値は下げられる

事例の詳細はこちらから

なお、高性能な住まいは新築住宅だけではなく、リフォームでも実現できます

実は古い住まいでは、断熱材が湿気によって劣化・脱落していたり、場合によっては床下・天井に断熱材が入っていないケースもあります。
こうした場合は、天井裏や床下に断熱材を敷き込むことで、UA値を下げ劇的に断熱効果を高められる可能性があります。

〈関連コラム〉
住みながらでもできる断熱リフォームとは?部位別工事から補助金まで解説

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: b4e48bbde01bf1767ac571bc50bb79b8.jpg

▶「高気密・高断熱な住まい」の体感は日建ホームの展示場まで

UA値の低い家(断熱性能の高い家)のメリット

UA値の内容や改善方法が分かったところで、断熱性の高い住まいを実現した場合、どのような効果・メリットがあるのか確認しましょう。

高性能な住まいに住むことで、以下の7つのメリットを感じられるでしょう。

  • 夏も冬も温熱環境に優れた家になる
  • 冷暖房の稼働率が低くなり光熱費が安価になる
  • 夏は熱中症、冬はヒートショックの危険性が減る
  • 結露が発生しづらくカビの発生も抑えられる
  • 性能によっては補助金の適用要件を満たせる
  • 災害などの停電時も快適な室温を保てる
  • 地球環境に優しいエコな住まいになる

夏涼しく冬暖かい住まいになること、光熱費が下がることは当然のこととして、熱中症やヒートショック、結露によるカビの発生を防げることで、ご家族の健康を保てる点は大きなメリットです。

また、意外なところでは、災害対策にもなる点もメリットです。
地震や台風などの災害が発生したとき、停電により一時的に空調機器を利用できなくなる恐れがあります。
このときも、室温が外気に近づく速さを遅らせられますので、災害時にも効果を感じられるでしょう。

UA値の低い家のデメリット:建築費用が上がる

一方でUA値が低い(断熱性が高い)家のデメリットは、建築費用が上がることです。

高性能な窓や断熱材の利用、および断熱材の厚みを増すなどの断熱対策は、建築費用が上がる一因になります。
期待できる効果と建築費用アップとのバランスを検討することが大切です。

なお、新築住宅の建築やリフォームには、様々な補助金が用意されていますが、高性能な住宅(一定以上のUA値を有すること)が要件になっている場合があります。
たとえば子育てエコホーム支援事業では、ZEH水準の住宅(UA値)にすることが求められます。

補助制度を利用することで、価格を抑えながら高性能な新築・リフォームすることも可能ですので、ぜひ検討しましょう。

UA値の低い家(断熱性能の高い家)よくある疑問

記事の終わりに、UA値の低い家(断熱性能の高い家)に関して聞かれることの多い疑問にお答えします。

ハウスメーカーを選ぶ場合どこを見たらいいの?

ハウスメーカーを選ぶ際は、目標とするUA値をホームページなどに明記している会社を選びましょう。

「高性能な住宅」と表記されていても、何を基準に高性能とするのか分からなければ意味がありません。
明確に数値として確認できることで、目標となる住宅の仕様を理解できます。

日建ホームのc値・UA値の目安

▶C値0.30 UA値0.42│日建ホームの高性能な住まいについて

安くUA値の低い家を建てる方法はありますか?

UA値の低い家を安価に建てる際も、UA値を明記したハウスメーカー・工務店がおすすめです。

こうした会社は、高性能な窓・断熱材を通常使用していることから、発注ロットも多く、高性能な建材の費用を割安に仕入れられます
また、高性能な建材を使い慣れていることから精度の高い施工を期待できます

北海道基準の断熱性能を持つ、日建ホームのモデルハウス
北海道基準の断熱性能を持つ、日建ホームのモデルハウス

C値との違いはありますか?C値は重要ですか?

C値はUA値とは異なり、住まいの隙間の量を示す指標です。

いくら断熱性能が高くても、隙間風が入り放題の住まいでは、エアコンを効かせても効果は高まりません。
断熱性を示すUA値、気密性を示すC値、どちらも数値基準として明記しているハウスメーカーを選びましょう。

〈関連コラム〉
【気密測定とは】自分でできる?費用は?c値の数値基準やタイミングなど疑問にも回答

全棟実施中の気密試験
日建ホームでは全棟気密試験を実施中

HEAT20のG2、G3基準との違いは何ですか?

断熱性能について調べると、HEAT20のG2、G3といった基準を見かけることがあります。
HEAT20は「20年先を見据えた日本の高断熱住宅研究会」という団体が示す指標です。

こちらでも断熱性の目安を示していて、国土交通省の基準と比較すると以下のようになります。

引用:YKKAP 省エネ上位等級の新設で、家づくりが変わる。

まとめ│UA値に配慮した高性能な住まいは日建ホームへ

事例の詳細はこちらから

性能の高い住まいについて調べたとき、必ず目にする「UA値」について解説しました。

UA値は、外部への熱の逃げやすさを表した指標で、値が低くなるほど高性能な住まいとして評価されます。
ハウスメーカーを選ぶ際は、UA値やC値といった数値基準があることも認識した上で選定しましょう。

▶C値0.30 UA値0.42│日建ホームの高性能な住まい

千葉県で”UA値に優れた高性能な住まい”をご検討中の方は日建ホームへご相談ください

おそらく一生に一度か二度になるであろう大切な家づくり。人生の一大イベントですので、たくさんの“希望”をお話し下さい。私たち日建ホームは「自分の家をつくるように」お客様の家づくりに真摯に取り組みます。

お約束①自分の家を建てるように心を込めて丁寧につくります。
私たち日建ホームは、千葉県我孫子市を拠点とする地域密着の工務店です。世界で唯一無二のオーダーメイドの家。暮らしの夢や希望を丁寧にヒアリングし、プロの建築技術集団として注文住宅にしかできない住み心地を実現します。

お約束②現場をきれいにします。
家は、ひとつひとつの工程を丁寧に積み重ねて出来上がっていく究極の手仕事。現場をきれいにすることでムリ・ムダ・ムラを排除しスムースに安全に家づくりができます。近隣に配慮し何よりもお施主様に喜んでいただける現場を目指します。

お約束③一生涯のパートナーとしてずっと家をお守りします。
「家」は住み始めることで「住まい」となり、住み始めてからも理想の暮らしの追求は続きます。住み続けることで変化する事柄に、ハウスドクターとして一生涯、何でも相談していただけるよう、いつも、そしてずっと傍らに居続けます。

お約束④「健康快適設計基準」で健康配慮の家をつくります。
「家」と「健康」には密接な関係があります。毎日を過ごす家のデザインや性能が身体的・精神的に大きく影響します。温熱性能(高気密・高断熱・24時間換気)、自然素材、健康配慮の家をつくります。

お約束⑤5つの保証制度で責任をもって保証します。
建設工事総合保証、無料定期点検10年間 、瑕疵担保責任10年間、地盤保証システム20年間、ぽけっと団信 住宅代金保証制度(オプション)で責任をもってお施主様の家をお守りします。

モデルハウスや展示場で家づくりを体感しましょう

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: b4e48bbde01bf1767ac571bc50bb79b8.jpg

見学予約受付中

じっくり体感していただくために、モデルハウス見学は予約制にて承っております。見学をご希望される方は、お電話または下記ページのご予約フォームからお申し込みください。

〈お問合せ先〉
TEL:04-7188-5222
E-mail : nikken@n-home.co.jp

〈アクセス〉
〒270-1119 千葉県我孫子市南新木 2-17-20
営業時間 : AM 9:00 ~ PM 6:00


著者情報

日建ホーム編集部

日建ホーム編集部

私たち日建ホームは「自分の家をつくるように」という気持ちで親身になって寄り添いながらお客様の家づくりに真摯に取り組んでまいります。
一級建築士・一級施工管理技士・耐震診断士・宅建士・福祉住環境コーディネーターのいる建築プロ集団です。

詳しいプロフィールはこちら
FacebookTwitterInstagramYouTubepinterest